鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
籠神社 2
一の鳥居、二の鳥居とくぐって神門。

P1110895.jpg

この神門をくぐって。

P1110896.jpg

拝殿。
この拝殿の左側に授与所があって、
御朱印はそこで頂く。

Scan121018-k.jpg

元伊勢ノ宮と書いてあるように、ここは元伊勢と呼ばれる神社の一つ。
元伊勢とは、元々皇居内で祀られていた天照大神を、崇神天皇がおそれおおいと、
別に祀る場所を探させ、伊勢に落ち着くまで、各地を転々とした、
その時々の神社のこと。
御祭神は彦火明命。

P1110903.jpg

いくつかある摂末社の一つ、真名井稲荷。
鳥居脇には狛龍。

P1110909.jpg  P1110905.jpg

そういえば伊勢の神宮の近く…
っていっても二見だけど。
二見興玉神社にも、狛龍がいるんだよね。
何か関係あるのかな?

関係と言えば、もうひとつ真名井の名の付く神社、
真名井神社が、籠神社の境外社としてあって、
御朱印をよく見てもらうと、朱印に名前が併記されている。
籠神社は内宮の元宮、真名井神社は外宮の元宮になるらしい。

真名井神社は今回は寄ってきていない。

P1110916.jpg

真名井稲荷の左手を行くと、裏参道へ続く鳥居があるんだけれど、
その手前にこの像が。
浦島太郎?
浦島太郎って、神様だっけ?
そばにあった説明書きによれば、倭宿禰命と言うらしい。
なんでも神武東遷の時に、明石海峡を亀に乗って現れて、先導したんだとか。
浦島太郎以外にも、亀に乗った人がいたんですね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ   
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
浦島太郎は、丹後の伝説ですよね
猫舌さん、こんにちは。
たびたびコメントを書きます。

確か丹後国の「風土記」に
浦島太郎の原本がありましたよね。
(「御伽草子」に載っている話の原型)

ですから、ここに浦島太郎の像があってもおかしくないと思ったのですが……
2012/11/06(火) 00:15:45 | URL | byぴのぴな (#-) [ 編集]
Re: 浦島太郎は、丹後の伝説ですよね
そうなんですか。
この像自体は、記事にも書いたように、
倭宿禰命と言う、神武東征の折に、
亀に乗って道案内をした国津神で、
籠神社宮司家の祖、だそうで、
コメントを読ませていただいて、浦島太郎を調べたら、
同じ丹後半島に「浦島神社」があるんですね。
天橋立より、ずっと東の端っこの方ですが。
地図見てて、そういえば昔、浦島太郎は若狭湾辺りの話って、
聞いたことあったような気がしてきたよ(・∀・)

古事記日本書紀風土記はちゃんと読んだことないけど、
昔話はいっぱい読んだんだよ(^ω^)
2012/11/06(火) 18:32:09 | URL | by猫舌=・ω・= (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)