鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
日吉神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市旭区赤川4-19-13

P1070861.jpg

鳥居。

P1070819.jpg

社号標。

P1070822.jpg

手水舎。

P1070851.jpg

芝守稲荷社。

P1070830.jpg

行者堂。

P1070846.jpg

行者堂の横には、錫杖と下駄が。

P1070841.jpg

石神様。
黒い石神様は、明治の末頃、当時の宮司が、生駒山で禊ぎをした帰り道、
黒光りする石を見つけて持ち帰り、神社の境内に安置。
その夜、宮司の夢に龍神が現れ「かの石を吾と思いて油をかけて祀れ」
とのお告げがあったとか。

P1070837.jpg

白い石神様は、氏子のあるご夫妻が、長い間子宝に恵まれず
日吉神社に参拝祈願。
そのとき境内の一隅にあったこの石に奥さんが不思議な霊感を受けられ、
宮司に「お借りして、お祭りしたい」と申し出、持ち帰る。
家で日々、この石に願をかけたところ、その翌年無事に男児を授かった。
その後、転居してからも、庭にこの石を安置してお祭りされ、
商売も家も非常に繁栄した。
昭和四十三年、より多くの皆さんにお祭りいただけるようにと、
神社に納められた。

P1070826.jpg

拝殿。

P1070843.jpg

本殿。
御祭神は、大山咋神。

j-o-hiyosi.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)