鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴吉大明神
向日市上植野町御塔道30-5

向日神社を出て、さあ帰ろうと、自転車で西向日駅を目指す。
旅ナビに、駅を入力したけど、見ながら自転車に乗れないので、
気づけば案内から外れた道に。
さて、どう修正すればいいのかな?
止まりやすそうなところは、っと見れば、角に神社がある。

うは、またこれ、呼ばれた系?
こういう、予定外の、ふと見たら神社あったよって感じの時って、
だいたいお稲荷さんだね。
「アタシってばー、お稲荷さんに呼ばれてる、見たいなぁ~?」
というより、街角の小祠に、お稲荷さんが多いと言うことだろう。

P1360765.jpg

正真正銘「街角」
角っこのお稲荷さん。

祠を覆う屋根の柱と、別に立てられた柱に、お札が飾られている。

P1360766_201506182232020ea.jpg

なんだろうと、拡大してみれば、
「神力演大光 普照無際土 消除三垢冥」
と書かれている。
検索してみたら、お経の一節。
と、言うことは、豊川稲荷系のダキニ天なのか。

P1360767.jpg

見切れているが、祠には、額に入った新聞記事が掲げられていて、
この祠を覆う屋根を作ったときの話が載っている。
その記事によると、「伏見稲荷の分身とか」
そうなんだ。
ちなみにお札に書いてある山号を見ると、ご近所のお寺のよう。

8ジダヨ!シンブツシューゴー タータカターター ターターター ♪

同記事の古老の話として、
最初の「大明神」の移転の時、町内の奉仕でやったが、
そのうちの一人が、「神さんなんてほんとかいな」と
悪態をつき、これだけ悪口を言って、バチが当たらなければウソだと、
ののしって家に帰ったところ、その人の奥さんがひどい腹痛で、
医者を呼びに行ったところ、その人の周囲だけ前にも進めないほどの
豪雨が降ったとか。

それほど霊験あらたかなんだそうだ。

嫁さんとばっちり(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。