鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
角宮神社
長岡京市井ノ内南内畑35
すみのみやじんじゃ。

乙訓坐火雷神社(おとくににいますほのいかずちのかみやしろ)
略して乙訓社。

P1360656.jpg

社号標と鳥居。
鳥居の前は集会所だか公民館だかの前庭になっていて、
プラゴミの日だったらしく、カゴが沢山並んでいた。

P1360662.jpg

手水舎。

P1360668.jpg

境内社。
左から、向日神社、稲荷神社、大神宮、八幡宮。

P1360661.jpg

江戸時代に奉納された鳥居。
奉納者は石田氏で、赤根神社の石田氏と同じかしら?と思ったり。
少なくとも、ここら辺は石田さんというお金持ちの一族がいたんでしょうね。

事故で倒壊し、平成の初めに組み立てられた。
御神徳にちなんだデザインになっているらしい。

P1360660.jpg

拝殿。
「拝殿に上らない」って書いてあったから拝殿。

P1360674.jpg

本殿。

P1360675.jpg P1360676.jpg

本殿前の狛犬。

P1360673.jpg

本殿。
中に二つの社があり、左に主祭神の火雷神。
配祀に玉依姫命、建角身命、活目入彦五十狹茅尊。
右に春日神(三神)を祀る。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)