鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤根天神社
長岡京市今里4丁目17

P1360635.jpg

社号標。
京都府神社庁のサイトにも、赤根天神社になってたし、
赤根天神社で間違いはないんだけど。

P1360636.jpg

鳥居の横の立て札は赤根神社。
(クリックで大きくなります)
まあ本文で「当神社は赤根天神社と称し」
と始まってるし、

P1360641.jpg

本殿前の看板も赤根天神社なんだけど。
(これもクリックで大きくなります、大きくなってもみにくいけど(;^ω^)
要は、元々は地元の旧家石田家の屋敷内鎮守だった)
いきなり鳥居の右(社号標)と左(立て札)で、
違う名前出されたら、混乱するわ(;^ω^)

P1360637.jpg

参道は良い具合に、木が屋根を作って、ちょっと涼しい。

P1360639.jpg

手水舎。

P1360640.jpg

拝殿。
御祭神は伊弉諾尊と、伊弉冉尊。

P1360643.jpg

本殿。

P1360644.jpg

本殿の屋根に、梅の紋。
アレ?

そうよね?
赤根天神社だから天神様よね?
天神様って言えば、菅原道真で梅鉢よね?

…と、言いたい所だが。

天神社は、「あまつかみのやしろ」と読み、
国津神を祀る、と、何処かで読んだ。
ついでに言うなら、みんなが「天神様なら菅原道真やろ?」
っていうから、勧請しました。
て言う神社も何処かにあった。

あまつかみのやしろなのに、なんで国津神なんだろうか?
とも思ったが、今まで行ったことのある天神社の多くは、
少彦名命が御祭神で、大国主とコンビだから国津神なんだろうか?

イザナギ、イザナミはずっと地上にいたイメージが強いが、
そもそも天上から降りてきて国産みをしたんだから、天津神で良いのかな?

P1360649.jpg

境内にあった、注連縄を張られた石。
右の灯ろうに「天神社」左の灯ろうに「太神宮」

P1360652.jpg

なんの石だかよく解らない。
前に飾られているのは、布袋さんと仏さんと干支人形。
なんだかよく解らない(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こんばんは。いつもお世話になっております。
猫舌様の経験談、なるほどなるほどと思って面白く拝読しました。
現場で「?」が山盛りになるのも、お社巡りの楽しいところですね。弊記事に戴いた「フレキシブル♪」の言葉、言い得て妙。これからはこれで片付けてしまおうかと思ってます。
こちら、ほんとに、なんだかよくわからない。ですが、なんか、いいなー。
この辺りはお金持ちのおうちが多かった記憶が。
屋敷内鎮守で、こんなに大きいなんて、すごいなー。
2015/06/18(木) 20:36:48 | URL | byつねまる (#pjmS0te2) [ 編集]
Re: タイトルなし
今日アップする角宮神社にも、石田さんは出てくるのですが、
長岡京市には、旧石田家という観光スポットもあり、
皆、直系なのかは解りませんが、少なくとも、
石田一族は土地の名士だったのでは、と。

天神様は面白いですよね。
天神=雷神=菅原道真なのは知っていても、
天神=天津神は、言われるまで気づかなかった。
天津神でも国津神でもない、人神の菅原道真だと、
むしろ御霊、御霊神社じゃないのか。

で、そうつらつら考えつつ、ここは普通に天津神の祀られた神社で、
梅鉢は石田家の紋だけど?というオチだったら面白いのになー。
と思ってしまうのです(笑)
2015/06/18(木) 21:36:20 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。