鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
中真神社
摂津市別府1丁目5
ちゅうしんじんじゃ。

P1360512.jpg

住宅街の細い路地が、さらに二又に分かれたところにある神社。
( ゚д゚)ハッ!
道の真ん中にあるから、チュウシン神社なのねぇ~?
たぶん違う。

P1360515.jpg

鳥居の手前に、手水と立て札。
立て札には、
「この鳥居は延喜元年
菅原道真公ゆかりの元
三本松天神跡にあった
ものを、一部修復して、
この地へ移築したも
のである。
昭和五十八年十月
中真神社」

うっかり延喜元年に移ってきたのか、と思いましたが、
この年号は、鳥居が元々あった三本松天神のもとになった、
「道真公が太宰府に行く途中、鳥飼の地によって、松を植えた。
その三本の松を、神社名にした」
というエピソードが延喜元年だったらしい。

三本松天神自体は、明治時代に藤森神社に合祀、廃社となり、
跡地も淀川堤防改修で削られ、鳥居だけになっていたところ、
鳥居はここ中真神社に移築されたと。

P1360521.jpg

鳥居には「三本松之社」と刻まれている。

P1360517.jpg

お社。
御祭神は、三本松天神ゆかりで、菅原道真かと思ったら。

P1360519.jpg

素戔嗚尊のようです。
ですよね。
三本松天神は、藤森神社に合祀って、さっき書いたじゃーん。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)