鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さいの木神社
大阪市淀川区西中島7丁目7

P1360464.jpg

道の向こうに見えるは自転車置き場。
その上を走る新御堂と地下鉄御堂筋線。
そう、地下鉄だけど、この区間は地上というか、高架を走る。

矢印の通り、道を曲がると。

P1360465.jpg

さいの木神社。

P1360480.jpg

白い建物はお地蔵さん。

P1360479.jpg

手水。

P1360473.jpg

正面に社。
…社。
社で良いのかな?

御祭神は、行者神変大菩薩。
神変大菩薩といえば、役小角。
修験道の開祖です。

P1360476.jpg

社?お堂?にあるのは鈴ではなく鰐口。
鰐口の神社がないわけではないけれど。

P1360474.jpg

こちらは、杖持ってるから、役小角かな?
って、見えないか。

P1360471.jpg

ご神木の隣、灯ろうの後ろには、十一面観音と書かれた石碑。

神変大菩薩、十一面観音、地蔵菩薩。
アレ?神社?アレ?お寺?アレ?修験道ってどっちより?

でも、さいの木“神社”
さいの木って何?
塞の神の関係者?
新幹線の側だし、道祖神的なー。

さいの木は「細目木(さいのき)」という地名だそう。
この地名は、合祀されている、西尾六右衛門(山口村庄屋)
澤田久左衛門(大道村庄屋)、一柳太郎兵衛(新家村庄屋)
という三人の庄屋さんに係わりのある地名。
このお三方は、淀川あたりの神社とかを調べていると、
ちょいちょい出てくる「中島大水道」に尽力した方々。
この方達が、「中島大水道」絡みで切腹した地が「細目木」なんだそうです。

神社によくある「その地域の発展に貢献した人」が祀られているのです。
ああよかった。
神社だ神社。

P1360467.jpg

地蔵堂の壁に、その辺のことを詳しく書いた新聞記事が貼ってありました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こんばんは。お地蔵様のおうちが、こう、アレですねぇ。酔っぱらいが間違えない事を祈るばかり。
しゅ、修験道!?あれか、神仏ほにゃらか!?と焦りましたが。中島大水道、知らなかったので勉強になりました。
そっか、駅名も、中島、入ってますね。喜連瓜破的な名前。
2015/06/13(土) 02:16:56 | URL | byつねまる (#pjmS0te2) [ 編集]
Re: タイトルなし
お地蔵さんちはアレですよ、小さい鳥居でも貼っておけば万全。
本体の神社に鳥居無いのに(笑)

奇遇にも、つねまるさんのところの記事にも、
役行者が出てきましたね。
山なら解るんだ、山なら。
新大阪は、どちらかといえば川か海だ。
なんで修験道の開祖、しかも菩薩が主祭神なんでしょうね?

2015/06/13(土) 19:30:22 | URL | by猫舌=・ω・= (#EpxNsFzw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。