FC2ブログ
鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
日根神社 1
泉佐野市日根野631-1

慈眼院の鐘楼の裏側の、坂を下ると、
日根神社の参道に出る。

P1350572.jpg

鳥居。

P1350660.jpg

あとで見つけたこの祠は、柵の向こうだし、
慈眼院の祠かな?

P1350574.jpg

手水舎。

P1350577.jpg

階段を上がって、神門。

P1350583.jpg

神門くぐって左側に置かれた台車。
この日は5月1日だった。
5月5日に、まくら祭があるから、
それに使う台車かな?

P1350588.jpg

P1350600.jpg

P1350601.jpg

本殿の左右に境内社。

P1350587.jpg

拝殿。
御祭神は、鸕鷀草葺不合尊、玉依姫尊。
ご存じ、「元彼の子じゃね?」と発言したニニギノミコトにブチギレた、
コノハナノサクヤヒメが火の中で産んだ子の一人で、
アニキにムリヤリ商売道具を借りてなくす、という大失敗をやらかした、
山幸彦が、オオワダツミの娘トヨタマヒメと結婚して、
生まれたのが、ウガヤフキアエズノミコト。

トヨタマヒメが出産の時に「けして覗かないように」と言ったのに、
ご先祖さま(伊弉諾)同様、覗きに行って、びびって逃げた、山幸彦。
覗かれたことを恥、海に帰ったトヨタマヒメの代わりに、
子の面倒を見に来たのが妹のタマヨリヒメ。

その二柱の夫婦神が祀られている。

この夫婦神にあやかろうと、村の娘達が、子授け祈願で「まくら」を奉納し、
そのまくらを背負って村を練り歩く「まくら祭」につながったとか。

P1350592.jpg

本殿。

P1350590.jpg

本殿の屋根に咲く花。
何の花かは知らないけれど、和歌山の藤並神社にある、
泣沢女の古墳にも、同じような花が咲いてたな。
屋根に咲く花って、なんだかオメデタイ感じがします(笑)

j-o-hine.jpg

ご朱印は、参道を戻っていく途中の、社務所でいただきました。
社務所では、枕型のお守りや、祈願枕カバーなども売ってました。

2に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)