鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
国分寺
南長柄八幡宮を出て、次の神社への移動中、
ふと、目に飛び込んできた紅白の鐘楼
あーお寺だなー、と近づいてみたら、やっぱりこれか(;^ω^)

P1110524.jpg

門は開いているけど、入れない。
お寺は、これがあるから、行きにくいんだよなー、
と元の目的地に行こうと思ったけれど。

いや、待てよ。
前に、実は違う入り口から入れました、ってことあったな。
と、思い直し、壁沿いを進むと。

P1110529.jpg

ありましたよ、入り口。

P1110530.jpg

弘法大師かな?
よくわからないけど。

P1110532.jpg

水掛不動尊。

P1110538.jpg

最初に目を引いた鐘楼
弘法大師ご生誕1200年記念の大梵鐘。

P1110534.jpg

一階部分は、天六ガス爆発の慰霊堂になっている。

で、入り口近くに御朱印の貼り紙があった。
しかし、この日私は神社にしか行く予定ではなく、寺用の集印帳を持ってきていなかった。
さてどうする。
ダメ元で、書き置きをもらえるか聞いてみた。
そうしたら、快く別紙に書いていただけた。
しかもあとで貼り付けやすいように、サイズも聞いてくれ、その上、
万一大きすぎた時用に、余白を取って書いてくださった。

Scan121011.jpg

何を書きましょう?と聞かれて、何も調べてきていないので、
ご本尊で、とお願いして書いていただいた。
あとで調べたら、いろいろな札所になっているみたい。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
関連記事




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)