鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三角の目の狛犬
この間図書館に行ったら「大阪(なにわ)狛犬の謎」
という本を見つけたので借りてきた。

ほかに借りた本を読んでたら期日が来てしまい、
パラパラ眺めるだけになってしまったけれど、
中に「三角の目の狛犬」という項目があった。

東淀川区の柴島神社にある狛犬だそうで、
ああ、確かにあそこには変わった狛犬あったよね、
三角の目は気づかなかったけれど、と読んでみた。

GEDC3084_20170505185104039.jpg

柴島神社の、公園側の鳥居から入ると正面に見える、紅白の鳥居。

GEDC3089.jpg

GEDC3087_20170505185106fbe.jpg

白い鳥居の仲哀天皇社の狛犬。
変わった狛犬だけど、目は三角じゃない。
いつ見ても落ち武者ヘアーというか、はげ頭に見えるんだけど(笑)

GEDC3091.jpg

赤い鳥居の住吉神社。

GEDC3093-2.jpg

GEDC3094_201705051857385ac.jpg

こっちの狛犬のことらしい。

GEDC3093-1.jpg

横にビロ~ンと引き延ばしたようなお顔。

GEDC3093_2017050518573425a.jpg

なるほど三角。
アップにすると、指のようにも見えるが。

この本によると、大阪でこのタイプの狛犬はあと、桑津天神と津堂八幡神社、
都留彌神社、の計4社にしかないそうで。
桑津天神と都留彌神社は行ったことあるぞと、写真ファイルを見直してみたら、
桑津天神の方は、もう無いのか見逃したのか、写真撮ってなかった。
本の発行から十数年たってるし、もう無いのかな?

P1180490.jpg

都留彌神社の方は、この鳥居の脇にいました。

P1180489_20170505190030e9f.jpg

P1180488_20170505190029bd1.jpg

奉納年は見てないけど、こっちの方が若干新しそう。

P1180489-1.jpg

細々したところに違いはあるけれど、
同じ顔だわ。
こっちの狛犬の方は、若干ビロ~ン感が少ないのは、
柴島の方と比べると面長な顔の形のせいか、鼻の形のせいだろうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。