鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
正圓寺 2
大阪市阿倍野区松虫通三丁目2番32号

P1410937.jpg

階段登って山門。

P1410943.jpg

山門の両脇にいくつかの石仏。
ちなみに、山門に向かって左側に、スルーした鳥居からの階段がある。

P1410946.jpg

山門くぐって左側に手水舎。

P1410947.jpg

地蔵堂。

P1410949.jpg

と、お地蔵さん。

P1410954.jpg

正面に鳥居。

P1410952.jpg P1410951.jpg

鳥居の脇には狛犬。

P1410955.jpg

本堂。
ご本尊は、大聖歓喜双身天王。

P1410955-1.jpg

本堂のところが、聖天山の山頂なんだそうだ。

と言うところで3に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
正圓寺 1
大阪市阿倍野区松虫通三丁目2番32号

地下鉄天下茶屋駅で降りて、目指すは
てんがちゃやしょーてーん。

P1410916.jpg

天下茶屋駅前商店街。
ここを通り抜けて。

P1410918.jpg

天下茶屋商店会。
ここも通り抜けて。
阪堺電車の北天下茶屋駅を越えて。

P1410920.jpg

二つの「てんがちゃやしょーてん」を通り抜けて、
天下茶屋聖天のある聖天山到着。

P1410921.jpg

でも目的地はここを右に行った先。

P1410923.jpg

ボケ封じのお地蔵さん。
ああ!
ボケを封じられたら生きていけない大阪人!
そのボケちゃうわ!
と、お約束のボケを入れときました。

P1410925.jpg

鳥居と、歓喜天の石標。
ここは通り過ぎて。

P1410930.jpg

ここだ!
天下茶屋の聖天さんこと正圓寺。
唐破風鳥居と寺号標石。

P1410933.jpg

そのとなりに、お地蔵さんかな。

P1410935.jpg

階段中程に「初辰さん」
はったつさんとしか書いてないけど、住吉大社の初辰さんと同じなら、
お稲荷さんなんやろうなあ。

P1410937.jpg

階段を登り切ったら、やっと山門。
と、いうところで2に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 840
今日は、梅田に買い物のついでに、1社。

P1420090.jpg

福永稲荷大明神。

大阪駅前第1ビルのここから、第4ビルの手芸屋に。
そこから阪急へ向かう途中。

P1420105.jpg

地下街に石垣出現。
大阪城の千貫やぐらを模したもので、
この通路が大阪城築城400年の年に開通したことに因んで、
大阪城の石垣の残石と言われる小豆島の石で出来てるんだとか。

それはいいとして、この通路はどこだ。
なにか、工事のために封鎖されてるビルに続く通路っぽい。
ポケストップなので来てみたが、すっかり迷子です(笑)

どうにか阪急梅田に到着。
今日の一番の目的は。

P1420106.jpg

これ。
今シーズンで最後です。
とてもお世話になったスルッとKANSAI3dayチケット。
悲しい。・゚・(ノД`)・゚・。
しかし、最後まで使わせて貰いますよ(゚∀゚)

最近はずっと市内の小さい神社めぐりにはまって、
とんと遠出(と言っても主に府内)してないけれど、
その府内の神社めぐりも、私鉄-地下鉄-私鉄、
みたいな乗り継ぎだと、けっこうお金掛かるから、
重宝してたんだけどなー。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
高濱神社御旅所 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


吹田市南高浜町24

阪急相川駅から、安威川を越えて高濱神社に向かう途中。
お寺の横の細道を入っていくと。

GEDC3868_2016102018421654b.jpg

高濱神社の御旅所。
安威川沿いになるんだろうけれど、間に住宅があるので普通の公園ぽい。

GEDC3869.jpg

社号標。

GEDC3871.jpg

鳥居は二段組みになってるんだけど、微妙にずれてる。
中に支柱とか、入ってるのかな?

GEDC3875.jpg GEDC3874.jpg

狛犬。

GEDC3873.jpg

拝殿。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 839
今日は天下茶屋のお寺へ。

P1410932.jpg

正圓寺。
これ!
この、唐破風鳥居がね!
京都三珍鳥居にしかない物だと思ってたらね!
意外と近くにあったのよ!

今日は、このお寺だけしか行ってないんだけど、
けっこう鳥居的に充実してた。
うん。

で、帰り。
天下茶屋駅で地下鉄に乗ろうとしたら。

P1420081.jpg

お。
スヌーピーのラッピング電車だ。
そういえば、スタンプラリーがあったっけ。
まだやってたのか?

P1420082.jpg

ヘッドマーク。

P1420087.jpg

中吊り広告。

P1420085.jpg

こっちはマンガになってる。
絵柄が違うな。
初期の絵か?
そういえば、私がハロウィンを知ったのはピーナッツコミックだった。
なので、トリックオアトリートは、「おごってくれるかいたずらするか」
なんだよね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
天保山
大阪市港区築港3丁目2番

レアポケモンゲットのため史跡めぐりの一貫として、
やってきました天保山。
マーケットプレイスから海遊館方面は、
前にガンダム展、見に来たとき言ったことはあるけれど、
「天保山」はお初だなー。
最近日本一低い山の地位から落とされたらしいが、
そもそも大浜公園の蘇鉄山も、日本一低い山を名乗ってないかい?
調べたところ、高さ自体は天保山の方が低いけれど、
あっちは「一等三角点」天保山は「二等三角点」で、
蘇鉄山は、日本一低い一等三角点のある山だそうだ。

P1410885.jpg

さて、天保山の山頂を目指すつもりで階段を上がってみた。
…誰もいない。
下にはあんなに、紳士淑女がいたのに(笑)

人もいないが、史跡っぽい物もない。
登ってきたのと別方向の階段を下りる。

P1410889.jpg

天保山跡の石碑。
跡?跡なの、ここ。

P1410891.jpg

頂上目指してウロウロしていたら「獣魂碑」なるものがあった。
戦時中、軍の食料になった動物を偲ぶ物だそうだ。

P1410896.jpg

しばらく行くと、また石碑。

P1410898.jpg

その前に座るおいちゃん。
どなた様?

こちらは西村捨三氏という方で、初代の大阪築港事務所長で、
大阪府知事も務めた方らしい。

P1410899.jpg

山頂目指してさらに歩くと。
おお!あれ…な、訳ないか。
でも、これの近くにありました。

P1410901.jpg

天保山々頂。

P1410903.jpg

ここが山頂か。

P1410906.jpg

これが件の三角点。

そして、天保山徘徊の結果は、初ゲットはサワムラーだけでした。
まあ、30分くらいしかいなかったし。
ニャースが2匹捕まえられたからいいやー。

結局レアポケ探しに行ってるんじゃないか(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
高崎神社
大阪市住之江区南加賀屋4-15-3

高砂神社から、西へ500mほど行くと。

P1410859.jpg

鳥居と社号標。

P1410868.jpg

遙拝所。

P1410865.jpg

大多田稲荷神社。

P1410869.jpg

祖霊社天柱殿。

P1410871.jpg

五社宮。

P1410873.jpg

御神木。

P1410884.jpg

松之木宮。

P1410867.jpg

拝殿。
御祭神は、天之水分大神、天照皇大神、柿本人丸大神。
高砂神社とは、社名も似ているが御祭神も似ている。
それもそのはず、両社とも、加賀屋甚兵衛が産土神の
水分神を勧請して祀ったものだそうだ。

住之江区のサイトによると、
> 一方社伝では、天保6年(1835年)、高砂神社焼失後に
>新たに加賀屋新田の氏神として天保10年(1839年)に
>創建されたとなっている。
と言う話もあるようで。

ところで拝殿に上がる、階段の左側。
車が止まってるところ。

P1410876.jpg

力石がずらり。
車、邪魔ー!
とか思ってたら。

P1410881.jpg

上から覗くと、さらに絵馬かけのある方にもずらり。
写真で数えると、力石17基。
うーん。
返す返すも、車、邪魔ー(>_<)(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
高砂神社 2
大阪市住之江区北島3-14-12

P1410855.jpg

正面の鳥居と社号標。
これを後半に持ってくるのは、いつものように脇から入って、表から出たので、
写真が最後になったから。

P1410853.jpg P1410852.jpg

鳥居のところの狛犬。

さて、先に境内社を廻って、鳥居近くのベンチで一休み。

P1410839.jpg

あー猫だー。
とか、猫の尻に目を奪われつつ、ふと前を見ると。

P1410836.jpg

おお、クスノキが割れてる。

P1410837.jpg

おまえか、おまえがやったんか。

なんでも、大和川付け替えにより、このあたりに砂が堆積して
浅瀬が出来たので、新田開発が行われたらしいので、
工事やら開墾やらで、力自慢の若人達が集ってたんでしょうな。

P1410849.jpg

石段を登ったところに百度石。

P1410850.jpg

反対側に、水みくじ。

P1410847.jpg

正面に拝殿。

P1410818.jpg

本殿。
御祭神は、天水分神、住吉大神、柿本人麿神。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
高砂神社 1
大阪市住之江区北島3-14-12

この日のメインは大和川沿いの2社。
まずは高砂神社へ、いつものように、脇から入る。

P1410817 (7)

手水舎。

P1410817 (8)

釣瓶とか残ってるんだ。

P1410817 (9)

手押しポンプが現役のよう。

P1410817 (10)

龍の水口からは、水道水が出るみたい。
と、いうことは、一般に言われる手水のお作法通りじゃなくて、
手は井戸水で清めて、口は水道水ですすぐのかしら。
どっちにしろ、この時は水道水、でてないみたいだけど。

P1410817 (1)

洲先稲荷社。

P1410817 (3) P1410817 (2)

キツネはケージで囲われてます。

P1410817 (4)

遙拝所。

P1410817 (5)

金山彦神社
交通安全宮

P1410817 (6)

天神社

その2へ続く


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
色々不明な神社
大阪市住之江区御崎6丁目16

P1410807.jpg

やってきました、ドラッグストアシルク。
じゃなくて、その手前。

P1410812.jpg

綺麗に整備されてるが、外向けに情報発信は何もない。

P1410808.jpg

千木と鰹木が、唯一何かの手がかり。
千木が外削ぎで、鰹木が偶数本。
一応のセオリーから見て、千木が男性神、鰹木が女性神。
あははー。
さっぱりわかんねぇ(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 837、838
今日は住之江の神社へ。

P1410854.jpg

高砂神社

P1410861.jpg

高崎神社

この後もう少し廻ろうと思ったんだけど、
疲れたし、どうしようかな?と、とりあえずニュートラムに乗ったら。
車内に鳴り渡る奇妙なアラーム。
自分のじゃないと思って、ポケモンGOの画面に目を落とすと。

「鳥取で地震がありました」
うん、そうか大変だな。
と、画面を戻したら。
ホームに止まったニュートラムの車両がゆ~らゆら。
うろたえる乗客達。
「え、鳥取の地震で、大阪揺れる?」
「え、じゃあ、鳥取、ものすごく揺れたんじゃ」
ニュートラムの構造の問題かも知れないが。長い、揺れが長い。
ほどなく、安全確認が取れたと、運転再開。
密に動揺していた私は、降りようと思ってた駅を行きすぎていたので、
予定を変更して、別の場所へ。

P1410911.jpg

大人達がうつむき佇む、あの地へ。

P1410914.jpg

「まあ、一体何が起こったのかしら?」

うん、あれよね。
平日真っ昼間に、いい年した大人がこんなにいるとは思いませんでした。
レアポケモンの巣と言われる天保山。
ポケモンテ、もう若い人はあまりやってないってうわさ、本当なんだ。
半分以上、中高年じゃないか(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
高濱神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


吹田市高浜町5−34

GEDC3840.jpg

鳥居。

GEDC3845.jpg

手水舎。

GEDC3844.jpg

神牛。

GEDC3843.jpg

神馬。

GEDC3850.jpg

和加久寿大明神。

GEDC3853.jpg

御神木「鶴の松」
この切り株は天明六年、台風で倒れた物で、今は巳さんの信仰があるとか。

GEDC3861.jpg

稲荷神社。

GEDC3854.jpg GEDC3855.jpg

狛犬。

GEDC3848.jpg

拝殿。
御祭神。
御正中 スサノオ大神、アマテラス大神。
御右座 カスガ大神、ククリ姫大神。
御左座 スミヨシ大神、吹田連祖神。

公式HPの由緒によると、
>五世紀前後の大和朝廷の頃、河内の国で栄えた次田邑の豪族
>「次田連(スキタムラジ)」の一族が淀川に渡り移住し、次田村を興したのが
>「吹田」の始まりであり、興すにあたって、彼らの祖神である
>火明命(ホアカリノミコト)、天香山命(アメノカゴヤマノミコト)の二柱を祀って
>氏神神社としたのが高浜神社の始まりとされています。
とあり、「次田(スキタ)」が転じて「吹田(スイタ)」になったそうだ。

j-o-takahama.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
城北稲荷大明神
守口市緑町2

阪神高速横の、コナミスポーツクラブのとなり。
ポケストップ調べてて「封印されし神社」って出てきて、
ストリートビューでちゃんと鳥居があるのを確認していってきた。

KIMG1072.jpg

こんな感じでフェンスに囲まれてる。
電柱の横が扉になってるけど、閉まってて入れないと言うことか。

KIMG1073.jpg

写真見て気づいた。
よく見りゃ、開いてる。

KIMG1075-1.jpg

鳥居をくぐって真っ直ぐ進み、レの字に折り返して、また鳥居。
その奥に祠だなーと思って、目で追うと。

KIMG1075.jpg

人がいた!
ああ、だから開いてたんだ。
ここで声をかけて、お参りさせてもらえればいいんでしょうが、
距離あるしぃ~とか、ごちゃごちゃ自分に言い訳して撤収~。
なので、普段なら、フェンスの隙間から、色々撮るんだけど、
チョコチョコッと撮って、ヘタレ全開で逃げてきました(;^ω^)

見た感じ、何処かの企業神社っぽいけど、どこだろうか。
ぱっと見、近場の大きな会社はコナミスポーツくらい?
奉納された鳥居に書かれた社名を見ると、
どうも都島タクシー関連の企業神社みたいだね。



ところで、某A神社。
アレはありなん?
ないわー、アレはないわー。
アニメの聖地とか、何でもかんでも恋愛御利益よりないわー。
金か、金なんか?
まあ確かに、和歌山の端っこじゃあ、儲かってはなさそうだけど…
あ、“某”って付けたのに、和歌山って言っちゃったテヘペロ


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居836
豊里大橋を越えて守口市へ。
と言っても、橋越えてすぐのところ。

KIMG1074.jpg

城北稲荷大明神。

今日はこれだけ。
メインは淀川でポケモンゲットだから(笑)
でも、淀川まで出向いても、ハト、ねずみ、イモムシ毛虫ばかりなのよねー。
あ、カメール見つけた、カメール。

これだけだとあまりにも短いので、
ついでに雑談。

ここ最近、ウチの猫が寒そうなので、猫ベッドを買った。
私は全然寒くない、むしろまだクーラー使ってるんだが、
何せうちのは16才、ピッチピッチのおじいちゃん。
なので、暖かそうな猫ベッドを購入。

猫ベッドを買うと、送られてきた段ボールに入ってご満悦。
新品ベッドは放置されるのが、猫飼いのお約束。
うちのも例に漏れず、段ボールにin。

と言うことで、こうしてみました。

KIMG1069.jpg

猫ベッドも、段ボールにin。
(ΦωΦ)フフフ…、新品ベッドに、気ぃよく入っとるわ。
と、写真を撮ってみたけど、
あれ?
もしかして納得してない?
あれー?

今現在、猫ベッドは、空…。
まあ、今日は暖かかったからね…orz
エアコン除湿ポチッとな(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
柳丸龍王
大阪市生野区中川1丁目1

猪飼野橋交差点の、五叉路?六叉路?の南東に延びる道の、下道。

P1410782.jpg

ここもポケストップになってるところ。
ポケストップの写真だと、鳥居があったんだけど。

P1410783.jpg

こっちは裏側かな?
交差点側に、小さい祠。

P1410785_2016101221360516a.jpg

向こう側に廻ると鳥居があった。

P1410786.jpg

手水。

P1410787.jpg

その横に百度石。

P1410788.jpg

祠。
年次大祭のお知らせが貼られていた。

交差点が橋の付く名前だし、今里筋を変に斜めに横切った道沿いの龍神様だし、
この、横の道は元々川だったんかねぇ?


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
六玉大明神
大阪市生野区中川西1丁目6

ここも、スマホの案内通りに進んでいったら、
道とも言えない家と家の間の隙間、子供が近道するならともかく、
大人が通り道にするのはちょっとというところを指示される。

デブが挟まったらどうするんだよorz

しかし確かに、隙間の向こうに、朱い玉垣が見えている。

P1410771_20161011235702d1e.jpg

ぐるっと回って到着。

P1410774.jpg

祠。

P1410780.jpg

なんとなく横に廻ってみたら。
あれ、なんかある。

P1410775.jpg

銅葺きの屋根もピカピカ赤銅色。

P1410776.jpg

なんだろうね?
玉垣も区切ってあって、予備とかそういう感じじゃなくて、別の祠という感じ。
土台もレンガ造りで、表側よりこってる感じ。
神社っぽくはないが。

それより何より、ひさしに貼り付けられた、フックがめっちゃ気になるぅ~。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
御幸森天神宮御旅所
大阪市生野区田島1丁目2

田島神社に行くために、バスに乗ってたら。

P1410766.jpg

こう見えて、

P1410767.jpg

こう来たので、スマホの地図にマーキングして、廻ってきた。

P1410762.jpg

両方の柱に、御幸森天神宮御旅所。
二股道の、分岐点の三角になった土地。
柱と柱の間が道になっていて、向こうまで突き抜けてる。
その道の両側にスペースがあって。

P1410768.jpg

こっちは、倉庫か。

P1410769.jpg

こっちは。
石の台座。
神輿台か。
え~と。
それだけ?
小さい祠とかないんだ。

御旅所というのは、御神輿の休憩所っていうか、
御神輿は御旅所とかがないと出せないんだそうで。
だから、神輿台があればいいってもんなんでしょうが。

でもなんか、衝撃的(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
宮前橋のたもとの祠
大阪市生野区舎利寺1丁目12

生野神社から西へ進むと、平野川に掛かる宮前橋にでる。
ここらで地図の確認を、と立ち止まると。

P1410756.jpg

鳩時計のような、巣箱のような、壁掛けの何か。

P1410757-1.jpg

たぶん、この壁の会社の祠。

P1410759.jpg

ちっちゃい額に、何か書いたものが貼られていた形跡はあれど、
さっぱり読めなくなっている。
その上什器も紋のない無地。
判断基準は何もないけれど。

P1410757.jpg

たぶん、巳ぃさんの祠。
と言うのも、川沿いだし、お酒と卵が供えられてたから。
お酒はともかく、仏さんに卵は供えないよね?


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生野神社
大阪市生野区舎利寺1-2-27

道すがら、生野神社のふとん太鼓が10日の、
私がこれから向かう時間にどんぴしゃだという貼り紙を見て、
写真撮りにくいかな、邪魔になるかな?と、
ちょっと挙動不審になりつつ向かう。

P1410736.jpg

正面。
ああ、自転車が沢山あるわ。

P1410738.jpg

社号標と、御祭礼の、提灯かな?

P1410749.jpg

境内社。

P1410748.jpg P1410747.jpg

拝殿前の狛犬。

P1410753.jpg

拝殿。
御祭神は、素戔嗚尊。

あれ?
誰もいない?
あれ?

ここの前に行った、生野八坂神社でお参りしてるときに、
どこからか太鼓の音が聞こえてきてたから、
ふとん太鼓自体は、街を練り歩いてるとして、だ。
境内が、特になんにもない日常的雰囲気ってどういうこと?

正面右側に写ってるのがふとん太鼓の倉庫よね?

お祭り、滅多に行かないし、
町内会のお手伝い的な参加もしたことないんだけど、
全員で出かけちゃうものなの?

まあ、それはそれで、私的には、ゆっくり写真も撮れて、万々歳なんだけど。
なんか、ちょっと、肩すかしぃ~。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生野八坂神社
大阪市生野区生野東4-7-11

P1410707.jpg

田島神社から、スマホの地図を見ながら来たら、
また脇参道だったですよ。

P1410711.jpg

階段上ると、歓喜殿。
なんかお寺っぽいネーミング。
神輿庫っぽい。
天気よくて、ガラスが鏡っぽくなっててよく見えないが、
御神輿っぽいのと、何か大きい物があった。

P1410713.jpg

手水舎。

P1410717.jpg

生野大楠稲荷大明神。
となりに生えてるのが「大楠」かしら。

P1410719.jpg

三寶大荒神。

P1410715.jpg P1410716.jpg

注連柱の側の狛犬。
先代さんかな、一部欠けている。

P1410726.jpg P1410725.jpg

拝殿前の狛犬。

P1410721.jpg

拝殿。
御祭神は素戔嗚尊。

明治期に、河堀稲生神社に合祀されたが、
昭和30年、復元された。

明治の神社合祀で合併した神社が、
戦後、元の鎮座地に帰ってくるって、よくあるよね。
上から「はーいここの地区の神社さんは、○○神社に集合ー。
今日からひとまとめで管理しまーす」とか言われても、
やっぱり納得してなかった人が多かったってことかね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
田島神社
大阪市生野区田島3-5-34
たしまじんじゃ。

P1410704.jpg

正面の鳥居と社号標。
まあ、私はいつものように、スマホの案内に騙されて、
大回りしたあげくに、となりの公園経由で、脇から入ったんですけどね(笑)

鳥居をくぐると、殉国碑とかがあって、その次ぎに、

P1410671.jpg

眼鏡レンズ発祥之地。
日本の眼鏡レンズは生野の田島が発祥なんですって。

P1410674.jpg

御神牛。

P1410676.jpg

手水舎。

P1410682.jpg

末社。

P1410683.jpg

どっちかが素戔嗚尊神社で、どっちかが伊弉奈岐命神社。

P1410684.jpg

うっかり一服しそうになる、末社のお賽銭箱。
灰皿転用?灰皿でよく見るスノコだ。

P1410686.jpg

ご神木モチノキ科の「こがねもち」
こがねむし~は~こがねもち~♪

P1410690.jpg

謎の鳥居。
遙拝所なのか、公園を拝むのか。
逆に公園からこちらを拝むのか。
ちょっとずれてるけど、後ろの木が祀られてるのか。

P1410679.jpg

拝殿。
御祭神は、少彦名命、菅原大神、事代主命、八幡大神。

ここにも、菅原道真公が、休んでいった伝承があるようで、
左遷されるときに、藤井寺の伯母に会いに行くために伯母に会いに行くために、
大川から平野川を船で進み、途中田島で休息を取られたとか。

城東区の諏訪神社にも、藤井寺の伯母さんちに行く途中、
休んでいったという「腰掛石」があるので、
第二寝屋川から大川合流。
からの、平野川ってところでしょうか。

道真公の時代に、第二寝屋川は、無いっちゅーねん(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 831~835
最近1、2社廻って終わりにすることが多かったけれど、
今日は久々に歩いてきた。
…とは行っても一桁ですけどね(;^ω^)

P1410703.jpg

田島神社

P1410731.jpg

生野八坂神社

P1410742.jpg

生野神社

P1410771.jpg

六玉大明神

P1410785.jpg

柳丸龍王

後、鳥居のないところ2社。
2社。
う~ん、2社って言っていいのかな~?
な、感じのところ2社。
まあ、うちはカウントするけどね(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伊太祁曾神社 3 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


和歌山市伊太祈曽558

itagiso3 (12)

神宮遙拝所。

itagiso3 (8)

気生神社。
五十猛命の荒御霊を祀る。

itagiso3 (10)

蛭子神社。

itagiso3 (9)

チェーンソーカービングの龍。

itagiso3 (11)

霊石おさる石。
サルの頭に似ているところから「おさる石」とよばれる。
首から上の病に霊験あらたかなんだとか。

itagiso3 (1)

祇園神社の鳥居。
実は、確かこの日は暑くて、ここへ来るまでにも何社か廻って
疲れていたので、ともだちにカメラ渡して写真撮ってきて貰ったので、
ちょっと位置関係とか解りません(笑)

itagiso3 (3)

磐(いわくら)。
五十猛命が父神素戔嗚尊と共に降り立ったと伝えられる
奥出雲の鳥上峯の石。

itagiso3 (4)

祇園神社。

itagiso3 (5)

御井社の鳥居。

itagiso3 (6)

御井社。
「みいのやしろ」と読む。
「みいしゃ」じゃないんだ。
ミーシャじゃ。

itagiso3 (7)

いのちの水。
病人がこの水を飲むと元気になるといわれているとか。
今でもこの水を汲みに来る人もいるとか。
と、いうことはこの水は飲めるんだ。
最近は「湧き水だから、地下水だから、飲んじゃダメ」って所多いからね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伊太祁曾神社 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


和歌山市伊太祈曽558

itagiso2 (1)

授与所。

itagiso2 (2)

手水舎。

itagiso2 (4)

チェーンソーカービングの干支。

itagiso2 (5)

うさぎ。
この年の干支じゃないけど、私の干支だからー。
卯年生まれの17才☆ミ(大ウソw)

itagiso2 (3)

本殿前には蛇。
蛇…だよねぇ?
この年は辰年だったんだが。
このシンプルさは龍じゃないよね?

itagiso2 (6)

厄除け木俣くぐり。
大国主が木俣をくぐり難を逃れたという神話に基づいて、
この木の穴をくぐると厄除けになるとか。
この木自体、ガワだけみたいなものなので、
無理にくぐると割れそうな気がする。
そもそも、サイズ的に無理なので挑戦せず。

itagiso2 (7)

拝殿。
御祭神は、五十猛命。
日本書紀では、素戔嗚尊と一緒に高天原から下った子で、
日本に木のタネを撒いて廻った神様だそうだ。
御祭神の読み方は「イタケルノミコト」なんだそうだ。
「イソタケル」じゃないんだ。

j-w-itagiso.jpg

ご朱印。

もうひとつつづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伊太祁曾神社 1 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


和歌山市伊太祈曽558

itagiso (8)

和歌山電鐵伊太祈曽駅。
ちなみに、神社は「いたきそ(ITAKISO)」で、
駅は「いだきそ(IDAKISO)」と読むらしい。

itagiso (1)

12年に、お参りに行ったのだけれど、当時は、
現たまⅡ世駅長が、まだニタマ伊太祁曽駅長だった。
そして、お休みの日だった(笑)

itagiso (2)

レンタサイクルを借りて、伊太祁曾神社へ。

itagiso (10)

余談ですが、当時スタンプラリーをやっていて、

itagiso (10-1)

こんな風に西国三社めぐりで、スタンプを集めました。

itagiso (9)

賞品。
吉宗くんボールペン。
使った記憶がない。
どこへしまったっけ?

itagiso (3)

で。
自転車で進むと、一の鳥居。

itagiso (4)

傍らの社号標は木製。
木製の社号標は、珍しくはないけれど、
この規模の神社では余り見ない。
「木の国」「木の神様」だからか。
文字も緑色。

itagiso (5)

鳥居をくぐると、門神社(櫛磐間戸神社)

itagiso (6)

砂利敷きの緩い坂を上ると、鳥居。
ここが正面の鳥居なんだが、自転車を止めるために、
駐車場の方まで進むので、通過ー。

itagiso (7)

ここを上ると、ときわ山という古墳らしい。
でも、登らない。
しんどいやん(笑)

と、いうところでつづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
天皇をお祀りした神社 3
天皇をお祀りした神社大阪市編その3

前の記事から時間が空いてしまったけど、
仁徳天皇、磐之姫命の、天皇皇后の祀られた、
東高津宮にも行ったことだし、
残りの、今まで行ったことのある天皇を祀った、
大阪市内の神社をまとめてみた。

gojo.jpg

五條宮
大阪市天王寺区真法院町24−9
敏達天皇

horikosi.jpg

堀越神社
大阪市天王寺区茶臼山町1-8
崇峻天皇

kiyomi.jpg

清見原神社
大阪市生野区小路2-24-35
天武天皇

kobore.jpg

河堀稲生神社
大阪市天王寺区大道3-7-3
崇峻天皇

morinomiya_20161004171322c0a.jpg

鵲森ノ宮
大阪市中央区森之宮中央1丁目14-4
用明天皇

omiya.jpg

大宮
大阪市東淀川区大道南3丁目2-2
安閑天皇

ooe.jpg

大江神社
大阪市天王寺区夕陽丘町5−40
欽明天皇

toyosaki.jpg

豊崎神社
大阪市北区豊崎6丁目6-4
孝徳天皇


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
榎大神
大阪市中央区上本町西2丁目5-5

谷町筋をさらに北上。
空堀商店街を抜けて、しばらく行くと。

P1410654.jpg

路地の突き当たりに赤い…玉垣?柵?

P1410665.jpg

正面。
民家の軒先というか、自転車とか植木鉢とかが置いてありそうなところに神社。
レトロな外灯がポイント。

P1410659.jpg

祠。
右の貼り紙はなんだ、御真言とか?

P1410664.jpg

猫の餌を置かないで、と言う注意書きでした。

で、榎大神と言うからには榎がご神木なんだろうけど、
木が見あたらないわよ?
植木鉢に植わってるのがそうなの?
いやこれ、クリスマスの時鉢植えのツリーで売られてるヤツが
でっかくなっちゃった的なもののように見えるわよ?
とか思ってたら。

P1410660.jpg

覆い屋の奥に、古い木の固まりがありました。
たぶんこれがご神木なんだろうな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
豊受大神
大阪市中央区谷町7丁目4

つるやゴルフ目指して谷町筋を北上。
別にゴルフ用品を買いに行くわけではない。
次の目的地がつるやゴルフの裏側だから。

谷町7丁目交差点について、裏側に行こうと曲がったら。

P1410643.jpg

あれ?見たことあるような?
そうそう、ここは大阪七福神めぐりの、福禄寿担当長久寺じゃないですか。
もう4年ぐらい前になるかな。
コンデジの電池切れで、写真はないけれど。

この長久寺正面で、くるっと後ろを向けば。

P1410645.jpg

ほらあそこに赤い鳥居が。

P1410646_20161002165125da3.jpg

正面。
額には中央に豊受大神、右に真田大明神、左に松永大明神。
なんだか戦国武将っぽい大明神。
すぐ近くの長久寺が、淀殿の命で秀頼の武運長久を願って、
建立された物だと言うし、ご近所だけに、無関係でなかったりするかも?

ところで、こういう、額に複数の神名が書かれてる時って、
並べて書くときに順番ってあるのかな?って思うことがある。
時々中央が大きく、脇が小さくかかれてることがあるので、
代表は中央なんだろうなと、漠然と思ってたんだけど、
この間神宮當麻の祀り方を見てて、
なんとなく中央、右、左って順番なんだろうと思ったので、
これからもそうすることにした。

P1410650.jpg

横から。
後ろのお宅の外装材が、お社のところで区切られてるのが気になる。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
本長寺
大阪市中央区谷町8丁目2−17

このあたりは、もうあっち見てもこっち見ても、寺、寺、寺。
入れそうなところもあったけど、ポケストップだけまわして、
通り過ぎ~。

が。

P1410627.jpg

宝珠山本長寺(ほうじゅざんほんちょうじ)

P1410638.jpg

この、最上稲荷の幟が目に入った。
お稲荷さんがあるのか。
てか、三大稲荷なんだ。
三大稲荷って、伏見、豊川、あとひとつは地域によるって感じ?
お寺だから仏教系二つなんだろうか。

P1410639.jpg

その右に石碑。

P1410628.jpg

入り口左。
石碑と。
なんじゃこりゃ。
トーテムポール?

P1410629.jpg

トーテムポール2基。
実は、左から来たので、まずトーテムポール。
学校かと思って歩いてきたらお寺だったと。

何との習合なんだ。
確かにキューピッドと習合してそうな神社もありましたが(笑)
あの時「キューピッドって。ギリシャ神話習合か」って書いたけど、
キューピッドならローマ神話で、ギリシャ神話ならエロースでしたね。
と、どうでもいい訂正をしたり。

で、おいなりさんかーと思って覗いたら鳥居があったので、侵入。
あ、ちゃんと見学OKと書いてあったし。

P1410631_20161002162546257.jpg

鳥居。

P1410633.jpg

祠。

P1410632.jpg

額には「最上殿」

P1410636.jpg

左側に、小さい祠。

P1410637.jpg

たぶんこちらがご本堂。
2階あたりから、ドンツクドンツク太鼓の音が聞こえてきて、
とてもお忙しそうなので、お稲荷さんだけ見て撤収~。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
東高津宮
大阪市天王寺区東高津町4-8

存在も、上本町の駅から近いと言うことも、
ずいぶん前から知っていて、何度も行こうと計画したけれど、
行きやすそうだと言うことから、ついつい後回しにして、
なかなか行けなかった神社。

今回は、ここをメインに予定を組んだから、絶対行くもんね。

P1410623.jpg

正面の鳥居と社号標。
谷町九丁目、大阪上本町の駅の方から来ると、一旦階段を下った先にある。

P1410598.jpg

階段に行く途中に脇の鳥居があるのでそこからはいる。

P1410600.jpg

拝殿。

P1410625.jpg

本殿。
御祭神は、仁徳天皇、磐之姫命。
磐之姫って誰?仁徳天皇の皇后なんだ。

ここにも、皇后の祀られてる神社がありました。

P1410604.jpg P1410603.jpg

拝殿前の狛犬は、垂れ耳ちゃん。

P1410602.jpg

手水。

P1410609.jpg

としまいり石。
年増入りとな?!まあ確かに年増だけどさー('A`)
いやいや、歳詣りのようですよ。

百度石に似たもののようで、成功出世、商売繁盛、
入試合格等を祈願するときは、自分の歳だけ廻るんだそうで。
おおー。
だったら私は、お百度まいりの半分で済むのね!
(微妙に鯖読み(;^ω^))
でも、年とるほどに辛くなるよね、この方法。
神様も若い子が好きなのね?ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

ご安心を。
60過ぎたら年齢から60引いた数でいいんだって。
65才なら60引いて5回だけ回ればいい。
ただし。
願うのは「頭、心、体の健康」と「幸せ」だけ。
「だけ」というのもおかしいが。

やっぱり神様も若いコがいいのねヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

P1410612.jpg

王仁神社。

そんなことを思ってたら、ここでまさかのカメラぶん投げorz
ちょっと持ち替えようとしただけなのに、ストラップ、手首に通してるのに、
笑えるくらい勢いよく、スポーンとorz
SDカード入れるところのフタ、壊れたorz
爪でほじったら開くけど。
相変わらず、不遜なことを言うと、即行で罰が当たる私。

P1410617.jpg

磐船稲荷神社。
磐船かー、磐座ならそこかしこにありそうだけど、
磐船は山の中のイメージ。
上町台地が巨大磐船だったのだー。
なんてな(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ