鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
田簑神社 2
大阪市西淀川区佃1-18-14

TAMINO2 (1)

手水舎。

TAMINO2 (2)

柄杓が水盤に浮かんでた。
これは、前の人がテキトーに返したんじゃなくて、
どうやら、この位置にセットしておくと、
細くちょろちょろ出ている水が柄杓にたまって、
次の人がすぐ使えるという、親切仕様。
もちろん、私も使用後はこの位置に戻した。

TAMINO2 (5)

東照宮、金比羅宮。

TAMINO2 (6)

七重之社。

TAMINO2 (7)

稲生社。

TAMINO2 (3)

拝殿。

TAMINO2 (4)

本殿。
見えにくいが、四つの社が並んでいる。
御祭神は、底筒之男命、中筒之男命、表筒之男命、神功皇后。


3につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
田簑神社 1
大阪市西淀川区佃1-18-14

TAMINO1 (2)

田簑神社の入り口。
鳥居は1511年に建てられた物で、
この年代の物としては綺麗に残っている方だとか。

TAMINO1 (7)

しかし小じわは隠せないのだ orz

TAMINO1 (1)

その右側に社号標。

TAMINO1 (6)

社号標の裏。
震災で倒壊して、新しいのを建てたと書いてある。
そういえば、西淀川区は、大阪市内じゃ、被害が大きかった地域だった。

TAMINO1 (5)

古い方はというと、境内に復興記念碑と共に、
モニュメントとして残されていた。

TAMINO1 (3)

紀貫之の歌碑と、佃漁民ゆかりの地の石碑。
あと、「謡曲 芦刈ゆかりの地」碑があったらしいが、撮ってきてない。

TAMINO1 (4)

でも、こんな鳥居は撮ってきてるのー。
え、なに、これ何を拝むの?
となりのおうち?


と、いうところで、2につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
庄内神社
豊中市庄内幸町5-22-1

阪急庄内駅から、歩いて庄内神社を目指す途中、
突然、スマホの地図が現在地を示さなくなる。
地図はちゃんと表示されているので、
とりあえず、紙の地図と同じ使い方ならできる。
しかし最近は現在地表示という、便利機能に頼りっきりだったので、
いろいろ迷いつつもどうにか到着。

P1390153.jpg

社号標。

P1390152_20160125205426b8a.jpg

鳥居。

P1390146.jpg

境内社。

P1390147.jpg

絵馬かけ。

P1390148.jpg

拝殿。
御祭神は、保食神、宇迦之御魂神、応神天皇、神功皇后、
稜威雄走神、素盞嗚尊。

関連の薄そうな神様が多数祀られているところの例に漏れず、
こちらの神社も明治期に、近隣の7社が合祀された神社。

j-o-syonai.jpg

ご朱印。

なお、突然の現在地表示不能は、ポケットへスマホを出し入れするとき、
画面に触れた自覚なく、位置情報通知を切っていたためと判明。
めんどくせーなー、スマホ。
手帳型カバーを買えば済む話ですけどね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
今年も八坂神社でいただきました
京都市東山区祇園町北側625

毎年買ってる、阪急阪神ニューイヤーチケット。
普段なら1200円する阪急阪神一日乗り放題が、
正月期間だけ1000円。
そして、指定の神社仏閣で記念品がいただける引換券付き。

P1390141.jpg

今年も八坂さんに初詣。
初詣って言っていいのか?
既に5日だし、既に4社詣ってるし(笑)

P1390144.jpg

そして、チケットの引換券で、御神酒をいただいて、
杯もいただく。
これ貯まってきてるんだけど、どうしたらいいのかな?
酒は飲まないんだよね。
毎年、柄でも違えばイヤープレート的な使い方もできようが、
見ての通り、シンプルな神紋のみだし。

j-k-yasaka28.jpg

今年もご朱印いただきました。
今年は初めて男の人に当たったわ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大宮社
京都市西京区川島北裏町

次の目的地に向かうため、駅に戻る途中、
行きと違う道を通ってたら、鳥居があった。

P1390130.jpg

社号標。

P1390130-1.jpg

松尾七社之一と書いてある。
松尾七社は、調べてみたけどよく解らない。
松尾大社のお祭りの時に、御神輿とかがでる七社のことらしいが、
その時、ここからは御神輿がでるんじゃないとか、
そこに名がある大宮社は、松尾大社のことだとか、
いくつかのネット記事を見たが、なんかそんな感じ?
みたいな。

P1390132.jpg

手水舎。

P1390135.jpg

拝殿。

P1390134.jpg

本殿。

P1390136.jpg

本殿にはお餅が供えられてました。

P1390137.jpg

そして鳥居はつっかえ棒付き。
このタイプ、既に数基見ているので、珍しいものではないような。
でもなんだろう。
不安定にならないくらいの深さに埋めることができなかったのか、
両部鳥居の方が見栄えがいいんじゃないか?
とか、いろいろ考えてしまうのです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
三宮神社
京都市西京区川島玉頭町61

P1390092.jpg

革嶋春日神社を出て。

P1390114.jpg

角まで来て、右側。
生け垣の向こうにそれっぽい屋根。

P1390115.jpg

鳥居と社号標。
それとお正月らしく門松。

P1390120.jpg

拝殿かな、柵がしてあって入れません。

P1390121.jpg

手水舎。

P1390126.jpg

白山大明神と岩上大明神。

P1390122.jpg

拝所。

P1390129.jpg

本殿。
御祭神は、鵜葺草葺不合命。
ウガヤフキアエズと言えば、山幸彦の子で、
イツセや、カムヤマトイワレヒコの父。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
革嶋春日神社の狛犬
京都市西京区川島玉頭町

kawasima2 (1) kawasima2 (2)

革嶋春日神社の狛犬。
台座も天晴れな感じ。

kawasima2 (2-1)

両方阿形で、右側が珠を持っている。
ちょっとなんか、オリエンタルな感じ。

kawasima2 (1-1)

左側は子持ち。

kawasima2 (1-2)

お子さん、つぶれてはりますやん。
その上、親に比べて、彫りが荒い感じがするゾ(;^ω^)

kawasima2 (4) kawasima2 (3)

お稲荷さんの方の狛犬は小さめ。

kawasima2 (7)

こちらも、右が珠で、

kawasima2 (5)

左が子。

kawasima2 (6)

…なんだけど。
なんか、変わった顔だな。
ひげもじゃ?

kawasima2 (8)

こっちへ廻って、気がついた。
ああ、仰向け状態で踏まれてる、と。
あーあー、うん、ウチの猫もよくやる。
仰向けでお腹出してるから、気を許してると思って撫でようと手を出すと、
がっちりホールドからの猫キックってヤツ。
あれね?

違うか(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
革嶋春日神社
京都市西京区川島玉頭町

阪急桂駅から南南西へ。
正直、桂は嵐山への乗り換えでしか利用したことがなく、
今回初めて駅の外へ出た。

kawasima1 (2)

住宅街の細道を入って、突き当たり。

kawasima1 (6)

鳥居をくぐって左側に、2社並んでいる手前側。
門松と、小さい狛犬。
いや、門松ちゃうな。
鳥居の藁座っぽいところに、竹がさしてあって、
そこにお花が生けられてる感じか。

kawasima1 (7)

こちらはお稲荷さんぽい。

kawasima1 (1)

祠の狐が金ピカ!

kawasima1 (3)

こっちが春日神社か。

kawasima1 (4)

鹿もいるし。

kawasima1 (5)

祠。
山城国葛野郡川嶋荘に祀られてきた神社で、
春日大神が御祭神。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
住吉行宮正印殿址
大阪市住吉区墨江2丁目7

P1390090.jpg

住吉行宮正印殿址二、到着。
門が閉まってるので、外からお詣り&撮影。

P1390085.jpg

中央に石碑。

P1390087.jpg

左にひとつ。

P1390088.jpg

右に二つの祠。
右側は、額がついてるけど、遠くてうちのカメラでは読めません。

で、お参り済ませて帰ろうと振り返ると。

P1390089.jpg

長居公園通りやん。
(突き当たりのマンションの前の道)
無駄に大回り(;^ω^)
末廣大神に行けたから、無駄ではないか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
末廣大神
大阪市住吉区墨江3丁目1

次の目的地へ行くため、長居公園通りを渡る。
実は修理した旅ナビが、早速壊れたので、
最近はもっぱらスマホのGoogle地図だよりになっている。

そして、旅ナビでもよくやられたけど、Googleでもやられましたよ、
「ついたら目的地の裏」\(^o^)/

地図的に、戻らなくてもぐるっと回れば
行き着けそうだったのでそのまま進むと。

P1390073.jpg

地図にない神社。
これも旅ナビだよりの時によくあったけど、
Googleさんにも、引き合わせてもらえました。
予定外の神社(^ω^)

P1390074.jpg

祠。
名前的にも、紋的にもお稲荷さんだな。
ふっと、見上げると。

P1390076-1.jpg

おお。
現役の棟木札だ。
いいもん見れた(゚∀゚)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
浅澤神社と大歳社
浅澤神社
大阪市住吉区上住吉2丁目11

以前、住吉大社にお参りしたときに、工事中だったので、
今回お参りさせていただいた。
住吉大社はスルーしたけど(;^ω^)

P1390064.jpg

鳥居。
ちょっと小ぶり。

P1390057.jpg

鳥居をくぐると橋。
池に小島の弁天スタイル。
市杵嶋姫だし。
池の部分は、時期が来るとカキツバタが咲く。

P1390063.jpg

手水舎。

P1390060.jpg

水盤の縁の竜は、なんなんだろうか。
ここから水が出るのか。

P1390059.jpg

祠。

大歳社
大阪市墨江一丁目5

P1390067.jpg

大歳社は前回もお参りしたけど、今回も行く。

P1390068.jpg

本殿。

P1390070.jpg P1390069.jpg

狛犬。
吽形は太鼓の陰に隠れてる。

P1390071.jpg

帰りがけに気づいたけど、手水舎の屋根に、

P1390072.jpg

なんか愉快な子がいた。
こんなキャラクターいたような気がするが、思い出せない。
( ^o^) これか?
いや、ちょっとちがうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
丸山龍王
大阪市住吉区墨江1丁目6

丸山龍王、お選大明神、お満大明神。

丸山大明神から南に進むと、細井川の堤防にでる。
そこから東に。
住吉大社の境外社、浅澤社や大歳社のある方へ進む。

ここは下調べの時に場所が良くつかめず、
細井川沿いということだったので、川向こうを見ながら移動。
途中で、公園の向こうに鳥居が見えたので、
そこへ向かう。

P1390055.jpg

浅澤社と、大歳社の間の橋を渡る。

P1390066.jpg

渡ってすぐ、川沿いの道を西に戻る形で曲がる。
しばらく行くと、小さな公園の向こうに鳥居。

P1390048_20160114223112eb5.jpg

右側が公園。

P1390051.jpg

祠。
ここは特に何か書いたものは見あたらず。
丸山大明神とは丸山つながりだけど、地名かな?
川沿いで龍王だし、川の神様、水の神様なんだろう。
両脇に、女性名っぽい大明神だと、
生贄とか人柱とか、妄想しちゃうなー。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
丸山大明神
大阪市住吉区住吉2丁目14-4

行きは南海高野線の帝塚山駅から来たが、
万代池の最寄り駅は阪堺電車の帝塚山三丁目。

P1390036.jpg

帝塚山三丁目から阪堺電車に乗って、住吉鳥居前で降りる。
乗ってきたのとは違うけど、
アドベンチャーワールドのパンダが可愛かったので(笑)

P1390035.jpg

お正月準備中の住吉さんを眺めつつ素通り(笑)
住吉大社の南側へ。

P1390041.jpg

住宅街の角っこ。

P1390042.jpg

このあたりは、歴史的景観とかを整備した
「丸山の庭」というゾーンになっているらしい。

この看板によると、丸山大明神は、
仁徳天皇の子、墨江中王の祀られた丸山塚で、
後の履中天皇である兄と対立して破れ、
天皇に背いたということで公式の墓がなく、
縁の深い住吉大社(ひいばあちゃんが神功皇后)の
近くの丸山塚に葬られたんだそうだ。

P1390044.jpg

祠。

P1390045.jpg

幕の紋が稲荷紋だから、お稲荷さんも祀られてるのかな。



鳥居とかご朱印とかまとめてます。
電車乗っていくねん」昨日更新。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
古池龍王
大阪市住吉区万代3丁目7万代池公園内

南海高野線に乗って、帝塚山へ行くために電車待ち。

P1390018.jpg

高野山へ行く、特急こうやが来た。
高野山開創1200年のラッピング電車。
なぜにこの年末(この日は12月30日)に桜?と思ったら。

P1390019.jpg

四両編成の一両づつで四季のラッピングになってた。
動き出してから気づいたので、夏は撮りそびれ。

こうやをお見送りして、各駅停車に乗り、帝塚山へ。
そこから東、万代池へ。

P1390020.jpg

池の中の小島。

P1390022_201601142136163c0.jpg

そこに古池龍王が。
「ふるいけりゅうおう」か、「こいけりゅうおう」か。
たぶんふるいけりゅうおう。

P1390028.jpg

写真では解りづらいだろうけど、鳥居の色が青灰色。
ネットでは見たことあるけど、青系の鳥居は初めて。
( ゚Д゚)ウヒョーテンション上がるぅ~

P1390025.jpg

石碑。

P1390031.jpg

古池龍王を中心に、八柱の龍神様が祀られてるよう。

P1390032.jpg

その上に書かれているのは、
「南無妙法蓮華経」か?
神社に分類したけど、寺に入れた方が良かったかな(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
上宮天満宮 4
高槻市天神町1-15-5

JOGU4 (1)

神輿庫と、なんか石碑群。

JOGU4 (2)

神具小屋と、

JOGU4 (6)

絵馬堂。

JOGU4 (7) JOGU4 (9)

拝殿のところの狛犬。
なんでも、関西圏に多く見られる浪速狛犬の内の、
上宮型狛犬といわれるもので、高槻市最古のものなんだそうだ。

うん、まあそのうち狛犬の型の勉強もしよう。
そのうち。

JOGU4 (10)

で。
行きがけに、授与所が開いてるのを確認してたので、
御朱印をもらおうといってみたら。

JOGU4 (8)

閉まってるし(笑)

JOGU4 (4)

カウンターのお品書きに「ご朱印」の値段も書いてあるし、
人がいればもらえるのは確実のよう。

JOGU4 (3)

ということで社務所に廻る。
なんか作業してる人居るし、さっきまで授与所も開いてたし、
まだいるよね。

JOGU4 (5)

無事、書いてもらうことができたので、しばし待つ。

j-o-jougu.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 758
今日は、いつも神社めぐりに一緒に行ってる宙海さんが、
「“あさが来た”のゆかりの地めぐりに行きたい」と言うので、
その辺を中心に行ってきた。

私は見てないんだが、ネットで、ちょうど五代友厚が
亡くなるあたりだと読んでいたので、
「ごだいくんがしんじゃう」とか旧森雪っぽく言いつつ、
肥後橋から天満橋あたりを。

P1390338.jpg

少彦名神社。
ゆかりの地、メインなので、新しい神社はほぼ行ってないけど、
ここは鳥居を撮ってなかったので、今回掲載。
一ヶ所だけ行った新しい神社は、鳥居がなかった。
残念。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
上宮天満宮 3
高槻市天神町1-15-5

上宮天満宮の境内社とか。
拝殿に向かって右側。

JOGU3 (6)

厳島神社。

JOGU3 (5)

春日神社。

JOGU3 (8)

皇大神宮。

JOGU3 (4)

神楽所、御霊屋。

JOGU3 (7)

本殿後方左側。
荒神社、稲荷社、金比羅社、日吉社。

そして、下調べ中に発見して、楽しみにしていた。
本殿裏側の。

JOGU3 (1)

守護天神。

JOGU3 (2)

お賽銭箱の上の猫の像。
子猫三匹かと思ったらタイトルは「家族」
ちなみに賽銭箱の右には、猫のごはん、
左は小鳥のごはんの寄進箱になってました。

JOGU3 (3)

帰りがけに、行きは見過ごしてた境内社を見つけた。

JOGU3 (9)

野身神社。

JOGU3 (10)

宿禰塚という古墳に建っている神社で、
野見宿禰が祀られているとか。
南に2キロほど行ったところにも、野見神社というのがあるが、
関係はどうなんでしょうね。

4につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
上宮天満宮 2
高槻市天神町1-15-5

JOGU2 (1)

手水舎。

JOGU2 (10)

水口。

JOGU2 (2)

割拝殿。

JOGU2 (3)

左右に絵馬かけ。

JOGU2 (4)

天神さんなので、牛。

JOGU2 (5)

本殿。

JOGU2 (6)

酒樽のところにもにゃんこ。
御祭神は、武日照命、野身宿禰命、菅原道真命。
菅公聖蹟二十五拝第24番。

JOGU2 (8)

JOGU2 (9)

JOGU2 (7)

ここの本殿は、主に竹製。
秀吉によって建てられた旧本殿があったんだけれど、
賽銭泥の小僧に放火されて消失。
秀吉が社殿を建てた頃って(1590年)
高槻は高山親子の頃じゃなかったかしら?
その時代を乗り越えたのに、賽銭泥に放火って…
形あるものは、皆壊れるのね。

と、いうことで3につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
上宮天満宮 1
高槻市天神町1-15-5
じょうぐうてんまんぐう。

私は阪急民なので、阪急高槻市駅から出発だが、最寄り駅はJR高槻。
西武高槻の横を通って北へ。

JOGU1 (1)

一の鳥居。

JOGU1 (2)

額束に、梅鉢。

JOGU1 (3)

天神町一丁目の交差点。

JOGU1 (4)

今時っぽい、横書きの社号標。

JOGU1 (4-1)

ローマ字のフリガナ付きだと、読み違いがなくていいね。
でも、この書き方だと、「ジョグーテンマングー」じゃないのか。
むしろ「JOGU-TENMANGU」でよかったんじゃないのか。
なんで「U」だけ、延ばす記号付きなのか。

っていうか「うえのみやてんまんぐう」じゃないんだ。

JOGU1 (5)

社頭参拝所。
後ろの坂を上らなくても、気軽に参拝できるようにと、鎮座しているそうだ。
デブにもやさしいシステムだが、
お言葉に甘えて、ここでお参りを済ませてしまうと、
電車に乗って来た意味がない(笑)

JOGU1 (6)

上るわよ!と、気持ちをふるって階段を上り、
鳥居をくぐれば、そこからは坂。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ーまだ登のかー。

JOGU1 (7)

登り切ったら、三柱山門。

JOGU1 (8)

山門の手前にご褒美。

JOGU1 (9)

ここの子かー。
下調べでいろいろ読んだでー。
いらん情報も入ったけどなー。
疲れは癒えないが、心は和む。
はーもふもふ。

2につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
稲荷宮
草津市渋川1丁目3

伊砂砂神社を出て、旧中山道を草津駅に向かって自転車漕いでると、
途中左手に史跡っぽいものが見えて、
ひょいっとそっちに顔を向けると。

P1380866.jpg

鳥居が見えた。

P1380871.jpg

社号標。
側面には、伊砂砂神社御旅所。

P1380867.jpg

コンクリ製の祠。

お参り済ませて帰路につく。
帰りは極力、スルッとKANSAI3dayチケットが使いたいので、
石山から京阪に乗り換え。

京阪大津線といえば、痛電車ラッピング電車。
今は何が走ってるのかなーっと、浜大津で乗り換え待ち。

keihan (1)

これは、あれか。
鉄道むすめとか言うヤツか。

keihan (2)

大津線の石山ともかちゃん。

で、私が乗るべき電車が来たので、乗り込んで発車待ちしてたら。

keihan (3)

反対方向に、別のラッピング車が来た。
あわててドアからとったら、一部しか撮れなかったけど、
響けユーフォニアムだった。

ユーフォ、夏アニメくらいじゃなかったっけ?
そして、大津線でなくて宇治線だったはず。
とりあえず、今年度いっぱい走るらしい。

乗るたびに、なにがしかのラッピング車に当たるが、
たまには趣味にあったのに乗りたいなー。
まあ、坂本石山間で、「鬼灯の冷徹」や「聖☆お兄さん」の、
ラッピング電車が走ったら、それはそれで、日本らしいなーと思いつつ、
「おけいはん大丈夫か」と心配しますが(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伊砂砂神社 3
草津市渋川2-2-1

伊砂砂神社の狛犬。
イワナガヒメの神社だからか、石製狛犬がとてもご陽気(^ω^)

isasa3 (1)

八幡宮の狛犬。

isasa3 (2)

ヨーダかギズモなみのヨコミミ。

isasa3 (3)

拝所前の狛犬。

isasa3 (4)

ほっぺプルンプルンしたくなる下ぶくれ感。

isasa3 (5)

鳥居脇の狛犬。

isasa3 (6)

「だはー」って感じで可愛い。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伊砂砂神社 2
草津市渋川2-2-1

伊砂砂神社の境内社。

isasa2 (1)

天満宮。

isasa2 (2)

名前不明。

isasa2 (3)

名前不明。

isasa2 (4)

八幡宮。

isasa2 (5)

龍神社。

isasa2 (6)

遙拝所。

isasa2 (7)

福壽殿。
七福神の内、戎、大黒、福禄寿の三神の名前が掲げられてました。

3につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伊砂砂神社 1
草津市渋川2-2-1
いささじんじゃ。

isasa1 (6)

社号標。

isasa1 (2)

手水舎。

isasa1 (1)

ここは、こんな所に住居表示(笑)

isasa1 (3)

拝殿。

isasa1 (5)

拝所。

isasa1 (4)

本殿。
御祭神は、石長比賣命、寒川比古命 寒川比女命 、
伊邪那岐命 素盞鳴尊。

isasa2 (8)

拝所の前に、ハトっぽい鳥がいたので、てっきり八幡様かと思ったが、
イワナガヒメなんだ。
なんの鳥なんだろう?

その2へつづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 756、757
今日も、ニューイヤーチケットで阪神沿線の神社。

P1390157.jpg

田簑神社。

P1390226.jpg

厳島神社。

今日は、神戸高速鉄道も利用したので、
利用額1460円。
460円のお得でした。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 752~755
今年初の神社めぐりに行ってきた。
ちなみに初詣はちゃんと、元日に近所の神社に行った。
その足で、スーパーの初売りにいったら、
開店時間を一時間間違えてて、出直した(笑)

毎年阪急電車ででる、正月期間用のニューイヤーチケット。
阪急阪神の一日乗車券で、普段だと1200円のところが
1000円で乗り放題。

とはいえ、阪急阪神だけだと毎年1000円使うのに苦労するんだな。
今回も1130円分の利用でした。

まずは桂で下車して、

P1390093.jpg

革嶋春日神社。

P1390117.jpg

三宮神社。

P1390131.jpg

大宮社。

ここから河原町まで行って、八阪神社にお参り。
そして、庄内まで行って、

P1390152.jpg

庄内神社。

ここから新開地に行こうと思ったんだけど、
庄内で盛大に道に迷ってへとへとに(;^ω^)
コンデジの電池も切れたし、天気も下り坂。

ということで、切り上げて帰ることにしました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
芳兵衛稲荷 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


堺市堺区大浜北町4丁3大浜公園内4

当時、テレビで南極物語をやっていたので、
樺太犬像を見に、大浜公園へ行った。
さすが、内国勧業博覧会の会場だっただけあって、
あちこちに史跡とかあって、いろいろ見所のある公園でした。

その大浜公園のたぶん北側。
防災広場の外周あたりだったような気がする。
なにぶん4年ほど前なので、記憶があやふや。

GEDC2184_20151229140012f4e.jpg

芳兵衛稲荷。

GEDC2188.jpg

明治時代、東洋一と称された堺水族館があり、
戦後間もない頃、当時の水族館長が、高熱を出し、
白狐を殺した祟りではないかといわれ、
お稲荷さんが建立され、祈祷されたんだとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
食べ物神社
キノコの神社に行って、思い出した食べ物系神社。

稲はもう、全国一二を争う神社数の稲荷神社があるし、
酒、水も沢山あるので、それ以外で、行ったことがあって、思い出せた分を。

s-yamakage.jpg

まずは京都の吉田神社の山蔭神社は、料理の神社。

s-kaso.jpg

同じく吉田神社の菓祖神社。
お菓子の神社。

s-rin.jpg

奈良の漢国神社の林神社。
おまんじゅう。

s-aiba.jpg

京都の、深泥池貴船神社の秋葉神社。
すぐき(お漬け物)

s-mizunasu.jpg

大阪、泉佐野の住吉神社の水なす顕彰社。
水なす。

s-itigo.jpg

和歌山電鐵貴志駅の、いちご神社。

あと、神使だとあれとかこれとか、
食べる人もいるかな?クラスだと、
あれも、これもと、いくつか思い浮かぶけど、
正月だし、生き物=食材系は自重(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
2016年 丙申
今年は申年。

saru (4) saru (3)

新日吉神宮のお猿。

saru (2)

saru (1)

真如堂の近くの日吉神社のサル。

saru.jpg

そして京都市動物園のお猿さん。

今年もどうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ