鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
大神社
大阪市鶴見区茨田大宮1-18-17
おおかみしゃ、または大宮神社。

P1260825.jpg

社号標は、大宮神社。

P1260834.jpg

拝殿
御祭神は、天照皇大神。
拝殿の左側にある脇社は、火車大神。
火車と言えば、つい、妖怪を思い出すが、
天空より降臨された、火難よけの神様だそうだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
堤根神社
門真市大字稗島422

P1260807.jpg

鳥居。

P1260816.jpg

白龍大神。

P1260814.jpg

拝殿。
御祭神は、天照皇大神・素盞嗚神・大己貴神。

明治の頃、三島神社に合祀されたが、終戦後、現在の地に独立した。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
三島神社
門真市三ッ島1-15-20
地下鉄門真南駅から、北東方向。

P1260781_20140305191709e9d.jpg

みつしまじんじゃ。

P1260792.jpg

拝殿。
御祭神は、天照皇大神・大己貴命・素盞嗚尊。

P1260799.jpg

稲荷大神、楠大神、白鬚大神。

P1260794.jpg

その両方に、見切れているのが、この巨木。
ででん!

薫蓋樟(くんがいしょう)と言う、国の天然記念物の楠で、
周囲約13m、高さ約30m、枝は東西に約40m伸びているとか。
写真で大きさが伝えられないのがもどかしい。

根本の歌碑に、「村雨の雨やどりせし唐崎の 松におとらぬ楠ぞこの楠」
と刻まれているらしい。
ここへ向かう途中、雨に降られたんだよね。
この歌を詠んだ、千種有文卿の追体験をさせてやろうという、心遣い?
でも、神社に着いたら、止んじゃったんだよね。

P1260786.jpg

御朱印を頂きに行った、社務所前のわんこ。
黒いネッカチーフがステキよ。

j-o-mitusima.jpg

ご朱印。
緑色のは、薫蓋樟の印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
開口神社
堺市堺区甲斐町東2-1-29

阪堺電車の大小路駅から南の方へ。

P1260750.jpg

道路側の鳥居。

P1260756.jpg

手水舎。

P1260758.jpg

水口を背負ってるのは力士だろうか?

P1260758 (2)

その水盤に刻まれた印、丸の中に十字手裏剣みたいなのがあって、
その真ん中に十字が彫ってある。
神社の神紋とも違い、謎の紋様なんだとか。
真ん中の十字から、隠れキリシタン関係か?とも言われてるとか。

P1260752.jpg

拝殿。
塩土老翁神、素盞嗚神、生国魂神。

j-o-aguti.jpg

ご朱印。
墨書きにもある「大寺」は、ここの神社の通称で、
かつて存在した神宮寺「念仏寺」に由来する。
平安期に空海や空也と係わりがあって、繁栄してたんだそうだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
菅原神社
堺市堺区戎之町東2-1-38

阪堺電車の大小路駅から、東へ。

P1260707.jpg

大きなお屋敷の門かと思ったら、ここが菅原神社だった。

P1260709.jpg

表側の鳥居と随身門。
ここからちょっと左に言った先の、小さめの鳥居をくぐると、

P1260715.jpg

菅原神社の本殿の拝殿。
あの門構えは何?って感じだなあ(;^ω^)
いや、境内は広いんですけど。

P1260717.jpg P1260719.jpg

拝殿前の狛犬と、

P1260718.jpg

その間の手水?
公式サイトの写真とはちょっと様子が違うけれど、
水盤とかが同じっぽいので、手水の水盤を支えるあまのじゃくっぽい。

P1260720.jpg

堺戎神社。
南大阪随一の「えべっさん」として親しまれているとか。
戎之町・戎島町のえべっさん2社を合祀してるからか、
こっちの方が社殿が大きい気がする。

P1260725.jpg

薬祖神社。
Google地図だと、倍率高いうちは、この薬祖神社の方がでるのよね。
拡大していくと菅原神社も出るけど。
日本最古の薬祖神社なんだそうだ。

P1260721.jpg

で、この人は誰だ?薬関係者?
調べたら、江戸時代の思想家、倫理学者で、石門心学の開祖の、
石田梅岩という人だった。

j-o-s-sugawara.jpg j-o-s-ebisu.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 522~526
スルッとKANSAI3dayチケット、3日目。

P1280888.jpg

野々宮神社。
この次ぎに、土塔神社に行ったが、鳥居なし。

P1280999.jpg

堪輿神社。

P1290011.jpg

百舌鳥神社。

P1290042.jpg

牧野大明神。

P1290073.jpg

萩原神社。
萩原神社の、表の鳥居。
写真撮ったけど、逆光でモニターが見えず、
撮れてると思ったのに、ボケてて全滅(>_<)
なんかね、キョーレツに光が入ると、それにピントあわしちゃうみたいなのね。
いつもなら、モニターでボケてるの確認したら撮り直すんだけど、
そのモニターも、周りが明るすぎて見えず。 orz
なので、脇参道の鳥居。

で、今日のスルッとKANSAI3dayチケット利用額は、
2570円。
3日合計で、7700円。
2500円のお得でした。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
高須神社
堺市堺区北半町東3-5

阪堺電車の高須神社駅すぐ。

P1260699.jpg

玉垣と一体化した鳥居と、社号看板。

P1260702.jpg

社殿というか、全てをまとめた建物。

P1260703.jpg

中央の入り口に向かって右側のこの辺りが本殿の拝殿。
稲荷大明神の幟が立ってるから、お稲荷さんなんだろう。
左側は、社務所か授与所っぽい。

P1260706.jpg

建物の北側には、摂末社がずらり。

P1260705.jpg

これだけあるようです。
ここにもお稲荷さんあるけど、お稲荷さんて、
2社3社同じ境内にあるのって、結構あるよね。
五柱そろって、イナリンジャー、みたいなところとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
阿倍野神社
大阪市阿倍野区北畠3-7-20

建武中興十五社のひとつで、近畿だと、奈良の吉野神宮、
神戸の湊川神社、大阪の四條畷神社がある。

(建武中興十五社とは、建武中興(建武の新政)に尽力した
 南朝側の皇族・武将などを主祭神とする15の神社である。
 wikipediaより)

P1260659.jpg

社号標と、提灯の台。
提灯の台はどう見てもアレなので、聞いてみたら、
やっぱり、壊れた鳥居の柱だった。

P1260671.jpg

手水舎。
水盤に乗っかる巨大狛犬?

P1260673.jpg

いや、狛犬的には、そう大きくもないが、
水口としてはでかい。
いやもっと大きいのもあるだろうけど、その場合手水舎自体が、もっと大きい。

P1260674.jpg

どれくらいの大きさかというと、ダンボーミニ(8cm)が
口に入ってこのくらい。

P1260666.jpg P1260668.jpg

狛馬。
狛駒か、コマコマの方がコマウマより可愛い気がする(^ω^)
と、言うか、この二頭の間に「幸誘う語らい神馬」と書いてあったから、
神馬なんだろう。

P1260685.jpg
P1260685.jpg

拝殿。
御祭神は、北畠顕家、北畠親房。

j-o-abeno.jpg

ご朱印。

このあと、神社の方に、お庭など案内していただき、
ここが新名所、と指す先を見たら、阿倍野ハルカスがよく見えた。
そして、お土産にメタセコイアの実をいただく。

P1270074.jpg

松ぼっくりによく似た、セコイアぼっくり(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
(天神ノ森)天満宮
大阪市西成区岸里東2-3-19

P1260656.jpg

社号標。
社号標には「紹鷗森天満宮(じょうおうのもりてんまんぐう)」と書いてある。
堺の豪商であり茶人の、武野紹鷗(たけのじょうおう)が、
当地の森に晩年隠棲していたことに由来するとか。

P1260643.jpg

手水舎。

P1260696.jpg

拝殿。
御祭神は菅原道真。

j-o-tenjin.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
松乃木大明神
大阪市西成区太子2-3

商店街の裏の住宅街を奥に入って行った場所にあるので、
なかなか見つけづらい神社。
一応行ってみたいと思われた方のために、ざっと道順を書くと、
阪堺電車の今池駅を下りて、東側に行き、スーパー玉出天下茶屋店の
前の道を渡って商店街に入り、パチンコ屋さんをくるっと廻る形で、
北側の道に入って西へ進み、2本目の横道を北に進んで突き当たり。
(平成26年2月24日参拝)

P1260615.jpg

鳥居。
見ての通りの小さな神社。

P1260601.jpg

入って右手に、薬師如来。

P1260599.jpg

左には、近松門左衛門の碑。

P1260614.jpg

正面に、祠。

P1260603.jpg

御祭神は、松乃木大明神。
キツネさんがいるので、お稲荷さんなんだろう。

この神社には、大阪の神社ローラー作戦的巡りをする前から
一度は来たかったところだった。
なぜなら、ここが猫絡みの神社だから。

P1260597.jpg

猫塚。
これを見に来た。

この塚は、まあ、形から想像つく方もいらっしゃるだろうけれど、
三味線の供養塚な訳で、三味線に係わる方々が、
猫の供養のために立てられたのだとか。

P1260608.jpg

そういうことを知ってか知らずか、境内にいた猫。
結構男前(^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
安倍晴明神社と、阿部王子神社のご朱印
阪堺電車の一日乗車券を買って、沿線の神社巡り。
阪堺電車の沿線は、神社仏閣、史跡も多く、
あれもこれもと目移りするが、時間と体力を鑑み、
神社のみに的を絞ってみた。
それでも、予定をいくつかけずることになったが。

天王寺から乗車し、まずは東天下茶屋で降りる。
むかうは安倍晴明神社と、阿部王子神社。
両社とも、以前参拝したが、御朱印を頂いていないので、
頂きに行く。

安倍晴明神社
大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16

P1260512.jpg

鳥居と社号標。

P1260539.jpg

拝殿。

j-o-seimei.jpg

ご朱印。
ここのご朱印は、阿部王子神社で、との事前情報だったが、
以前訪れたときにしまっていた授与所が開いていたので、
聞いてみたら、やっぱり阿部王子神社で、とのこと。

じゃあ、そっち行く。

阿部王子神社
大阪市阿倍野区阿倍野元町9-4

P1260548.jpg

安倍晴明神社と、道並びの方の入り口。
脇参道、と言うことになるのか。
左右に二本づつ並ぶ木霊神。

P1260555.jpg

今日も木霊神は、幹から顔を覗かせておられる。

P1260568.jpg

バス停側の鳥居。
こっちが表か。

P1260583.jpg

拝殿。

j-o-a-ouji.jpg

ご朱印。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
ムクノキ大明神
高槻市大手町3

高槻城跡によって、さあ帰ろうと、商工会議所の近くまで来たら。

P1260490.jpg

鳥居発見。
ちなみに、右手の緑は野見神社。
野見神社に行ったときは、全く鳥居に気づいてなかった(;^ω^)

P1260486.jpg

鳥居。

P1260488.jpg

祠。

P1260492.jpg

歩道側の説明書きによると、ここは昔高槻城の、三の丸の一角で、
大きな椋の木が生えていた。
当時は年に一回、庶民が参加する盆踊りが城内で開かれていて、
その接待所が、椋の木の辺りだったとか。

当時の椋の木はもう残っていないけれど、
その跡に祠を建て、椋の木大明神として、祀っているのだとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
八幡大神宮
高槻市八幡町2-9

P1260469.jpg

社号標。

P1260452.jpg

拝殿。
御祭神は、応神天皇、天児屋根命、建御名方命。

P1260459.jpg

紅白っぽい鳥居。
赤い方は稲荷神社で、白い方は月読神社。
御祭神は、豊宇気大神と、

P1260442.jpg

月読神社??
そこは、月讀尊か、月讀大神じゃ?

P1260454.jpg P1260455.jpg

拝殿前の狛犬。
阿形は、顔まね中のコロッケみたいだし、
吽形は、かなり出っ歯。

P1260456.jpg

ハハー、しゃいならー。
(古すぎて、つたわんないかー平和ラッパなんてー(;^ω^))


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 518~521
今日も、スルッとKANSAI3dayチケットを使って、
大阪南部、南海線沿線巡り。

P1280744.jpg

さあ、一発変換できるかチヌ神社。
無理か(;^ω^)
茅渟神社。
おお、二つめの候補に入ってた。

P1280757.jpg

里外神社。

P1280822.jpg

感田神社。

P1280827.jpg

忠岡神社。

意外と移動に時間を取られて、4社。
ピックアップは倍ほどしていったんだけど、
なんか疲れてしまった。
気温が上がるとどうもね(;^ω^)

今日の利用額は、2940円。
2日で、5130円。
あと70円で元とれる(^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
永井神社
野見神社内にある永井神社。
野見神社の摂末社のひとつで、藩祖永井直清の霊神をお祀りしている。

藩祖。
聞き慣れない言葉だな。
まあ、読んで字の如く、藩の初代領主とか、藩主の先祖とか。

ん?城址公園に像のあった、高山右近ではないのか。
そういや、幕藩体制は江戸時代からか。
そもそも高山親子はキリシタンか。
坊主も平気で、祀っちゃうけど、さすがキリシタンは祀れないか。
そもそも、高山親子のせいで、信徒取られて立ちゆかなくなったり、
一説には弾圧されたとか言うし、祀らないか(;^ω^)

永井家は、初代藩主ではないけれど、一番長く藩主をやった家柄で、
その初代を祀っているようです。

P1260426.jpg

鳥居。

P1260427.jpg

唐門。
ここは閉まっているので、右の方からはいる。

P1260428.jpg

拝殿。

P1260429.jpg P1260430.jpg

拝殿前の狛犬。

社殿並びに唐門は、高槻市の指定有形文化財なんだそうですよ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
野見神社
高槻市野見町6-6

参拝に訪れたこの日は、ちょうど確定申告の期間中で、
この神社の隣の建物でもやっていたらしく、警備員さんがでていたので、
自転車を止める場所を聞くと、奥の方に留めると、神社の入り口に近いですよ、
と教えて貰ったので、裏側から入った。

ちなみに隣の建物は役所かと思ったら文化ホールだった。

P1260412.jpg

いくつかある摂末社のひとつ。

P1260413.jpg

護国神社。

P1260415.jpg

本殿の拝殿。
御祭神は、須佐之男命、野見宿禰命。

P1260440.jpg

手水舎。

P1260437.jpg

たぶん、こっちが表の鳥居。

P1260435.jpg

社号標。

j-o-nomi.jpg

表の方からはいると、すぐに社務所があり、そこで頂いた御朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
春日神社
高槻市春日町8-14

P1260393.jpg

交差点の角地に、だだっ広い境内。

P1260398.jpg

手水。

P1260400.jpg

拝殿。

P1260404.jpg

拝殿、右の石仏。
こういうペイントタイプの石仏は、時々見る。
古くなって、仏さんの顔が解りづらくなったから、こうやって顔を描くのか。
それとも、こういうタイプの石仏があるのか。

P1260405.jpg

拝殿の額。

これを見るに、御祭神は速素戔烏命、天児屋根命、応神天皇。
ん?素戔嗚ではないのか。
口がないのは、何か意味があるんだろうか。
なんか、意味深。

で、春日神社だから、御祭神は春日大神ではないの?と思ったんだけど。
春日大神(武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神
四柱のうちの天児屋根命がいるからいいのか。
なんとなく、武甕槌命がメイン神だと思ってたので、
なんか、ちょっと意外だった。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
素戔嗚尊神社(庄所神社)
高槻市中川町4-27

P1260378.jpg

社号標は、庄所神社。
しょうどころじんじゃ。

P1260382.jpg

鳥居の額は素戔嗚尊神社。
すさのおのみことじんじゃ。
庄所神社は通称。

P1260390.jpg

手水舎。

P1260384.jpg P1260383.jpg

拝殿前の狛犬は、カクカクしてる割に、可愛い。
頭が大きいから?
狛犬って、結構頭大きいの多いよね?

P1260386.jpg

拝殿。
御祭神は素戔嗚尊。

御朱印を頂こうと、お尋ねしたら、前のが、壊れたので今新しいのを
作ってるところと言うことだった。
このお詣りしたのが、2月の中旬。
3月には、とのことだったので、もう出来てるんじゃないだろうか。

暑くなる前に、また行かないと。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
貴船稲荷大明神と、道祖神社
阪急高槻市駅で自転車を借りて、地図で調べた道祖神社へ
向かおうと思ったら、線路沿いのビルの横に、神社発見。

高槻市紺屋町9

P1260362.jpg

貴船稲荷神社。

P1260363.jpg

貴船神社なのか、稲荷神社なのか。
両方勧請されているのだろうか。

お詣りだけして、そのまま道沿いに進む。

高槻市上田辺町19

P1260369.jpg

これも、社号標なんだろうか。

P1260374.jpg

手水舎。

P1260375.jpg

お社。
御祭神は、どなただろう。
道祖神だから、猿田彦命か。
天鈿女命もいらっしゃるんだろうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
泉尾神社
大阪市大正区泉尾2-17-8

JRまたは地下鉄大正駅から、市バス永楽橋筋下車。
西へ200m。

P1260184.jpg

手水舎。

P1260186.jpg

雰囲気、センサー式っぽいけど、水は出なかった。

P1260187.jpg

拝殿。
御祭神は、住吉大神 大国主大神 八幡大神。

P1260191.jpg P1260190.jpg

拝殿前の狛犬。
かなり、ムキムキ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
八阪神社
大阪市大正区三軒家東6-14-12

JRまたは地下鉄大正駅から、市バスで永楽橋筋下車。
東へ200m。

P1260159.jpg

鳥居と社号標。

P1260163.jpg

拝殿。
御祭神は、素戔嗚尊、応仁天皇、仁徳天皇、菅原道真。

P1260166.jpg

本殿左側の、祠の側にライオン。
右の祠が、ライオン系?と聞いてみたら、これは獅子なんだそうで。
ライオン=獅子、ではなく、狛犬の獅子。
元は対になっていたものが、片方が破損して、
1体だけになったもの、だそうです。
対の狛犬の、一方が狛犬、高麗犬で、一方が獅子なのは当たり前なんだけど、
こんなにライオン風の獅子はあんまり見たことないな。
たてがみ、フッサフサですよ、フッサフサ。

そういや、大正区は沖縄から来た人が多いので、
来る途中に、シーサーを飾ってるおうちを何軒か見たんですが、
この獅子より、シーサーの方が狛犬っぽいよね。
まあ、大元は同じなんでしょうけれど。

j-o-yasaka.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
菅原神社
大阪市平野区加美鞍作1-5-17

P1260132.jpg

社号標。

P1260132-1.jpg

社号の肩に「元?神社」とある。
平野区のサイトに、「もと天児屋根尊を祀り橘宮と称したが、
のちに天神社と称して、菅原道真公を祀る」と、あるから、
「元天神社」か?

P1260136.jpg

手水舎。

P1260143.jpg

拝殿。

P1260144.jpg P1260145.jpg

狛犬。

P1260147.jpg

杉丸稲荷大明神。

P1260149.jpg P1260148.jpg

狛犬。

社務所はあったが、お留守だったので、ご朱印のあるなしは不明。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 513~517
今年は増税の関係か、発売日が去年より遅く、
しかも値上がりしたスルッとKANSAI3dayチケット。
5200円になったが、それでも、使い勝手はよいので、
早速購入して出かけた。

P1280507.jpg

天孫神社。
大阪の桜は、もう大夫散ってしまったのだけれど、
大津の桜はまだまだ咲き誇ってました。

P1280543.jpg

蛭子神社。

P1280549.jpg

彦田稲荷神社。

P1280554.jpg

倭神社。

P1280589.jpg

長澤神社。

今日から新学期だとは解っていたが、そういや、初日は、早く終わるのね。
12時過ぎに、学生でいっぱいの電車に乗ることになろうとは(;^ω^)

3dayチケット初日利用額は、2190円でした。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
杭全神社の狛犬
杭全神社には、いろいろな狛犬がいた。

P1260130.jpg P1260129.jpg

一の鳥居の狛犬。

P1260066.jpg P1260067.jpg

第一本殿の狛犬。

P1260069.jpg P1260070.jpg

第二本殿の狛犬。

P1260072.jpg P1260073.jpg

第三本殿の狛犬。

P1260076.jpg P1260077.jpg

鎮守社の狛犬。

P1260084.jpg P1260085.jpg

恵比須神社の狛犬。

P1260091.jpg

草木の植わってるところにいた狛犬。
相方見つけられず。
もしかしたら狛犬じゃないのかも?

P1260094.jpg P1260095.jpg

十柱神社の狛犬。

P1260100.jpg P1260101.jpg

最後に吉岡稲荷大明神のキツネ。

いやー堪能した(^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
杭全神社
大阪市平野区平野宮町2-1-67

P1260019.jpg

国道25号線沿いの鳥居。

P1260026.jpg

参道の田圃。
御田植え神事とかあるから、その田圃だろうか。
柱には五円玉の模様が彫ってあった。

P1260028.jpg

参道の宇賀神社。
他に、天満宮拝所とか、筆塚とかあった。

P1260039.jpg

楠の向こうに、大門。

P1260053.jpg

手水舎。

P1260058.jpg

拝殿。

P1260064.jpg

第1~3本殿。
御祭神は、第一本殿が、素戔嗚尊。
第二本殿が、熊野三所権現(伊弉册尊・速玉男尊・事解男尊)
第三本殿が、熊野證誠権現(伊弉諾尊)

P1260120.jpg

伏牛。

P1260122.jpg

こういう状態を、我が家では「うー」という。
小さい子がお風呂上がりに、首に天花粉を塗って貰うときとか、
親によく首が見えるように、「うーしなさい、うー」とか言うんだけど、
何弁なんだろうか。
三重弁か、大阪弁か?

j-o-kumata.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 512
4月4日

P1280368.jpg

垂水神社。

P1280360.jpg

参道の桜。

P1280362.jpg

この日は風が強く、満開の桜も散って、
道に花びらの吹きだまりが出来ていた。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
八阪神社
大阪市東成区中道4-8-20
八王子神社から、東へ橋を渡り、南に行く。

P1250979.jpg

鳥居。

P1250988.jpg P1250987.jpg

ここの狛犬も、八王子神社と同じく、子狛犬が逆立ちしている。

P1250989.jpg

こちらは、後ろ足つかんで、無理矢理逆立ちさせてるようにも見える。
あ、逆立ちの稽古の手伝いか?

P1260016.jpg

拝殿。
御祭神は、素戔嗚尊、菊理姫命。

P1250994.jpg

玉造戎神社。
御祭神は、大国主大神、事代主大神。

P1250996.jpg P1250995.jpg

その前にいらっしゃる狛犬の、口は三角。

j-o-n-yasaka.jpg

ご朱印をお願いしたとき、石塀の見学を勧められたので見に行った。

P1260008.jpg

昔、「つる屋」「ます屋」という二件の有名な茶屋があり、
その二件の側を流れる猫間川に、幕府の命で橋が架けられた。
大阪城の石垣を使って架けられた橋は、
近くの大阪城玉造門が黒かったので、黒門橋と名付けられました。

大正3年に、廃橋となり、昭和2年、氏神である八阪神社に、石材として寄贈され、
記念碑や玉垣の一部として使われた。
この塀もそうなんだとか。

猫間川!
ずいぶん昔に、大阪城付近をウロウロしてたときに、
確かに「猫間川」という看板を見た気がしたのを、最近になって思い出し、
その後全然見つけられず、大阪城付近ではなかったのか、
それとも名前自体覚え違いかと、思ってたけど、やっぱり大阪城付近に、
猫間川あったんだ!

…って、この話で、食いつくトコそこ?!(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
八王子神社
大阪市東成区中本4-2-48

P1250938.jpg

社号標。

P1250940.jpg

手水舎。

P1250947.jpg

これも手水?
上に乗ってる鶏は神使?

P1250948.jpg P1250953.jpg

狛犬。

P1250949.jpg

吽形の方の子狛犬。
抱っこの手から、逃げてるところなのか、
親狛犬に、ていっ!て後ろ足、すくわれてるのか(笑)

P1250955.jpg

拝殿。
御祭神は、八王子大神、宇賀御魂大神、素戔嗚尊、大己貴命、奇稲田姫命。
八王子大神は、牛頭天王の八人の子だったり、
天照大神と素戔嗚尊の誓約で生まれた、五男三女の神様だったりするようですが、
こちらの御祭神は、第七代天皇孝霊天皇の第八皇子”雅武彦命”で、
第八王子であるところから、俗に八王子大神と呼ばれてるんだそうです。

j-o-hatiouji.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 511
P1280180.jpg

淀川神社。

今日は、淀川周辺の桜を見に行った。

P1280112.jpg

長柄橋北詰あたりの、柴島浄水場。
阪急の線路近く。
浄水場の裏側に当たるんだろうか、今日から通り抜けも始まっている、
崇禅寺側と違い、人も少なく、穴場感がある。
まず、この近くの、現龍大神にお詣り。

P1280143.jpg

そこから、長柄橋を渡って、毛馬閘門あたり。
このあと、長柄八幡宮に行き、御朱印を頂く。

で、城北公園通りを通って、城北公園に行って帰ろうと、
自転車こいでたら、交差点で、淀川神社発見。
予定してなかっただけに、ラッキー。

P1280212.jpg

城北公園。
夏になったら、菖蒲園で有名なところだけど、
桜も沢山咲いてました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
滝安寺
箕面市箕面公園2-23

西江寺から、箕面の滝へ行く道に入って、滝安寺へ。
読みは「りゅうあんじ」

P1250873.jpg

道しるべに従い、鳥居をくぐる。

P1250875.jpg

山門。

P1250877.jpg P1250876.jpg

ずんぐりむっくりタイプの狛犬。

P1250880.jpg

たぶん、観音堂。
その奥に行くと。

P1250882.jpg

また鳥居。
そして、みのお弁財天への矢印の先は。

P1250885.jpg

やっぱ、階段。

P1250895.jpg

そして、三度目の鳥居をくぐる。

P1250898.jpg

本堂。
ご本尊は弁財天。
阪急沿線西国七福神の弁財天担当なので、
大福帳に判を貰いミニチュア人形も貰う。

t-o-ryouanji.jpg

そして御朱印も頂いた。
また、滝安寺は、宝くじの元になった、富くじ発祥の地で、
長らく途絶えていた富くじが、最近復活したそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ