鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
鳥居 286~288
P1150210.jpg

山本八幡宮

P1150224.jpg

八阪神社

P1150242.jpg

御野縣主神社

今日は東大阪経由で、八尾まで行ってきた。
約半世紀ほど大阪府民をやっているが、八尾は初めて行ったかも。

そして、実は六社廻ったが、半数しか鳥居がなかったのも、初めてかも。
いや、厳密に言うと、鳥居がなかったというわけではないのか。
残り三社にあったのは、このタイプ。

P1150205.jpg

布施戎神社

P1150276.jpg

八幡宮(八尾市)

P1150283.jpg

住吉神社(八尾市)

二本の柱に注連縄が渡してあるタイプ。
鳥居の持つ、神社の入り口、と言う面から見ると、
これも鳥居になるかもだけれど、一応、マイルール的に、
この鳥居(何番)のカテゴリーに入れないことにしているので、
このタイプしかない、または神門のみの神社は、
このカテゴリーでは取り扱わない。
あくまでも、マイルールですが。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
狛なんとか 2
P1020874.jpg

P1020876.jpg P1020875.jpg

大国さんと言えば鼠。
なので、狛鼠。
大国町の大国神社。

GEDC4836.jpg

GEDC4835.jpg GEDC4834.jpg

こちらは、哲学の道近くの大豊神社の、大国社。
椿の花で飾られていて可愛い。
持ち物も、京都と大阪では違うのか。

GEDC4840.jpg

GEDC4846.jpg GEDC4844.jpg

大豊神社には、日吉社、愛宕社にも、狛猿狛鳶もいる。

本殿を挟んで右に鼠、左に猿と鳶。

P1040062.jpg

P1040063.jpg P1040066.jpg

そして、こちらも狛猿。
新日吉神宮(いまひえじんぐう)
お猿は日吉のお使いなんだもんね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
狛なんとか 1
走水神社は、狛牛だったわけですが、まだ他にも沢山ある、狛なんとか。
小出しでご紹介。

GEDC3411.jpg

GEDC3411-l.jpg GEDC3411-r.jpg

護王神社の狛猪。
一の鳥居前にも、狛猪がいるんだけれども、写真が見つけられなかったので、
拝殿前のものを。

GEDC4562.jpg

GEDC4564.jpg GEDC4563.jpg

京都、峰山の金刀比羅神社の末社、猿田彦神社、木嶋神社前の狛猫。
木嶋神社は養蚕の神様で、峰山あたりは、丹後縮緬が特産。
猫は、蚕を喰う鼠を退治すると言うことで、蚕の守り神なんだね。

GEDC4206.jpg

GEDC4206-l.jpg GEDC4206-r.jpg

漢国神社の摂末社、林神社の前にあるのは、どう見ても餅。
狛犬さんもいらっしゃるが、狛餅とこじつける。
狛餅。
柏餅に字が似てる。
林神社は、おまんじゅうの神様。
実は写真を見て気づいたので、実物はちゃんと見ていない。
本物の餅かも知れない。
また行って、確認してこなくては。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
走水神社
はしうどじんじゃ。
神戸の元町商店街のすぐ隣にある神社。
私は、神戸高速の花隈から行ったが、
元町辺りから商店街をぶらぶら行ってもいいかも。

P1140952.jpg

商店街からでる角に、看板が出ている。

P1140954.jpg

そこを曲がると、こんな感じ。

P1140968.jpg

拝殿。
御祭神は天照大神、応神天皇、菅原道真。

道真公がお祀りされているので、狛牛がいるが、
翌日に控えた厄除祭の準備で、テントが張られていて、向かって右側の牛が見えない。

P1140969.jpg

横から撮ってみたけど、見えるでしょうか?
ちなみに両方、吽形のよう。

そして御朱印待ちの間キョロキョロ眺めていたら、

P1140965.jpg

ずいぶん分厚い額束だな。
額束が貫を挟み込んでいるタイプは、初めて見たかも。

P1140972.jpg

御朱印。
神社名にフリガナ。
難読だから、ありがたい。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
手水いろいろ 4
手水の水口が、龍になっているところは多い。
見た目格好いいし、何しろ龍神様は水の神様だから、
清めの水を出すのにふさわしい、といった感じだろうか。

P1140937.jpg

六甲八幡神社は、龍の全身像だったけど、

P1100571_20130122170225.jpg

和田神社の水口。
まあ、よく見るのは、こういう上半身って言うか、首だけって言うか。
しかし、よく見かける意匠だけに、様々な龍がいるわけで。

GEDC0100.jpg

平安神宮の青龍。

P1040882.jpg

顕国神社の龍は、地面のパイプから出てきている。
そして後ろ足がプラプラしてる(´∀`)

P1070227.jpg

住吉大社の龍は、胴体が水盤に刻まれている。
水盤を突き抜ける形で、柄杓の柄の方に、しっぽが刻まれているんですよ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
六甲八幡神社
御影駅から、次に行こうと阪急電車に乗った。
六甲駅手前で、電車の窓からケンタッキーが見えた。
お昼まだだし、ケンチキなら、喫煙席あるだろう、
降りようかな、乗り放題だし。
とか考えてたら、駅前に大きい神社発見。
よし、予定外だが降りよう!

P1140938.jpg

手水。
水口の龍は全身。
苔むした水盤がいい感じ。

P1140940.jpg

本殿の拝殿。

あれ、なんかいろいろ作業中の人がいっぱいいる。
なんか、屋台も一杯だけど?何?

P1140951.jpg

行った日の翌日が、厄神祭だった。
厄神祭。
大阪とかでは、あんまり聞かないような?
兵庫あたりの風習なのか、単に私が知らないだけか。

P1140971.jpg

御朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
手水いろいろ 3
弓弦羽神社の水口が神使だったので、ここで紳士の社交場~
…じゃなくて、神使の水口特集。

GEDC0715.jpg

松尾大社の、亀。

GEDC4157.jpg

枚岡神社の鹿。
網で見えにくいけど、春日大社と同じく、くわえた巻物から水が出ている。

GEDC4273.jpg

そして、こっちが春日大社の鹿。

GEDC3414.jpg

護王神社の猪。

GEDC4091.jpg

瓢箪山稲荷神社のキツネ。

P1010270.jpg

淡嶋神社のカエル。

P1010947.jpg

二見興玉神社もカエル。

P1110214.jpg

宇治神社は兎。

P1040128.jpg

住吉大社も、兎。

GEDC3490.jpg

大神神社のヘビ。

同じ神使だからと言って、みんながみんな、同じ神様が祀られている、
と言うわけでもない。
もちろん、枚岡神社と、春日大社みたいに、同じ場合もあるけれど。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
弓弦羽神社
ゆづるはじんじゃ。
阪急の御影駅が最寄り駅。

P1140907.jpg

鳥居をくぐって右側に、

P1140912.jpg

手水舎。
写真の右側に、犬用の水飲み場がある。

P1140914.jpg

水口は、何だろう鳩?鴉?
熊野系らしいから、鴉か。
センサー式で、近づくとくちばしから水が出る。
ドボドボと。

P1140917.jpg

拝殿。

P1140919.jpg

本殿。
御祭神は、伊弉冉尊、事解之男命、速玉之男命
併せて、根本熊野三所大神、と言うらしい。

また、神功皇后が三韓からの凱旋の折に立ち寄られ、里の泉に姿を写された故事から、
この地を「御影」と呼ぶんだとか。

P1140920.jpg

神社の屋根の、千木と鰹木って、格好いいよね。

P1140971-1.jpg

御朱印も頂きました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
弁天さんと、荒神さん
成福院を出て、ひょいと横を見ると、鳥居発見。
向かって左側から、

P1140888.jpg

弁財天。

P1140889.jpg

社はもちろん池に囲まれた、弁天スタイル。

P1140898.jpg

これはお地蔵さんかな?
を、挟んで、

P1140900.jpg

三寳大荒神。

P1140904.jpg

鳥居の先。
階段上るのを躊躇してしまい、お詣りせずに次に行ったんだけど、
地図で見ると、この先は歴史資料館のようでした。


ん?神社カテゴリーに入れたけど、
弁天さん、お地蔵さん、荒神さんだと、お寺カテゴリーか?
まあいいか(゚∀゚)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
武庫山成福院
宝塚神社から、平林寺を通って、逆瀬川の駅に向かう途中。
上ったり下りたりが面倒だったので、元来た道と違う道を通ってみた。

阪急のガードをくぐった辺りから、またお寺が並んでいる。

P1140887.jpg

武庫山成福院。
おや、平林寺の山号と同じですね。
平林寺の塔頭で、京都大覚寺の末寺だそうです。

P1140885.jpg

観音像。
そして後ろに鳥居。
そう、この鳥居が外から見えたので、入って来ちゃいました。

P1140884.jpg

淀姫大明神。
ここで言う淀姫は、茶々ではないんだな。
豊玉姫だったり、神功皇后の妹だったり。
ここがどの神様を祀っているかは不明。
公式サイトにも載ってなかったし。

「成福院 淀姫大明神」で、ググっても公式か、うちのブログばかりでるし(;´∀`)

P1140881.jpg

淀姫大明神の祠。
まだ新しいのか、きれいな紅白でした。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
宝塚神社 2
P1140858.jpg

平林寺側の反対側に、社号標。

P1140861.jpg

社号標側の鳥居。

阪神淡路大震災の時、ここの神社の鳥居3基が壊れ、うち1基は修復されたという。

P1140863.jpg

この鳥居は柱のみ石製で、後は銅葺きっぽい何か。
修復されたという鳥居は、これのことだろう。
では後2基は。

P1140876.jpg

平林寺側の、朱い鳥居のそば。
震災のモニュメントとなっている。

P1140878.jpg

そのそばには、鳥居の根本が残っていました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
宝塚神社 1
平林寺の鐘楼の脇を通っていくと、鳥居が見えた。

P1140849.jpg

宝塚神社だ。

P1140852.jpg P1140851.jpg

鳥居の前の狛犬。
丸っこい、愛嬌のある顔立ちながら、しっかり賽銭箱を抱えている(笑)

P1140853.jpg

鳥居をくぐるとすぐそこに、梅鉢の敷石。

P1140854.jpg

末社の天満神社がそこにあった。
脇には臥牛も。

P1140857.jpg

手水舎にも賽銭箱。

P1140869.jpg

恵比須社の宗忠鳥居。

P1140866.jpg

本殿の拝殿。
御祭神は、素戔嗚尊、大山咋命。

平林寺とは隣接、となっているが、互いの敷地から行き来できるようになっていて、
よくある寺の守護社的なものかと思ったが、別々っぽい。
竹生島も、神社と寺は別だと言っていたから、
敷地の区別が曖昧でも、別は別って感じか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
武庫山平林寺
むこざんへいりんじ

P1140838.jpg

阪急の逆瀬川駅から、南へ200mほど。
この辺りは線路を挟んで、いくつかの神社仏閣がある。

P1140844.jpg

本堂。

平林寺は、飛鳥時代の創建で、用明天皇が、聖徳太子に命じて作らせたとか。
戦国時代には荒木村重の反乱に巻き込まれて焼失し、
江戸時代に再建されたそうだ。

P1140841.jpg

本堂、向かって右側に、びんずるさん。

P1140845.jpg

鐘楼。

P1140848.jpg

一回20円なんだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
生國魂神社
P1140715.jpg

9日に行ったが、まだお正月モードだ。
いわゆる「松の内」って奴だ。
参道には紅白の幕。

P1140719.jpg

鳥居には門松。

P1140722.jpg

手水舎は通常モードだが、やはり人が多く来るところの手水は、
水が流れていて、美しい。

P1140725.jpg

拝殿前には、正月の挨拶が書かれた看板。

P1140727.jpg

本殿に鏡餅。

P1140752.jpg

井原西鶴像にも鏡餅。

で、何しに行ったかというと、もちろんお詣りもだけど、
1月限定、干支の御朱印を頂きに。

P1140970.jpg

「みずのとみ」の、御朱印。
「みずのえたつ」と、二つめ。
全部集めるのに、あと58年かー。



とりあえず、十二支集めるのを目標にしよう。
うん。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
鳥居 281~285
P1140862.jpg

宝塚神社

P1140883.jpg

淀姫大明神(武庫山成福院)

P1140906.jpg

弓弦羽神社

P1140945.jpg

六甲八幡神社

P1140958.jpg

走水神社

1月17日なので、震災関連の神社を、と思って神戸あたりに行ってみたけど、
結局一ヶ所しか見つけられなかった。
物見遊山気分で行くんじゃない、と言うことだな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
黒木鳥居
基本は白丸太鳥居と同じだが、樹皮の付いたままの木を使う。

野宮黒木2

有名なのは、嵐山の野宮神社の、黒木鳥居。

黒木鳥居は「樹皮が付いたまま」が特徴だから、
石や、金属製はない。
と、思う。
実際見たことはないけど、コンクリで、樹皮っぽくして鳥居を作ったら、
どうなんだろうか?
白丸太鳥居になるのか、黒木鳥居“風”になるのか。
○○風鳥居、って感じの、分類しにくい鳥居も、たくさんあるしねぇ。

P1070373.jpg

那須の、乃木神社から別邸に行く途中の鳥居。
これは白丸太と、黒木どっちだろうか。
皮がむいてあるようなないような。
栗で言えば、鬼皮だけむいて、渋皮の残った状態、みたいな。
もしくは、苔などが樹皮状になってるとかかな?


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
白丸太鳥居
天皇陵の鳥居もこのタイプなので、御陵鳥居とも。

蚕5

蚕ノ社の二の鳥居。

見ての通り、皆丸太でできているので、笠木も貫も、柱も丸い。
貫は柱の外には、でていない。

堀越 (2)

堀越神社の鳥居。
よく見ると、笠木の端っこに、金属の蓋が付いている。
腐食予防か。

冷泉

冷泉天皇陵。
石ですけどね。
やっぱ形的に、白丸太鳥居ですよね。
天皇陵の鳥居は、石か木でできてる見たいです。

御金 (1)

これも、金属の上に色まで塗ってあるけど、
分類すると、白丸太鳥居なんだろうな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
廣田神社
去年大阪七福神に行ったときに寄った廣田神社。
デジカメの電池切れで、写真撮れなかったので、
リベンジに行ったら、えべっさんだった。
ついでに今宮戎の三輪鳥居を撮るつもりだったのに、残念。

P1140799.jpg

こちらはえべっさん、関係ないはずだけど、フリマとか、屋台とかでてます。

P1140801.jpg

手水舎は普通の、龍の水口。

P1140800.jpg

本殿の拝殿。
御祭神は、撞賢木厳之御魂天疎向津媛命
(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)
天照大神の別名で、荒御魂がお祀りされているそうです。

御朱印は前回頂いたので、こちらにアップしてます→猫舌日記つづき


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
十日戎
今年はたまたま、宵えびすから行けたので、
三日間、行ってみた。

初日は今宮戎神社。

P1140770.jpg

さすがに、平日昼間は、空いてるなあ。

P1140776.jpg

拝殿前に、大きな傘。

P1140777.jpg

傘の下は、賽銭箱って言うか、賽銭場。
さっき空いてるって言ったけど、さすがにこの辺りはぎゅうぎゅう。

P1140782.jpg

鳥居とかの絵が飾られたこの建物。
一回はズラッと福笹や、縁起物のお店。

P1140784.jpg

福娘のOGも、縁起物つけてくれます。

P1140786.jpg

裏に回って、銅鑼をばんばん叩いてアピール。
えべっさん来ましたでー、福くださいやー。
銅鑼には千社札どことか、名刺がいっぱい貼ってあった。

二日目は、大きいところは絶対混むから、近場で。

P1140805.jpg

近場のえべっさんは、時間帯のせいか、確かに空いた。
福笹売りの氏子さん達の方が多いくらいで、かえって、居づらい(;^ω^)

三日目、残り福。

P1140817.jpg

大阪天満宮のえびす社、と。

P1140830.jpg

堀川戎神社。

P1140833.jpg

堀川戎は、お稲荷さんまで、かり出されてますよ。


えびす神って、イザナギイザナミの子のヒルコ神と同一とされているものと、
大国主命の子、言代主と同一とされるものがあって、
堀川戎はヒルコ神系、今宮戎は言代主系なんだって。
そういえば、今宮戎はすぐそばに、大国主神社があったっけ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
伊勢鳥居
神明系の鳥居のひとつ。
その名の通り、お伊勢さんによく見られる鳥居。

伊勢大鳥居 (2)

伊勢大鳥居。
特徴は、楔があって、貫は四角で、柱より外側に出ていない。
笠木は一見四角だが実は五角形。

P1140644_20130112200415.jpg

こんな感じ。

夫婦岩 (1)

二見の夫婦岩に乗っかってる、小さい鳥居も伊勢鳥居。
夫婦岩のある二見輿玉神社も、皆、伊勢鳥居だった。

当然お伊勢さんの正宮も別宮も、皆、伊勢鳥居だろうと思ったら。

内宮本殿

内宮。

外宮本殿2

外宮。

まさかの正宮拝殿の、鳥居の上にもう一本乗ってる!

内宮 (11)

これは内宮の、どこだったかな?何処かの入り口あたり。
たぶん八幡鳥居か。

鳥居、侮れないな(なにがだ)(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
鳥居の種類
鳥居って、まあおおざっぱに別けて、二つの種類がある。

ひとつは、神明系鳥居。

内宮 (8)

これは神宮(内宮)の鳥居。

お伊勢さんとか天皇陵とか。
地図記号なんかも、この系統。

もうひとつは、明神系鳥居。

平安大鳥居

これは平安神宮の大鳥居。

てっぺんの横木が二つになっている奴。
お稲荷さんとか、八幡様とか。
イラストなんかでよく見るイメージ。

で、それぞれにまた、額束のあるなしとか、貫(下の横棒)が、
柱から出てるとか、出てないとか、いろいろ違いがあって、
それぞれ○○鳥居、とかの名前が付いてたり。

その区分も、別ける人によって違ったり、
とりあえず、この人の区分で行こう、って決めても、
実物見たら、ここは○○鳥居の特徴だけど、
この部分は××鳥居の特徴だし…?ってこともよくある。

でも、まあ「神明系」「明神系」の分類は、だいたいの鳥居に当てはまるので、
これだけ知っておけば充分な気もする。
だいたい神社って、曖昧OK!って感じだし。


おまけ。

蚕10

蚕ノ社の三柱鳥居。
明神系の中山鳥居が三つくっついた形。
三柱鳥居、と言えばここって感じで、有名。

大神下 (2)

大神神社の三柱鳥居は、神明系の靖国鳥居が三つ。
大神神社と言えば、三輪鳥居だけど、
ここは下の教会と言って、大鳥居からJRの駅に
行くまでの間にあるところの鳥居。

こんな感じで、この鳥居って○○鳥居って言うんだってー、
みたいな紹介も、追々していこうと思う。
ここ行ってきたでーな、記事がなければ、明日にでも(;^ω^)
一応こっちにも、載っけてますが。→電車乗っていくねん


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
大楠公御墓所(湊川神社)
湊川神社は、御祭神も楠木正成公だけど、
正成公の墓所もある。

P1140679.jpg

P1140682.jpg

手水舎。

P1140683.jpg

手水の説明。

P1140684.jpg

ここもセンサー式だけど、センサーの範囲が広いらしく、
付近を通るだけで、出たり止まったりしてた。

P1140685.jpg

徳川光圀像。
正成公の墓碑を建立されたんだそうですよ。

P1140689.jpg

これが墓所です。

P1140688.jpg

墓碑は何故か亀に乗っている。
色合い的に、亀は後付?
元々亀に乗ってたけど、亀だけ修復?

P1140712-1.jpg P1140712.jpg

ここにも御朱印がある。

楠木正成は、毘沙門天の申し子とかで、
神戸七福神の毘沙門天になっているみたい。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
湊川神社
P1140707.jpg

瓦葺きの、高速神戸の駅の出口。
ここをでるとすぐに、湊川神社。

P1140677.jpg

円柱の社号標。
今まで見たことのある、円柱の社号標は、鳥居の柱の使い回しっぽかったけど、
これはどうなんだろうか。

P1140675.jpg

表門をくぐって、中へ。

P1140705.jpg

手水舎。

P1140704.jpg

拝殿。

御祭神は楠木正成公。


P1140691.jpg

末社の楠本稲荷神社。

お稲荷さんの鳥居と言えば、こういう連なった鳥居が多いのだけれど、
おおむね、同型の鳥居が奉納されているところの多い中、
神明系と、明神系が混在しているのは、初めて見たかも。

P1140693.jpg

拝殿。
御祭神は、倉稲魂命、猿田彦命、大宮女命。

P1140711-1.jpg

御朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
楠宮稲荷社(長田神社)
長田神社の、末社の一つ、楠宮稲荷社。

P1140661.jpg

鳥居をよく見ると。

P1140663.jpg

塗装がはげてきてて、今の色に塗り直される前は朱色だったんだなぁ。

P1140664.jpg

それとも、初めは授与所とかと同じ色にしてみたけど、
やっぱ本殿と合わせたほうがいいでしょって、塗り直したとか?

P1140666.jpg

本殿の後ろ。
ご神木の楠。
ここにアカエイの絵馬をかけると、病気平癒の御利益があるとか。
特に、痔の。

あれ、何処かで聞いたような?
大阪の、今宮戎の近くの、廣田神社の神使がアカエイで、
そこの御利益も確か痔に効くとかだったような。

P1140711.jpg

御朱印。
右下にアカエイがいらっしゃる。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
長田神社
神戸高速の高速長田の駅で降りて、外へ出ると。

P1140635.jpg

いきなり社号標。
その向こうに目を移すと。

P1140637.jpg

参道の商店街入り口のゲートが鳥居風。
出口にも同じ物アリ。

P1140639.jpg

足下にも鳥居。
鳥居コレクション入り(笑)

P1140641.jpg

神社前の社号標。
大きい神社ので店が出る期間はしょうがない。

P1140644.jpg

こちら側の鳥居は、笠木が五角形の伊勢鳥居。
赤い伊勢鳥居って、なんか、違和感あるわぁ。
きれいだけど。

P1140648.jpg

別の入り口の鳥居は、白木。
伊勢鳥居は白木のが好み。

P1140645.jpg

手水舎。

水盤はなくて、放射状に伸びた複数の長い竹の水口から出た水を、
直接手ですくうタイプ。

P1140673.jpg

社務所。
入り口は提灯の方じゃなくて、おばさま形が向かう方。
ここを左手に見ながら神門をくぐる。

P1140653.jpg

ご本殿の拝殿。
御祭神は、言代主神。
言代主と言えば、大国主の息子。
恵比須神とも同一視されるとか。

でたっ。
日本神話のややこしいとこ。
恵比須神は、イザナギイザナミの最初の子、蛭子とも言われてるよね?
同名異人、いや同名異神か。
役割は同じだけど。
ややこしいなあ。

で、大国主はその読みオオクニ→ダイコクから、
大黒様と同一とされてるから、
戎大黒で一セットって感じ。
ああ、確かに、戎大黒で一対の像って、よく見るわ。
七福神の中でも、仲良しなのかしら、と思ってたわ(;^ω^)

P1140656.jpg

拝殿前にもあるけど、これは別の所にあった、おみくじ結びつけ用の笹。
ここのおみくじは、赤白黄色、とあるようで、
モノが笹だけに、七夕の短冊のようだ。

P1140710.jpg

社務所で、御朱印いただきました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
今更ですが
自分的、おさらいに。

名称-1

鳥居の各部名称。

写真のつぎはぎ具合から解るように、
一つの鳥居に、全部含まれているわけではない。
全部含まれている鳥居がないわけでもない、と思う。
私のコレクションから、見つけられなかっただけ。

GEDC0020.jpg

手水舎。
主に、四本の柱と屋根からなり、壁はない。
奥だけ、もしくは三方壁があるところもあったように思う。
そういうところはだいたい、奥の壁から水口が生えてたように思う。

こういう建物を手水舎と呼ぶのか、屋根のないモノも、手水舎と呼ぶのか。
個人的には屋根のないのは「手水」って呼んでますけど。

GEDC0021.jpg

蛇口に当たるところが水口。
桶に当たるところが水盤。
後、柄杓。
柄杓はだいたい写真の、木?竹?っぽいのとか、
ステンレスやアルミっぽい、金属のとか、プラスチックとか。
そんな感じ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
狛犬男子
前に「狛犬いろいろ」で書いたんだけど、
右)獅子、阿形、雄。
左)狛犬、吽形、雌、角あり。
諸説あり。

で、まごう事なき、男の子の狛犬もあり、
でもまだ見たことないって書いたんだけど、
御霊神社にて、初遭遇。

P1140610.jpg P1140609.jpg

四脚門前の狛犬の、吽形の方。

P1140611.jpg

そして。

P1140627.jpg P1140629.jpg

本殿前の狛犬。

P1140628.jpg

こんなん撮ってるから、本殿写真を撮り忘れるのよ(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
鳥居 279,280
P1140643.jpg

長田神社

P1140699.jpg

湊川神社

正月期間中は、人の多さもさることながら、
屋台で、鳥居とか隠れるんで、撮りにくいです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
猿田彦神社と御霊神社
地下鉄鞍馬口を下りると、貴船とか鞍馬はここじゃないよ、
と貼り紙がしてある。
「口」は「入り口」であって、ここから鞍馬に向かう道なんだよ、
ってことなのか。

まあ、今回、鞍馬は関係なくて、御霊神社。
鞍馬口の駅を出て、御霊神社に向かう途中にあるのが、

P1140598.jpg

猿田彦神社。
小さな神社だが、社号標の消された文字を見ると、
旧社格は村社のようだ。
元はもっと大きかったのか、京都にありがちな、
間口は狭いが奥が広いってやつか。

P1140602.jpg

猿田彦神社を通り過ぎると突き当たりに、鳥居。
御霊神社。
御所の北側に位置し、同じく御所の南側にある「下御霊神社」に対し、
「上御霊神社」とも呼ばれる。

P1140608.jpg

四脚門。
伏見城から移築されたと伝えられている。

P1140614.jpg

手水舎。

P1140631.jpg

絵馬所。

P1140620.jpg

拝殿。

P1140621.jpg

と、中に掲げられた肖像画。

P1140624.jpg

本殿前の灯籠のレリーフ。
仏教とか、キリスト教の絵なんかに、後光的なモノとして、
丸が書かれているのは見たことあるけど、
神道でもそういう表現があるんですかね?
仏教画の影響とかかしら?
全然関係なくて、実は羽衣、とかだったり。

で。
本殿撮るの忘れたーーーー!!!
ああ…orz

P1140634-1.jpg

でも、御朱印はちゃんともらった。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
鳥居の色、いろいろ
鳥居は素材による色もいろいろあるけれど、
彩色による色もいろいろある。

GEDC0808.jpg

金とか(御金神社)

紀州徳川 (2)

銀とか(紀州徳川神社)

大神下 (10)

大神神社(下の教会)は、クリーム色。
いや、ベージュか。

和歌山護国 (5)

和歌山縣護国神社は、薄茶。
ミルクたっぷりのココアみたいな色。

伊勢大鳥居 (1)

後、伊勢大鳥居みたいに白いのもある。

でも色つき鳥居で、ぱっと思いつくのは赤い鳥居。

伏見4 (1)

伏見稲荷の朱。
朱の鳥居はよく見るタイプ。
神社によって、微妙に違う朱色だけれど、建立時期の違いとかあるしね。

梅宮 (3)

同じ赤でも、こっちは紅か(梅宮大社)

朱い鳥居によく見られるのが、笠木(一番上の横棒)が、
伏見稲荷の鳥居みたいに、黒い奴。

中島惣社 (17)

緑のもある(中島惣社)

GEDC4035.jpg

桜井神社の鳥居には、貫(下の横棒)に、絵が描いてあった。
何の絵でしょうね。
白いのは雲?
真ん中のは、がま口にしか見えない(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ