鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
大阪市文学碑 谷崎潤一郎
大阪市営地下鉄日本橋駅7号出入り口の所。

KIMG1217.jpg

「蓼喰ふ蟲」の一説が書かれた石碑。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
二ツ井戸旧跡
大阪市北区西天満1丁目6−8

国立文楽劇場の前に、こんな史跡があった。

KIMG1210.jpg

二ツ井戸𦾔蹟
井戸かー、井戸なんだー。

KIMG1212.jpg

でも埋められてる?

背後に書かれた説明によると、元々は道頓堀の東側にあって、
二つ並んで掘られた井戸は珍しいと、江戸時代には名所になっていたとか。
明治時代の都市計画で撤去されそうになったところ、
西側にあった粟おこし屋のご主人が、払い下げを受けて店頭に移設。
その井戸も大正時代に出なくなって、
第二次世界大戦の空襲で井戸枠も修理出来ないほどボロボロに。
戦後、江戸時代に店があった場所に移転した粟おこし屋の店先に復元され、
町の人にも愛された二ツ井戸だったが、平成12年に姿を消した。
後に標柱と銘板が見つかったので、後世に残すためここに復元された。

と言うことで、井戸枠の復元のようです。


ふははははー。
朝から強烈なバイブ機能付きの目覚ましで起こされたぜー。
いや、起きてたけど。
我が家は、揺れと同時に猫がダッシュで私の元から逃げたことに対する、私の心の傷以外には被害はなかったのですが。
ひどいよね、その寸前に「ごは~ん」ってすり寄っといて、ゴゴゴときたら、私を置いてすっ飛んで逃げたの。
家の中でだけど。
これが、東北、熊本並の前震か、それともこのまま収束するか、ちょっと予断を許さないので、ドッキドキですが。
ちなみに近所のコンビニは、午後に行ったら、弁当類は売り切れだったけど、お水とかは普通に売ってました。
ドラッグストアは混んでたけど、買い占めと言うほどでもなく。
赤ちゃんのいる人がとりあえず、おむつの確保に来てる感じでした。
とりあえず、生存報告。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
川崎孫四郎自刃の碑
いくたまさんで、このまま帰るのもなんだし、近場で何かないかいなーっと、
スマホで地図見てたらありました。
いくたまさん出てすぐのところに。

KIMG1206.jpg

正面の鳥居を出たところから見ると、
右手の生玉公園の角のところに、二基の石碑。
左の石碑に、
「水戸藩士 贈正五位 川崎孫四郎自刃の所」
と、書いてある。
右の石碑には、
「勤皇烈士 贈正五位島男也之旧居」
と、書いてある。

川崎孫四郎は、桜田門外の変後、
大阪挙兵をはかり幕吏に追われてこの地で自刃。
笠間藩士の島男也は、大阪謀議のため幕吏にとらわれ、
江戸伝馬町獄にて死没。
と、立て札に書いてあった。

ところで関係ないが、島男也は「しまおなり」と読むようだが、
調べる前は「おとや」と読んでおりました。
おかげで私の脳内ではW本ボイスで「オトヤサ~ン」と(笑)
いや、わかる人でもわからないネタでごめん。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
辨慶石
京都市中京区弁慶石町 三条麩屋町東入北側

よーじやカフェの入ってるビルの階段下。

KIMG1198.jpg

左下の石板に謂われが書かれているのだけれど、所々読めなくて、
よくわからないが、弁慶が熱愛した石で、奥州にあったんだけれども、
三条京極に行きたいと発声鳴動し、付近に熱病をまき散らかしたもんで、
京都のお寺に預けられ、最終的にこの地に祀られたとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
京都バスケットボール発祥の地
京都市中京区中之町

楢崎家跡から北上し三条通と交差する角。

KIMG1195.jpg

碑文には、1915年京都YMCA 佐藤金一氏とF・H・ブラウン氏によってバスケットボールの歴史がこの地で始まる
と、書かれてある。

京都YMCAは、ちょうど工事中でついたてしか写ってませんが。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
楢崎家跡
ご無沙汰しております。
「冬までさよーならー」とか言っておきながら、
気がつけば立春はすぐそこに!

いやね、ブログは書いてなかったけど、全然動いてなかったかというと、
そうでもなく~
かといって動いてたのかと言われるとそれほどでもなく。
まあちょっと史跡は見てたので、まあその辺からぼちぼちと。


京都市中京区柳馬場通り三条下る槌屋町84-1

KIMG1192.jpg

居酒屋さんの玄関の一角にある石碑。
写真にありように、宴会は要予約…
そこじゃない(笑)

坂本龍馬の妻お龍の実家付近だそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
かぶとみち
愛用の神社仏閣史跡巡りアプリ、ポケモンGO(笑)
ポケストップには多くの公園が登録され、
公園というのはその中とか周辺に、小祠やお地蔵さん、
史跡なんかが設置されていることがある。

P1420913.jpg

豊北(とよきた)公園。
チョケたお子様心をくすぐる形をしている。
とりあえずポケスト回しておく。
クルクル~。

P1420914.jpg

入り口の脇にはお地蔵様。

P1420905.jpg

入ってすぐのところのオブジェ。
切り株型のところに貼ってある言葉を読むと、
「この辺りから淀川にかけての一帯は昔から「かぶと」と呼ばれ、
「かぶとみち」の名前が今でも残っているのだとか。
横のグレーの物体はカブトムシなんですね、たぶん。

P1420912.jpg

地面にはカブトムシと折り紙のかぶとをデザインしたプレート。

でも「かぶとみち」のかぶとはカブトムシ由来じゃないよ。
「かぶとみち」の由来はここから北東に500mくらい行ったところにある、

P1420901.jpg

かぶと公園に。
ちなみにココはジム。
ポケGOのジム戦はやったことないので、とりあえずポケモンだけ探す。

P1420902.jpg

源平の戦いに敗れた平景清が、匿ってくれた伯父を誤って
殺してしまったのを悔やんで、この辺りで「かぶと」を脱ぎ捨てて
立ち去ったことが由来らしい。

そして、先日読んだ本に、この平景清の伝説が残る公園が、
また別にあるというので、そこへ向かう。
かぶと公園から北へ1キロちょっと。

P1420917.jpg

途中、雪鯨橋で有名な瑞光寺の近くを通ったので寄ってみた。

P1420919.jpg

アレ?なんか違う。

P1170782.jpg

13年4月の写真。
桜の木の向こうのおうちがなくなってるんだわ。
なんか建つのかな?

そんなことを気にしながら、次の公園に向かう。

P1420920.jpg

小松公園。
もちろんポケストなので回す。

ここに伝わるのは、「悪七涙池伝説」

平景清こと悪七が、壇ノ浦の戦いで敗れ小松にいた伯父、大日坊の元を訪れた。
大日坊は哀れんで土蔵に匿うが、落ち武者狩りは近隣にまで及び、
食事も十分に与えられなかった。
やせ細る悪七がかわいそうになった大日坊は、下男に「悪七に食わせるそばを打て」と命じる。
ところが土蔵の中の悪七は、これを「悪七を討て」と聞き誤り、
信頼した伯父まで俺を裏切るのかと腹を立て、いきなり飛び出して大日坊を斬り殺してしまった。
そこへ下男がそばを持って現れ、己の短慮に気づいた悪七は、
狂ったように外へ走り出て近くの池で血刀を洗い、
泣きわめきながらいずこへとも無く去って行ったのだとか。

この刀を洗った池(涙池)のあとがこの「小松公園」で、
大日坊誤殺を後悔して、二度と武士には戻るまいと、
甲を脱ぎ捨てたのが「かぶと公園」なんだとか。

P1420922.jpg

この公園には大きな石碑があり、これが「悪七伝説の碑か」と見てみると、
「上中島区割整理記念碑」
全然違うかったわ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伝法川跡
大阪市此花区伝法5丁目3

庚申堂から次の目的地に行く途中。
ふと横道を覗いたら、抜けたところに公園が見えた。
公園ならベンチもあろうと、一休みするために行ってみた。
ベンチに腰掛け眺めていたら、コンクリート壁に壁画が描かれている。
階段もついてて上れるよう。

P1420890.jpg

壁の向こう側はこうなっていて、伝法港という、淀川の漁港らしい。

伝法5丁目と書いたが、Googleマップだとこの辺は酉島2丁目っぽい。
伝法と酉島にまたがる地域にあるようだ。

P1420891.jpg

角っこに建って振り返ると、なにやら石碑が建っている。
横には此花おもしろトレイルルートの看板も有る。

P1420886.jpg

伝法川跡の石碑。

P1420889.jpg

裏側になにやら書いた石版があったけど、読めまへん(;^ω^)

おもしろトレイルの看板によると、昔は鴉宮の敷地は島になっていて、
伝法川の終着地点だったそうで、伝法地区にたくさんあった造り酒屋の酒を
江戸に運ぶ玄関口だったのだとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
深江の史跡とか
大阪市バスに乗って深江のバス停で降りた。
そして早々に一休み(笑)

P1420831.jpg

公園で、ポケモンGOを開いて、周辺の史跡を探る。
特に心惹かれるところはなかったので、目的地に向かおうとしたら。

P1420828.jpg

なんか、看板が立ってる。
「深江の菅田」
そういえば以前、深江稲荷に行ったとき、菅笠の石碑が建ってたっけ。

P1220650_20170221193437af1.jpg

深江稲荷前の石碑。
その昔、上町台地の東側の湿地帯だったこの辺りは、良質の菅がとれたので、
笠作りの一族が移住してきて、お伊勢さんなどに笠を納めていたんだとか。

現在都市化が進み、菅田は姿を消したけれど、
地元の有志の方々が、菅田を復興させたんだそうだ。

P1220654.jpg

そして、深江稲荷のお向かいにあった家。
「菅笠の里 人間国宝 角谷一圭生家 深江歴史文化委員会」
と、書いてあったから菅笠の職人さんかと思ったら、
茶の湯釜の職人さんだそうです。

P1420846.jpg

道の向こうにお墓発見。
なんか石碑建ってるし、何かあるかも?

P1420847.jpg

石碑に書いてあったのは「免許 墓地」の文字。
墓地って免許要るんや。
まあ、勝手にその辺にたてられんへやろからな。
あれ、深江から来たから大阪市の墓地かと思ったら、
足代墓地って書いてあるから、東大阪市だね。
大阪市で検索してもでないはずだわ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
勝竜寺城公園 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


長岡京市勝竜寺13-1

GEDC3232.jpg

九曜紋をかたどったベンチとお堀の向こうに見える、
勝龍寺城公園。
後ろに見える「長岡ガラシャ祭り」は、11月に行われる祭りで、
勝龍寺公園の整備を記念して、
明智光秀三女玉のお輿入れの様子を再現した行列が出るのだとか。
私が行った前日がお祭りだったんだって(笑)

GEDC3235.jpg

入り口には「明智光秀公三女お玉お輿入れの城」という石碑。
この辺を廻ったのを旧ブログから持ってくるのに、とっかかりとして、
大阪城のとこのガラシア像を見に行ったようなもん(笑)

GEDC3239.jpg

橋を渡った先に、勝龍寺城公園の石碑。

GEDC3306.jpg

そして龍を彫った石柱。

GEDC3308.jpg

四角く囲った四隅に小さい狛犬。

GEDC3309.jpg

てっぺんにも狛犬。
てか、獅子?ライオンのようなたてがみだ。

GEDC3312.jpg

休憩スペースとか、展示とかしてた建物。

GEDC3242.jpg

細川忠興と、玉の像。

GEDC3246.jpg

GEDC3248.jpg

二人とも、着物に柄まで入ってるのね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ