鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北々北向地蔵尊
大阪市中央区上本町西1丁目1

玉吉稲荷大明神から、上町筋を北へ歩いて行く途中、
ちょっと横道を覗いたらなにやら気になる建物が。

P1420821.jpg

何かマンションの中庭的なところにちょっと大きめな地蔵堂。
建物は地図で確認したら、上本町変電所だった。
変電所って何か、こう鉄塔やら、もっとメカメカしいものが
むき出しになってるイメージだったが、そうでもないのか。
変電所は写真には写ってないです。
変電所の南側に北向に建ってる地蔵さん。
北向地蔵だし。

P1420822.jpg

ここも思い出せば、玉吉稲荷を検索してたときに、地図で見てたわ。
ずいぶん立派な地蔵堂だなって。

P1420823.jpg

裏返ってるけど、北々地蔵尊ののぼり。
これはやはり、読み方は「キタキタきたむきじぞうそん」なのか。
だったら、地蔵盆にはみんなで腰蓑つけて、
ひーらりひらひらひひらひらー♪
と、踊るのか(笑)

そういえば、グルグルはまたアニメ化だって。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
崇禅寺 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市東淀川区東中島5丁目-27-44

崇禅寺に何をしに来たかというと、あれがあると聞いてきたわけですが、
特に観光寺院というわけでもないので、分かり易い道しるべがあるわけでなく。
道しるべが全然無いわけでもなく。

とりあえず、御朱印をいただいたときに場所を聞いて、
墓地の奥の方へ。

P1050884.jpg

途中見かけた、なにやらそれっぽいもの。
「崇禅寺馬場遠城兄弟の墓」
だれ?
剣術の試合で、末弟に負けた相手が逆恨みをして、
闇討ちを仕掛けて殺す。
兄二人が仇討ちのため崇禅寺に呼び出す。
相手は多数の助っ人を呼んでいたので、返り討ちに遭う。
私は全く知らなかったけれど、
映画や落語の題材にされている有名な仇討ち話らしい。
Wikipediaで調べたら、敵を探して大阪に出た兄弟は、
生國魂神社近くで敵と出会うが、相手が「神域を汚すのは、ちょっと」
と言うので、じゃあ崇禅寺馬場で、と言うことになったらしいが、
神社はだめでも寺ならいいんかーいアァ?( ´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ

P1050881.jpg

兄弟のお墓。

P1050879.jpg

「崇禅寺馬場遠城兄弟終演之地」の石碑と、
「遠城兄弟之塚」

そして、遠城兄弟の墓を通り越して。

P1050878.jpg

ここが目的地。

P1050874.jpg

中央に足利義教の墓(首塚)。
京都で足利義教を殺害した赤松満祐は、本領に戻る途中崇禅寺に
義教の首を置いていったと言うことで、当時の摂津守の細川家に
寄付を受け、義教の菩提寺の一つとなり、曹洞宗に転宗。
細川氏の菩提寺の一つにもなった。

P1050876.jpg

その右側に、徳叟亨隣大和尚の墓。

P1050875.jpg

そして、首塚の左がこれ。
秀林院細川玉子之墓。
オルガンティノが屋敷の燃え跡から遺骨を探し出し、
堺のキリシタン墓地に埋葬されたものを、崇禅寺に改葬したのだそうで。

まあ、葬式は教会葬をやったって言うし。
本人はお墓には居ませんってな歌もあるし。
寺に葬られてても、本人は、風になって近くの教会にでも行ってるだろうから、
いいんじゃないかな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
崇禅寺 1 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市東淀川区東中島5丁目-27-44

初めて行ったときは、中島総社に行ったついでに寄ろうとして、
入り口がわからず、あきらめた崇禅寺。
反対側にあったのね、入り口。

そしてくどいようだが、総持寺と崇禅寺が未だにごっちゃ。
これが「三つ子の魂百まで」というやつか。
「もう総持寺も崇禅寺も、両方行ったから大丈夫さ!」
とか思ってたけど、まだだめでした(笑)
今までは電車で通り過ぎる駅だったから、印象薄くて覚えられなかったのよ!
それぞれの名前の元のお寺にお参りして、印象づけしたからもう大丈夫!
とか思ってたけど、これを書くに当たって、情報の補填のために、
検索しようとして「総持寺」って入力してたのさー。

P1050846.jpg

本堂。
ご本尊は釈迦如来。
行基の開基で、当初は法相宗であったが、後に曹洞宗に転宗。
伽藍はたびたび兵火にかかり、大坂大空襲で焼け落ちた後、
平成元年に、現在のものが再建された。

P1050865.jpg

納骨堂。

P1050869.jpg

の、前に布袋さんと、

P1050866.jpg

手水?

P1050867.jpg

その後ろに「聖徳太子十六才のお姿」
何で聖徳太子?と思ったら、納骨堂のご本尊の十一面観音が、
聖徳太子作と伝えられてるらしい。

P1050852.jpg

崇禅観音尊と、足立地蔵尊。
あー、今気づいたけど「尊」と書いて、お寺だと「そん」
神社だと「みこと」読みなんだなー。

今ふと思いついて、「大連」(だいれんorおおむらじ)を検索してみた。
漢字で検索すると、基本中国の大連が出るのね。
おおむらじは、ひらがなでないと調べにくい、と。
いや、同じ漢字で音読み訓読み、で、ふと思いついたもので(∀`*ゞ)テヘッ

t-o-souzenji.jpg

御朱印。

崇禅寺の見所は、「2」に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
聖マリア大聖堂
大阪市中央区玉造2−24−22

名称不明のお稲荷さんのとこの坂道下ってまっすぐ東。

P1420706.jpg

突き当たりに見える建物が目的地。
でもこのまままっすぐにはわたれないので、横断歩道を探す。

P1420707.jpg

右に行ったところに信号。
実のところ、ここを目的地にしてスマホのガイドに従って、
上町交差点から、難波宮の南側を通って、
ローソンのところで北へ曲がって、お稲荷さんのところを通ってきた訳なんだが、
ローソンで曲がらずにまっすぐ東に来たら、
この信号、玉造2交差点のところに出るわけで。

まあ、寄り道したおかげであのお稲荷さんに行けたのでいいんだけど。
カトリック玉造教会の、地図上の印のところに、
目的地設定したのが悪いんですけど。
こういうときはストリートビューで入り口確認して、
そこへ記し付けしないと、こういうことになるのを知ってるのに、
適当に記し打っちゃう、学習能力のない私(;^ω^)

P1420710.jpg

ファチマの聖母と羊飼いの像。
ファチマというと、ファチマの予言のファチマですねー。

で、神社仏閣史跡巡りをしてて、いくつかの教会の近くは通っても、
寄ってくことはないんですが、なのになぜここに来たかというと、
ガラシャ像を見に来たのです。

P1420712.jpg

うん。
なかなかボーイッシュなガラシャ像。
って、高山右近やんかいさ(笑)

P1420713.jpg

中央にマリア像を挟んで、

P1420715.jpg

細川ガラシア像。
一瞬、「ほー夫婦で飾られて…」と思ってしまった(;^ω^)
いやいや、高槻の高山さんとこじゃなくて、長岡京の細川さんの奥さんやし。

と言うことで、ガラシア像も見たので撤収~。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
浅草寺
東大阪市足代1丁目3−1

三吉大明神の横の道に戻って、さて布施駅に戻ろうかと、北を向くと。

P1420279.jpg

おやぁ?

P1420280.jpg

あんなところに鳥居が。
まさか、三吉大明神の鳥居じゃあるまいな。
あんなところに鳥居があるとは、昔は相当大きかったのか、三吉大明神。

P1420282.jpg

うむ。
まごう事なき鳥居だ。
鳥居鳥居言い過ぎて、物干し竿すら、鳥居に空目する私だが、
見間違いではなかった。

額がないので、表裏が解らん。
向こう側に神社があるのか?
こちら側に、三吉大明神以外の神社があるのか?

P1420283.jpg

お寺の鳥居でした。
この突き当たりの建物が浅草寺。

P1420288.jpg

ここは参道になるのか?
道の左側に2基の祠。

P1420289.jpg

P1420292.jpg

何も書かれていないので、どなたがお祀りされているのかは解らない。
赤くて、お寺でもよく見かけると来れば、お稲荷さん、弁天さんあたりだが。

P1420294.jpg

お不動さんと観音様。

P1420296.jpg

そして、手水。
ここって、参道じゃなくてもしかして境内なの?
住宅街の路地にしか見えないけど。

P1420297.jpg

たぶん本堂。
ご自由にお参り下さいと、貼り紙がしてあったが、
どうも地域のマダム達が盛り上がっている風な声が聞こえてきたので、
遠慮させていただいた。

P1420302.jpg

本堂から右を向くと、鳥居が見えたのでそちらへ向かう。

P1420303.jpg

額。

P1420305.jpg

貫には「観音通」

P1420304.jpg

柱には「防犯」
何か色々兼ねてる鳥居のようです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
だんじりと足代安産地蔵菩薩
東大阪市足代1丁目12

白龍大神のところでポケストップ確認したら、布施戎神社が出てきた。
布施戎はもうちょっと先のはずなんだがなーと、とりあえず回す。
そして次の目的地に行こうと、目を向けたら。

P1420236.jpg

ありゃ。
あったわ、布施戎の社号標。
参道の入り口にあるヤツなのね。

P1420237.jpg

その横の建物は、だんじり庫のようです。

P1420239.jpg

その奥というか、商店街に入って行くと、お地蔵さんが。
明治5年に廃寺になった聖源寺というお寺から、
昭和5年に現地に移され、お祀りされてるそうです。


ポチったソフトがキタ――(゚∀゚)――!!
早速インストールして、と、見てみたら。
WIN7、8用だったーーーーーー!!
orz…
ソフトで出来ることは、メーカーのサイトまで行って
確認したのに、なぜOSを見ないんだ、私(TдT)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
聖天山奥の院 4
大阪市阿倍野区松虫通3丁目2

P1420033.jpg

さて、鳥居をくぐると、石切社分祠。
石切劔箭神社から勧請されて、ここに祀られている。

P1420050.jpg

ここでも謎アイテム発見。
「南無石切劔箭ナントカ」と書かれた、御幣?

P1420022.jpg

白玉さんとか、写真無いけど釈迦堂のとなりのお稲荷さんにもあった。
「南無」と言えば、「南無阿弥陀仏」とか、「南無妙法蓮華経」「南無三」
「おててのしわとしををあわせて、な~む~」とか、思い出すけど、
確かサンスクリットだよねぇ。
お稲荷さんの方は、ダキニ天だから、解るんだけども。
石切さんは饒速日。
この辺、神仏習合の名残なんだろうね。

P1420034.jpg

石切さんから右側に行くと、石碑群の前に鳥居、鳥居。
いや、ほんまにここは鳥居が大漁や~(゚∀゚)

P1420039.jpg

そのとなりにも石碑。

P1420040.jpg

その向こうには、枯れてはいるが、池に小島の弁天スタイル。
屈まないと通れない木の枝をくぐって。

P1420041.jpg

弁天さん。

P1420045.jpg

石切さんの左。
フェンスに沿って石碑、そして狛犬、キツネ。
お稲荷さんでよく見る、講の塚みたいな感じかな。

P1420043.jpg

で、石切さんの左の壁側に、慰霊碑と石仏に挟まれた、またしても謎の物体。
まあ、物体自体は石碑ですが。

P1420044.jpg

「魔法大僧主」
え、なにこれ。
いやまあ、お坊さんが一生不犯を守れば、確かにある意味魔法使い(笑)
冗談はさておき、魔法大僧主って何?

このまま魔法大僧主で検索しても、出てこないので、
分割して検索。
まあ「魔法」は名前に当たる部分だろう。
そもそも「魔法」で検索しても、
いわゆるファンタジーな魔法しか出てこないだろうから外す。
「大僧主」の「大」も、肩書きのランクだろう、と外していって検索すると、
中国仏教の官職、とでた。

つまり、中国から来たえらいお坊さんの石碑、でいいのかな。

以上、天下茶屋の聖天さんは、不思議大発見なお寺でした。
特に奥の院。
こんなオモロイとこ、危うく見逃すとこやったで(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
聖天山奥の院 3
大阪市阿倍野区松虫通3丁目2

P1420002.jpg

階段のところへ戻ってきました。

P1420017.jpg

登ったところに百度石。
いや、自分人造石ですらないや~んと、つっこみ。

P1420018.jpg

鎮守堂(白玉大神、白玉さん)

P1420030.jpg

横の壁に、奥の院の由来が書かれていて、
それによると、祀られているのはダキニ天。
で、もはやツッコミ待ちかと思われるのが。

P1420023.jpg

ケルトも習合(笑)

P1420031.jpg

階段降りて、鳥居のところまで戻ってきました。
鳥居の前で、左を向いたところ。
右の建物のベランダみたいに写ってるところが、
さっきの白玉さんがあったところ。

P1420053.jpg

左の黒い柵の向こうにお不動さん。

P1420057.jpg

身代不動明王。
お堂はないけれど、広く黒い柵で囲われてて、近くに行くことは出来ません。

4に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
聖天山奥の院 2
大阪市阿倍野区松虫通3丁目2

P1410994.jpg

さて、この右側奥からやってきた、相変わらずの裏口スキーですが。
ここも、唐破風鳥居だね。
どんだけ、唐破風押し(笑)
でも、お堂のひさしとかは唐破風ではない。
唐破風鳥居押しと言うべきか。

P1410995.jpg

鳥居の右側に「聖天山奥之院」の石標。

P1410998.jpg

鳥居をくぐった先は、八本松龍王社。
聖武天皇の植えた松が、一本の幹から八本の枝を茂らせ、
八本松と呼ばれるようになった。
後に和尚が白龍の光臨を感じ、八本松龍王をお祀りするようになったとか。

P1420002.jpg

八本松龍王社の左側を見ると、
キツネと階段と、キツネの後ろに松蟲塚白龍神社の札。
階段の上が、白龍神社なのね。
余談だが虫三つの蟲って、なんか「蠢く(うごめ-く。春の下に虫二つ)」
に似てて、字だけでも痒くなる(笑)

P1420004.jpg

階段を上る前に右を見ると。
おや、八本松龍王社の裏側にも、祠が並んでるのね。
とりあえず、先にそちらへお詣り。

P1420006.jpg

石碑と祠で五社並んでる。

P1420013.jpg

そのうちのひとつが、松蟲塚白龍神社。
ええ、こっちなん?

P1420015.jpg

中を覗いてみると。

P1420014.jpg

え。
白龍神社じゃなくて、白熊神社だったか?

P1420012.jpg

白龍やん。
なぜ、しれっと祀られてるんだコリラックマ(笑)
そういえば前にも阪堺電車沿線で、
天下茶屋の何某さんの建立した神社にも、
くまちゃんが祀られてたが、かわいいクマちゃん好きなのか。
天下茶屋の人は。

と、いうことで3に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
聖天山奥の院 1
大阪市阿倍野区松虫通3丁目2

P1420075.jpg

さて、正圓寺にも参ったことだし、聖天山でも登ろうかな。
聖天山は天保山と同じく、大阪五低山のひとつだそうだ。
天保山は築山だったけど、残りの御勝山、荼臼山、帝塚山は古墳だそうだ。
つまり山と言っても皆、人工物なんだな。
ここも古墳だそうだ。

P1410987.jpg

とりあえず見渡したところ、石碑とかは見えない。

P1410989.jpg

こっちがお寺の裏側かー。
なんか、ずいぶん雰囲気違うな。
ん?あれは…

P1410990.jpg

鳥居?
え、見てない。
あそこ正圓寺じゃないの?

P1410992.jpg

ぐるっと回って、さっき正圓寺に上った階段の反対側にでた。

P1410993.jpg

ありゃ。
ここも正圓寺だわ。
正圓寺の奥の院らしい。

P1420060.jpg

階段上ったあたりから色々あるが、それは次ぎ以降の記事にするとして、
そのまま進むと石仏やら祠やら色々ある。
これは癌封じ地蔵。

P1420067.jpg

裏門かしら?閉じた門があった。

P1420068.jpg

正圓寺には大根ないんだ、と思ってたら、ここにあった。

P1420074.jpg

で、表の山門の右側に出てきた。
なぜか、最初来た時に、車の後ろは行き止まりだと思いこんでたわ。
やばい。
こんなおもろいとこ、うっかり見過ごしてまうとこやったわ。

と言うことで、2に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。