鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
柴籬神社 2
松原市上田7-12-22

柴籬神社の境内社。

P1330241.jpg

大歳社。

P1330243.jpg P1330242.jpg

ここの狛犬は、顔が四角くてでかい。

P1330255.jpg

住吉社、歯神社。
ここの前にある看板に「日本唯一の、歯の…」とか書いてあって、
あれあれ?私が行ったことのある、大阪の神社だけでも、
ここを含め3社ありますが?
まあ、神社とかで「日本唯一」とか、結構ハッタリ効かせてたりするからなー。
とか、思ってたら。

P1330258.jpg

日本唯一はこちらの「歯磨き面」
斜め読みじゃなくて、ちゃんと読んだらそう書いてあった。
早とちりってヤツかー。

指でこの面の歯に触れて、丈夫な歯を祈念するのだそうだ。
ご朱印待ちで見ていたら、小学男子のグループが、
この面の歯を触っていた。

そうそう、こういう遊びの一環で、神様にふれていくってのが、いいよね。
特別な事じゃなく、日常にある神様、お宮さんって言うのが。

j-o-sibagaki.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
柴籬神社 1
松原市上田7-12-22
しばがきじんじゃ。

P1330245.jpg

丹比神社からバスで、河内松原まで戻って、徒歩で向かう。

P1330239.jpg

社号標。

P1330250.jpg

手水舎。

P1330251.jpg

おお、萌え巫女さんだー。
紀州東照宮のオリジナルかと思ったら、そうでもないんだ。
こう言うのはどうやって、手に入れてるんでしょうか。
いつもの水玉ワンピ子は、あの出回り具合から見て、定番商品として、
そういう専門業者が扱ってそうだけど、
ワンピ子は大手老舗の子で、この子はどこか別業社の子とかなのかな。
今時なら、ダウンロードで入手とかもありそうだな。

ダウンロードといえば、郵便局公式の、無料でダウンロードできる、
年賀状用イラストが、すごいという評判を聞いた。
見に行った。
ああ、こりゃあ、ひどい(笑)いや、すごい(苦笑)
郵便年賀.jpの、年賀状クイックサーチで確認だ(笑)

P1330266.jpg P1330265.jpg

拝殿前の狛犬。

P1330264.jpg

拝殿。
御祭神は、反正天皇、菅原道真、依羅宿禰。

P1330238.jpg

柴籬神社周辺は、反正天皇の皇居、丹比柴籬宮址と考えられていて、
それを示す石標や、

P1330246.jpg

神社の門の横に、反正天皇柴籬宮址の石標がたっていた。

「2」に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
若林神社
松原市若林一丁目6
大阪府神社庁データでは若林608

地下鉄八尾南駅でレンタサイクルを借りて、中央環状線を東に大和川を渡る。
八尾南駅のレンタサイクルは、駅北側の駐輪場で借りられるのだが、
駅の地図には「レンタサイクル」の表記はあるが、
駐輪場そのものには、特に看板は出ていない。
チキンな私ではあるが、自転車がないとキツイので、
意を決して聞いてみたら、ものすごく簡単に借りられた。

P1300620_20140722233815dd5.jpg

鳥居。

P1300619.jpg

額。

P1300625.jpg P1300624.jpg

狛犬。

P1300623.jpg

拝殿。
拝殿に、御由緒書きと思われる看板があったが、劣化して、
文字が書いてあると言うことくらいしか解らなかった。

松原市のサイトによると、鎌倉末期の元弘~建武年間(1331~35)に、
小川5丁目の深居神社から分祀されたと伝える。
品陀別命を祀る。
と、書いてあった。
いわゆる八幡様のようだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
関西出雲久多美神社
松原市天美北7丁目11

あまみこそ神社から出て、正面の道をまっすぐ南下。

P1220937.jpg

大きな銅鳥居の横に、社号標。

P1220936.jpg

鳥居の額。

実際、あまみこそ神社から来ると、手前に、横からはいる入り口があり、
私はそこから入った。

P1220923.jpg

手水舎。

P1220929.jpg

P1220928.jpg

狛犬。
正直、なんでここに、と思うくらい、何もかもが立派。

P1220930.jpg

社務所。

P1220931.jpg

拝殿。

P1220932.jpg

大注連縄は、出雲大社と同じく右から左。

P1220919.jpg

本殿も、高床式。
主祭神は久多美大神。

鳥居393、394」でも書いたが、
雨宿りをしていたときにお会いした方に、御祭神のことや、
お詣りの仕方(2礼4拍)とか、いろいろ説明していただいたのに、
すっかり忘れている、残念な記憶力の私(;^ω^)

ちなみに、その方が丁寧に教えてくださったのは、
拝殿から出てこられたその方に、信者以外でも入っていいのか聞いたからで、
特に勧誘されたとかではない。

で、入っていいと教えて貰ったので、戸を開けてお詣りに行ったら、
中で、五体投地ばりにひれ伏してお詣りされている方がいて、チョーびびる。

邪魔しちゃ悪いので、こそこそっと、お詣りして、こそこそっと出てきました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ