鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百濟王神社
枚方市中宮西之町1-68

くだらおうじんじゃ。

P1380693.jpg

社号標。

P1380695.jpg

手水舎。

P1380703.jpg

龍王山浮島神社。
神社にも山号がつくのか。
山号とは別物なのか。
そういえば明石の柿本神社も社号標は「人丸山柿本神社」だったっけ。

P1380716.jpg

稲荷社。

P1380719.jpg

相殿社。

P1380722.jpg

若宮八幡社。

P1380704.jpg

境内案内図。

P1380705.jpg

その近くに神社の御由緒や百済との関係の年表やらが。
非常にザックリ読み取ると、大和朝廷の臣下になった百済宗家の子孫は、
百濟王(くだらのこにきし)という姓(かばね)を賜って、この地の百済寺とか建てた。
百濟王は平安中期に政治の表舞台から姿を消した。

江戸時代中期にこのあたりの新田開発をした人たちが、
土地神を祀って神社を建てた。
土地神は「百濟王神(くだらおうがみ)」だけど、百済国の王じゃないよ。
百済国と直接の関係を示す資料は見あたらないよ。
と、いうことらしい。

P1380711.jpg

拝殿。

P1380715.jpg

本殿。
御祭神は、百済王神、進雄命。
進雄尊って誰よ、っておもったら、元は百濟王神と牛頭天王を祀っていたって
いうことなので、素戔嗚尊のことか。
いろんな表記があるなー。
これが一番書きやすいかも。

j-o-kudara.jpg

ご朱印。
ご朱印を頂きつつ雑談。
ここの隣の百済寺跡公園が、現在整備のため工事中とのこと。
公園の木が切り倒されてるということで、まあ、なんてことを、と思ったら。
木の根が張り進んで、地下の遺蹟を壊してるんだそうだ。
うーん。
遺跡保護のためには必要なんだけど。
うーん。
朽ちるものは朽ちるに任せても、ともいいがたい。
いや個人的には朽ちるに任せる方が好みだが。

完成は平成30年だそうで。
「完成したらまた、来んといけませんねー」
「ええ、30年後に」(平成30年と、3年後が混ざった)
「30年後は、生きてませんてー(笑)」
と、和やかに〆。

ついでに、去年行った大垣内の百済王神社についても聞いてみた。
当該記事にも追記したが、元々はこちらにお参りに来ていたが、
天野川が氾濫して、行き来がしにくくなったので、
分詞して祀られているんだそうだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
蹉跎神社 2
枚方市南中振1-7-18
さだじんじゃ。

P1380634.jpg

階段を上りきって、拝殿。

P1380637.jpg

赤井のはなんだ?と思ったら、階段に絨毯が貼ってあった。
御祭神は、菅原道真。
御神体は菅原道真の像で、道真公自作といわれている。

太宰府へ行く途中、娘の苅谷姫がここまで追いかけてきたが、
間に合わず足ずり(蹉跎)して嘆き悲しみ、
それを知った道真公が自ら像を彫り、娘に与えたのを、
ここに祀ったのが始まりだそうだ。

「足ずりをして悲しむ」という姿が、ちょっと想像できません。

P1380635.jpg

神楽堂。
殿じゃなくて堂なんだ。

境内には聖徳太子開基といわれる龍光寺があったが、冬の陣で寺社共に焼かれ、
再興された後、明治の神仏分離まで存続したとか。

P1380638.jpg

これは、なんだっけ?神輿庫だったかな?

P1380639.jpg

遙拝所。

P1380643.jpg

並ぶ境内社と、来年の絵馬を書く人。

P1380645.jpg

塀側から、稲荷大神。

P1380647.jpg

春彦神社。

P1380649.jpg

金比羅神社。

P1380651.jpg

皇太神宮。

j-o-sada.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
蹉跎神社 1
枚方市南中振1-7-18
さだじんじゃ。

京阪本線光善寺駅を東に出て、線路沿いを南へ下る。
600mほど進むと、左に折れる道の角に社号標。

P1380617.jpg

この右手、社号標の向かい側に、踏切がある。
私がここに到達する前に、踏切を渡って、
社号標の先に進んだ集団がいた。

P1380619.jpg

一の鳥居。
その向こうを進む、子供の集団。
う~ん、困った。
神社までのお散歩なのかな?
だとするといろいろめんどくさい。
この鳥居の写真だって、不自然に立ち止まって、通り過ぎるのを待った。
怪しいやろ、私。
オバハンやからスルーされてるっぽいけど、
オッサンなら通報もんやで、カメラ構えてるし。

とりあえず、普段より、グズグズとゆっくり歩いて
距離を置きつつ歩いていく。
が、やっぱり行く先は同じ方向(TдT)
普段なら、お参りの後に、ご朱印を頂きに行くが、
しょうがないので神社手前の社務所に先に行って、
時間調整。

P1380621.jpg

社務所から出ると、子供達は消えていた。
どうやら神社ではなく別の方向に移動した様子ε-(´∀`*)ホッ

P1380655.jpg

ちなみに、ここまでの道。
参道の看板は時々見るが、道路標識になっているのはあんまり見ない。

P1380623.jpg

境内への階段下の、鳥居脇に手水舎。

P1380628.jpg

階段の踊り場に神門。

P1380629.jpg

…かと思ったら、絵馬堂だった。

P1380630.jpg

絵馬堂にポンプ車。

P1380631.jpg

その上には半鐘。

P1380633.jpg

絵馬堂を抜けて、さらに階段。

この上は、次回に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
御殿山神社
枚方市渚本町12-55

京阪電車の御殿山駅から300mほど東に行ったところにある神社。
駅から東向きの道も坂だったが、御殿山図書館の横を通って、
神社に向かう道はさらにぐんと角度が上がった坂だった。
海抜30mほどなんだけど、御殿山っちゅーくらいだから、山です(笑)

P1380585.jpg

鳥居と社号標。

P1380590.jpg

手水舎。

P1380594.jpg

人慣れした猫。

P1380604.jpg

稲荷神社。

P1380596.jpg

特に、額などは見あたらなかったが、由緒書きの看板によると、
末社に、稲荷神社と、貴船神社、とあるからたぶん、貴船神社。

P1380595.jpg

拝殿。

P1380606.jpg

本殿。
御祭神は、八幡大神。
元は粟倉神社の御旅所を起源とし、
後に八幡大神を勧請し、西粟倉神社と称す。
明治時代に、御殿山に社殿を造営、御殿山神社と改称。

御殿山の起源は、惟喬親王の東屋を起源とするとも言われているが、
江戸時代に永井家が陣屋を建てたためと考えられているとか。

お参りを済ませて、ご朱印を頂こうと、授与所を訪ねると、
神主さんがお出かけになったばかりとかで、いただけず。
残念。

あ。
さっきお出かけになったばかり?
もしや。

P1380608.jpg

さっきの猫ちゃん。
あなたが、神主か。
とりあえずもふっとこう。


マンホールとかご朱印とか、鳥居とかまとめてます。
電車乗っていくねん
更新しました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
枚方市駅周辺
順番が前後するが、意賀美神社から、次の神社へ行く途中。

P1330127.jpg

万年寺山の御茶屋敷御殿跡展望広場。
この右にある坂を下っていく。

P1330130.jpg

下りきったところにお地蔵さん。
その先、山側に、

P1330131.jpg

お墓?供養塔か何か?

P1330133.jpg

枚方市岡南町12

手前の台に乗っているのはお稲荷さんのよう。
石碑には「三杉大神」と書いてある。

詳細は解らないが、とりあえずお詣りだけして次へ。
次は、「京阪稲荷神社」へ行くんだが。

P1330136.jpg

ここか?

P1330137.jpg

枚方市岡東町14

ここは尺八の都山流の祖、中尾都山の邸宅跡だった。
神社じゃないのかー。
神社じゃないけど、鳥居3基もあって、これはこれでうれしい。

P1330140.jpg

ちょっと進むと、お、後ろ姿が稲荷神社っぽいよー。
あそこか、前に回り込みたいが道がない(;^ω^)
ぐるっと大回り。

P1330141.jpg

枚方市岡東町14

やっとたどり着いたら、赤い扉に、黒い門。
そして、どう見たって向かいの新聞屋のカブだろうがっ、
いや、メイトかも知らんが、っていう数台のバイク。
三重の壁に阻まれ、鳥居すら見れん!

いやさ、「京阪稲荷」って言う社名から見ても、
京阪電車とか、京阪百貨店とか、京阪グループの神社だろうな、
って予想はついてましたよ?
だから、お詣りは出来ないかも知れないなって。

でも、ちらりと上の方しか見られないとは予想もしてなかったわ。
裏はバッチリ見えるのに。
これが、頭隠して尻隠さずと言うことかー。

P1330142.jpg

とりあえず、額だけは撮ってきた。
ま、社屋の屋上にあるお稲荷さんのことを思えば、
裏だけでも見られたからいいかー(´・ω・`)ショボーン


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
百済王神社
枚方市大垣内町1丁目3

意賀美神社を、ナビに入力してるとき、枚方市駅周辺に
鳥居マークをいくつか見つけた。
そのうちのひとつ。
あ、百済王神社ってここなんだわ。
大阪府神社庁のサイトで見た記憶がある。
じゃあ、ここも目的地に登録っと。

ナビに言われるまま、なんだか山の中に入っていく。
また、裏側からはいるコースか?

P1330144.jpg

鳥居。
鳥居をくぐって境内へ。

P1330146.jpg

拝殿。
なんか思ってたのと違う(;^ω^)

P1330152.jpg

境内社。
お稲荷さんか?
特に何か書いたものは見あたらない。
ぱっと見、稲荷社が思い浮かぶけれど、猿田彦や、弁財天もこんな感じだしなー。
郷土の偉人て言う線もアリだし。

P1330148.jpg

本殿。
最初に思ってた百済神社は、ここから東に、
直線距離なら1㎞あるなしくらいのところ、
駅で言うと枚方の一駅隣の宮之阪駅から10分くらいのトコらしい。

たぶん、そこから勧請されてきたんだろうな。

2015/12/10追記
昔はこの地域の人も、宮之阪の百済王神社にお詣りしていたけれど、
天野川の氾濫で、行き来がしづらくなったので、宮之阪の百済王神社から
分詞を受けお祀りするようになったらしいと、
今日宮之阪の百済王神社で聞いてきました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
意賀美神社 2
枚方市枚方上之町1-12

意賀美神社の境内社。

P1330115.jpg

稲荷神社。

P1330114.jpg P1330113.jpg

その前にいるのはキツネではなく狛犬。

P1330117.jpg

琴平社。

P1330118.jpg P1330119.jpg

その前にいる狛犬。
その、なんというか、目と鼻の位置のバランスが、おかしいような気がする。
いや、おかしくは…ない、か。
うーん、ちょっと描いてみよう。

koma.jpg

擬人化してみれば、そうおかしくないか。
いや。
我ながら、きもいわ(笑)

琴平社近くの階段から下に下りる。
途中、古墳や秀吉のお茶屋御殿やお寺があったという、
万年山を、横に見つつさらに下る。

P1330125.jpg

鳥居と、

P1330126.jpg

社号標。
こっちが表側だったのかな。

さて、駅に戻ろうとナビを確認したら、さっき通り過ぎた万年山を通って帰るらしい。
降りてきた階段上るのかー(TдT)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
意賀美神社 1
枚方市枚方上之町1-12
おかみじんじゃ。

私市駅から、枚方駅に戻る。
線路に沿って西方向。
枚方公園駅との間くらい?

P1330097_20141209220450e8b.jpg

坂を登って到着。
旅ナビさんの指示通りに行ったら、裏ですよ。
いや、旅ナビ持つ前も、いろんなところで、裏やら脇から入ってましたが(笑)

P1330100.jpg

皇祖遙拝所。

P1330101.jpg

明治神宮遙拝所。

遙拝所が二ヶ所あるところは、初めて見たかも。

P1330107.jpg

手水舎。

P1330106.jpg

社号標?

P1330104.jpg

授与所はお留守。
っていうか、参集殿か社務所らしいビルが別にあって、
そこの入り口に、バイクとか止めるときに使うU字ロックがかかってて、
一目瞭然で、「おらへんで!」って状態でした(笑)

P1330110.jpg

拝殿。
御祭神は、高神、素盞鳴尊、大山咋神、大国主神。
明治の頃に、元々この地にあった、須賀神社、岡村の日吉神社と合祀し、
この地に遷座してきたのだとか。
御祭神の素戔嗚尊は須賀神社、
大山咋神、大国主神は日吉神社の御祭神だったと言うことから、
意賀美神社の元々の御祭神は、高神。

高神って誰?
検索結果と、神社名から、タカオカミノカミのよう。
あー「おかみ」って漢字難しいもんね。
て。
そういう事じゃない(;^ω^)


と言うところで、「2」に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
朝原神社と瘡神社
枚方市牧野本町1丁目10

片埜神社を出て、東に向かうと、大阪歯科大学に行き着く。

P1240324.jpg

道挟んだ北側にある消防署の、

P1240329.jpg

左側に、朝原神社。
御祭神は猿田彦大神。

P1240314.jpg P1240315.jpg

狛犬。

P1240321.jpg

右に、瘡神社。
御祭神は、瘡神、火酢芹命。
皮膚病と、火災よけの神様。
だから消防署の隣にあるのか?

両社とも、片埜神社の境外社のようで、
片埜神社の名前で、説明板が建てられてました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
片埜神社
枚方市牧野阪2丁目21−15

京阪牧野駅から、牧野公園を抜けて、右側。

P1240280.jpg

鳥居と、

P1240283.jpg

社号標。
こっち側だと、裏からはいる形になる。
門をくぐると、

P1240285.jpg

まず、依姫社がある。
そのまま、拝殿の方に向かうと、

P1240293.jpg

遙拝所。
…の横に、なんかおる。

P1240292.jpg

大きな鬼の面。
なんなの?なんで鬼の面?
片埜神社は、大阪城の鬼門鎮護の神社で、鬼の面は、大阪城に埋められている鬼面と
向かい合う形になっているんだそうだ。

P1240298.jpg

拝殿。
主祭神は、建速須佐之男大神、菅原道真。
拝殿右側の社務所で、御朱印をいただく。

j-o-katano.jpg

ご朱印にも、鬼面。

P1240299.jpg

お稲荷さんと、神牛がいるから天神さんかと思ったら、納札所でした。
道真公は、本殿にいらっしゃいましたね。

P1240304.jpg

こっちが正面。
裏から入って、正面からでる。

P1240308.jpg

社号標。
ここから東に向かって、次の神社に向かいます。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。