鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島光大神・釼大神
大阪市東成区深江南3丁目9

鳥居859では、「釼大神・島光大神」としたのに、
今回表題で、「島光大神・釼大神」にしたのは、なぜか。

P1420835.jpg

鳥居の額。
縦書きだから右から読んで「釼大神・島光大神」にしたのだけれど。

P1420840.jpg

この説明書きに、

P1420842.jpg

こう書いてあったのを、ブログに載せる写真選んでて気づいた。
こう書いてある以上、公式には島光大神が先なんだろうと。

ちなみにGoogleマップには「釼大神」ポケストップは「島光大神」で登録されてました。

いわれ書きによると、元々屋敷内で講員の方々でお祀りしていたものだけれど、
昭和三十年代に、自由にお参りできるようになったとか。

P1420832.jpg

駐車場の片隅にある。
ご神木の楠は、大きな幹に細くて新しい枝を伸ばしている。
時々こういう、思いっきりのいい伐採された楠を見るんだけど、
楠は丈夫だからだいじょーぶ!という感じでやってるのか、
枯れたらそのとき、みたいな一か八かでやってるのか。
どうなんでしょうね?

P1420834.jpg

神社全景。

P1420836.jpg

石の祠。

P1420839.jpg

木の祠。
どっちかが島光大神で、どっちかが釼大神なのか。
それとも、両大神はメインぽい石の祠で、
木の方は、祖霊とかほかの神様だったりするんだろうか。
その辺はいわれ書きには書かれてなかった。

いわれ書きと言えば、「虹と蛇と剱」の話が載っていて、
虹をナギ、ノーギ、蛇をナガ、ナギという、と言う話が書かれている。
また、「島光」は「縞光」=「虹」なんじゃないかと思う、とも。

巳ぃさんや龍神をお祀りしているところが、
「長○」とか「○長」大神、大明神だったりすることはよくある。
ついでにインドの蛇神様もナーガだったり。
あれ、もしかして、蛇ってにょろっと長いから、
○長大神とか、長○龍王とかって名前で祀られてるんだと思ってたけど、
ナーガ由来だったりするのかな?
インド神話だから仏教と一緒に入ってきてたり?

「島光」は「白光」の変形じゃないかと思うんだけどな。
白光も龍神や巳ぃさんの祠によくある名前だし。
もしかしたら、シマミツからのシラミツだったりするのかな。

P1420840-1.jpg

いわれ書き全文。
2回クリックすると、たぶん読めます。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
玉吉稲荷大明神
大阪市天王寺区上本町3丁目2

むねぇ~につけぇ~てるまーくはりゅーせ~♪

名称不明神社を出て、さて梅田で買い物でもしようかと、
地下鉄の駅に向かう前に、今回もポケストップを確認。
最近すっかり、ポケモン捕まえるより、
見落としがちな小さい神社探しのお助けアプリ化してる
ポケモンGO(笑)
そして見つけた赤い鳥居のポケストップ。

P1420813.jpg

時々立ち止まって、ポケモンGOを確認しながら進む先には、ひかりのくにが。
ひかりのくに!
いつの間にM78星雲に!
じゃなくて。
前に、大阪市内の小さい神社をネットで調べてたときに、
ひかりのくにの裏側の神社は、情報出てたなーと。

P1420814_20170128175824de3.jpg

先に調べたときは、てっきりひかりのくにの企業内神社かと思ってたけど、
完全にお隣ですね。

P1420816.jpg

たまきち稲荷か、たまよし稲荷か。
人名+稲荷もよくあるし、玉○稲荷もありがち。

P1420818.jpg

中も外も、ぴかぴか新しい感じでした。

余談。
ポケストップを見てたら、ここから東にちょっと行ったところにも、
玉吉稲荷のポケストが。
同名の稲荷神社が近距離でもう一つ?
疑問に思いつつも、向かってみたところ、
ポケストップは回せるけれど、神社はない。
写真をじっくり見ると、どうも同じ稲荷神社が、二つ登録されてるみたい。
こういうこともあるんだね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
名称不明の神社
大阪市中央区谷町7丁目1

地下鉄谷町六丁目駅で降りて、空堀ど~り商店街を抜ける。
なんか見たことある風景、と思ったら、
前に榎大神に来たとき通った道だわ。
この先、公園を行き過ぎて、たばこ屋のところを左に行けば、榎大神。
今回は公園の手前、電気屋のところを右に入る。

P1420808.jpg

中学校の手前で右を向く。
おお、あれだあれだ。

P1420810.jpg

ちょっと古いが、鳥居もあって、台座もしっかりしている。
鱗紋と言うことは、巳ぃさんか。

P1420812.jpg

何か名前のわかるものは?と中を覗く。
巳ぃさんがお祀りされてるのは間違いないようだな。
よく見れば小さい灯籠に名前が!
なになに、堀田大…明神ね?…って、あれ?
よく見たら奉納者のお名前でした(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生國魂神社 4 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市天王寺区生玉町13-9

P1020252.jpg

鳥居をくぐって左側。

P1020254.jpg

精鎮社。
ご祭神は、事代主神、比咩大神。
この比咩大神は、弁天さんで、元は参道にあった蓮池にあったそうで、
そのためか、両部鳥居の下は池。
アクリル板越しに覗けるようになっている。

P1420801.jpg

鯉が泳いでるんだけど、見えるかなー?

P1420802.jpg

こっちの網越しの方が見えるか。

精鎮社の奥に行くと、近い方から、

P1020270.jpg

稲荷神社。

P1020268.jpg

源九郎稲荷神社。

P1020259.jpg

鴫野神社。

P1420799.jpg

鴫野神社の裏側には、枯れたご神木があって、これはこれで祀られている。

P1140735.jpg

ご神木の傍らに、置かれた石。

P1140736.jpg

金龍大神と書いてある。
ご神木だし、巳さんかな。
ふと、和歌山のあの石を思い出したが、あれとくらべるとだいぶ大きいので、
社号標か、塚の石碑みたいなものか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生國魂神社 3 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市天王寺区生玉町13-9

P1020250.jpg

皇大神宮の右にある「順路」通りに進む。

P1020252.jpg

鳥居の向こうに並ぶ境内社。

P1020277.jpg

写真には三社しか写ってないけれど、四社並んでいる。

P1420803.jpg

この間行ったとき、鳥居のすぐ右に、銅像が建っているのを見つけた。
あれー?
前からあったっけ?
織田作之助の像。
台座の説明文によると、平成25年の作のよう。
ちなみにほかの写真は、だいたい平成23年の写真。

P1020257.jpg

向かって左側から、城方向八幡宮(きたむきはちまんぐう)
城方向と書いて、きたむきと読むのか。
確かに大阪城は、いくたまさんの北方向。

P1020274.jpg

鞴神社(ふいごじんじゃ)

P1020275.jpg

家造祖神社(やづくりみおやじんじゃ)

P1020276.jpg

浄瑠璃神社

「4」に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
いくたまさんの御朱印
大阪市天王寺区生玉町13-9

1月限定でいただける、生國魂神社の干支朱印。
ぐずぐずしてたらこんな時期になってしまったが、どうにかいただきに行けた。

P1420824.jpg

2017年、平成29年、丁酉の御朱印。

P1420805.jpg

この日のいくたまさんは、蝋梅が咲いてましたよ。
ていうか、もう1月下旬じゃん。
そろそろ早咲きの梅が咲く頃だな。

干支朱印をもらい始めてようやく6年。
やっと十二支の半分まで来ましたよ。

j-o-ikutama-t.jpg j-o-ikutama-m.jpg j-o-ikutama-u_20170126015344f10.jpg

j-o-ikutama-h_20170126015338bef.jpg j-o-ikutama-s28_201701260153417e7.jpg

60年コンプリートはさすがに無理でも、十二支くらいは集めたいな。
あーでも、こうして並べると、
なんやかんやでほぼ松が明けてからしか行ってないな(笑)

b-ikutama_201701260152368ed.jpg

b-ikutama2_20170126015237410.jpg

生國魂神社の御朱印帳。
去年ピンクのが出来てたと思ったら、今年は紫も増えてました。
最近街角小祠ばっかり行ってて、全然御朱印帳持って歩かないから、
購入は見送り。

j-o-ikutama_20170126021623354.jpg

ちなみにこちらが、以前いただいた通常の御朱印で、

j-o-ikutama-s_201701260216247ed.jpg

こちらが神仏霊場会の御朱印。
生國魂神社は神仏霊場会48番になってるんだけど、
御朱印のサンプルには、この御朱印が貼られてなかったんだけど、
おおっぴらにやってないだけで、お願いすれば書いてくれるのか、
通常の御朱印に統一したのか?
神仏霊場の張り紙はあったので、御朱印のサンプルがないだけなのかな?
専用集印帳のみだったりするのかな?
私がいただいた26年当時は、
「神仏霊場の御朱印ていうのがあるんですか?」
と聞いたら書いてくださいましたけど。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生國魂神社 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市天王寺区生玉町13-9

本殿の右側。

P1020246.jpg

上方落語発祥の地 米澤彦八の碑
毎年9月に彦八祭りが催される。

ここの並びに、

P1020248.jpg

天満宮。

P1020249.jpg

住吉神社。

P1020250.jpg

突き当たりに、皇大神宮。

また、拝殿の右を奥の方でなく、そのまま階段を降りて左に行くと、

P1020279.jpg

井原西鶴像。

P1140752_20170122155528d92.jpg

お正月にはお餅も供えられてます。

P1250565_201701221555305f9.jpg

西鶴像から道なりにそのまま進むと、外に出る。
出たところには、天王寺七坂の一つ「真言坂」
3年前に「天王寺七坂巡り」のスタンプラリーをやったんだけど、
今もやってるのかな?

「3」につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生國魂神社 1 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


今日もこたつ沼にずぶずぶです。
いっそHNを「猫舌炬燵守叉兼」にでも変えようか、
と思ったり思わなかったり。


大阪市天王寺区生玉町13-9

地下鉄の谷町九丁目駅を降りて、谷町筋に出ると、

P1140755_201701201419123b0.jpg

歩道橋にも案内が出てるし、確か歩道にも看板が出てたはず。

P1020234.jpg

案内通り進む。

P1250568_20170120141913402.jpg

ちなみに千日前通と松屋町筋の角にも鳥居。

P1020236_20170120141847858.jpg

参道を進んだ先の鳥居。

P1020237.jpg

社号標。

P1020239.jpg P1020240.jpg

狛犬。

P1140721.jpg

手水舎。

P1020292.jpg

拝殿。

P1140725_20170120141910f73.jpg

お正月の拝殿。
ご祭神は、生島大神、足島大神。

「2」に続く。

中央区の行宮
大阪城の御旅所跡


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生國魂神社御旅所跡
ずいぶん前のgoogleマップ見て、行きたいと思ってたんだけど、
その後マップの仕様変更で消え、見失ってしまい、
大阪城にあるということしかわからなくなってしまった。
大阪城をつぶさに歩けば発見できるのだろうが、
そんな体力も根性もないので、どうしたものかと思っていたら。

そうです、ポケモンGO。
ポケストップになってました。
場所さえわかれば大丈夫。
しかも大手門の近くだし。

P1420743.jpg

お地蔵さんを見に行った後だから、南側のお堀端を西に移動。
見つけたけど、休憩中の人が居るから正面から撮れねえ(;^ω^)

P1420744.jpg

石碑と、

P1420746.jpg

説明書き。
生國魂神社は、石山本願寺に隣接して建てられていたと言うことで、
元々この近辺に建っていた。

御旅所は夏祭りの渡御のため、昭和7年に建てられたものだそうで、
天神祭の船渡御に対して陸渡御と呼ばれていたが、
空襲で氏地が焼け野原になったため、長らく途絶していたが、
平成26年に復活したらしい。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
不明な神社
大阪市中央区法円坂1丁目4

それは私が難波宮の角を歩いてたとき
目の前に下り坂と階段がありまして

P1420693.jpg

こんなトコにステキな鳥居が現れないかと
思ったところにそれらしき屋根

でも大概お地蔵さんなんだわと
素通りして坂を下りかけたらそこに

P1420694.jpg

あれは鳥居あの赤いのは鳥居
戻って階段下ってちょうだいませませ♪

…などと途中省略した替え歌を口ずさんでしまうようなところに、
神社発見~!

P1420696_201701020232490eb.jpg

ここも狭くて、全体図が撮れない。
だからスマホ用ワイドレ(ry

P1420705.jpg

宝珠。

P1420699.jpg

高床式。

P1420701.jpg

いろいろ映り込んで見にくい。
しかも肉眼でもよく見えなかった。
どうにか狐が居るのがわかったので、なんとか写真を撮ってみた。
このサイズの祠だと、中にあるのはよくある陶器の小さい狐だと思ってから、
案外大きくてびっくり。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。