鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
中山寺 華蔵院と、宝蔵院
宝塚市中山寺2丁目11

中山寺の、山門からの、参道に並ぶお寺の一部。

華蔵院

P1250412_20140305010302c4a.jpg

お稲荷さん。

P1250413.jpg

本堂。

t-h-nakayama-k.jpg

ご朱印。

宝蔵院

P1250407.jpg

本堂。

t-h-nakayama-h.jpg

ご朱印。

中山寺の、参道に並ぶお寺は、それぞれ、
干支の年守本尊があって(複数の場合もあり)
私も、自分の年守本尊の御朱印が頂きたかったが、
タイミング悪くていただけなかった。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
中山寺
宝塚市中山寺2丁目11-1
大本山中山寺

P1250387.jpg

安産祈願で有名な、中山寺。
春には、梅の名所でも有名。
ご本尊は、十一面観世音菩薩。

P1250389.jpg P1250390.jpg

山門の仁王さん。
仁王さんのところには、たくさんのわらじが奉納されている。

P1250404.jpg

手水舎。

P1250393.jpg

中山寺古墳、石の櫃(いしのからと)
今回、中山寺に行った理由のひとつ。
阪急でやってる宝探しイベントの、ポイントのひとつがここにあるから。
あれ、そういや、まだ交換に行ってないわ、いつまでだったっけかな。

そしてもうひとつがこれ。

Scan (1)

ニューイヤーチケットの景品。
招福吉祥飾紙。
これももらいに行った。

Scan (2) t-h-nakayama.jpg

そうそうこれも。
これはJRの企画物で、西国三十三ヶ所の札所で、
御朱印を頂くともらえる「イラスト散華」と、ご朱印。
これを、JRでもらえるパンフレットに貼って集めるという。
確かもうじき期限か来るな。
そもそも三十三ヶ所、全部廻る根性はないわけで。
全部は無理だけど、ちょぼちょぼ集めてます。

ん?
調べたら、JRの企画だけでなく、普段の三十三ヶ所巡りでも集めてる人がいる?
JRの企画としては、札所近くのJRの駅でスタンプ貰うって奴だから、
散華は普段でも、巡礼してる人は貰えるのかな?

スキャンしたら、結構大きめの画像になったけど、実物は小さいです。

で、帰りがけに、山門の内側を見ると。

P1250415.jpg

なんか、男前の狛犬が。

P1250419.jpg P1250416.jpg

木製漆塗りの狛犬。
最近、復元修復されたばかりとかで、ツルツルピカピカ。
そして、かなりの“男”前(笑)

やっぱり、安産子授けのお寺だからかなーとか、
ババアは、下世話なことを考えたり(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
清水地蔵と、吉水地蔵
姫路城のお堀の南側角。

P1240428.jpg

ここを下ったところに、清水地蔵。

P1240430.jpg

ここからさらにお堀端を南下して、白川神社を通って、

P1240455.jpg

シロトピア記念公園の南西の辺りに、

P1240457.jpg

吉水地蔵がありました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
武庫山成福院
宝塚神社から、平林寺を通って、逆瀬川の駅に向かう途中。
上ったり下りたりが面倒だったので、元来た道と違う道を通ってみた。

阪急のガードをくぐった辺りから、またお寺が並んでいる。

P1140887.jpg

武庫山成福院。
おや、平林寺の山号と同じですね。
平林寺の塔頭で、京都大覚寺の末寺だそうです。

P1140885.jpg

観音像。
そして後ろに鳥居。
そう、この鳥居が外から見えたので、入って来ちゃいました。

P1140884.jpg

淀姫大明神。
ここで言う淀姫は、茶々ではないんだな。
豊玉姫だったり、神功皇后の妹だったり。
ここがどの神様を祀っているかは不明。
公式サイトにも載ってなかったし。

「成福院 淀姫大明神」で、ググっても公式か、うちのブログばかりでるし(;´∀`)

P1140881.jpg

淀姫大明神の祠。
まだ新しいのか、きれいな紅白でした。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
武庫山平林寺
むこざんへいりんじ

P1140838.jpg

阪急の逆瀬川駅から、南へ200mほど。
この辺りは線路を挟んで、いくつかの神社仏閣がある。

P1140844.jpg

本堂。

平林寺は、飛鳥時代の創建で、用明天皇が、聖徳太子に命じて作らせたとか。
戦国時代には荒木村重の反乱に巻き込まれて焼失し、
江戸時代に再建されたそうだ。

P1140841.jpg

本堂、向かって右側に、びんずるさん。

P1140845.jpg

鐘楼。

P1140848.jpg

一回20円なんだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ  
須磨寺 2
宝物館を出て、階段を上り、唐門をくぐると正面に本堂。

P1100480.jpg

正面でお詣りして、左手に。

P1100481.jpg

びんずるさんがいらっしゃる。
なでなでなでなで。

P1100483.jpg

本堂左手から降りると正面に寺務所。

Scan120908-s.jpg

ここで御朱印をいただいた。

P1100484.jpg

寺務所を出てさらに左手を見ると三重の塔。

P1100496.jpg

こっちへ行くと、奥の院があるみたい。
登り口に、狛犬、かな?
とってもアジアンテイストなお顔立ち。
いや、狛犬はみんなアジア顔だけど、なんて言うか、東南アジア系?そんな感じ。
っていうか、私的にはその下に見える鳥居でしょ。

まずその前に鳥居そばにある喫煙所で一服だが。

P1100486.jpg

一ノ谷辨財天女。

P1100488.jpg

次の鳥居との間に、如来像。

P1100490.jpg

なんて読むんでしょうか?
解りません(>_<)

P1100491.jpg

そして出世稲荷。

P1100493.jpg

拝殿。

福原京遷都の時、平清盛が都の守護神として祀り、
以来出世稲荷として信仰されてきたが、
明治の頃湊川改修の折に、平家にゆかりの深い須磨寺に遷座されたのだとか。
御祭神は、尾玉、荒熊、末広、だそうです。

で、奥の院はと言うと、結局行かなかったのです。
あとでいろいろ見たら、ここから先、奥の院方向に面白そうなものいっぱいあるじゃん、
失敗したじゃん。

乗り放題きっぷ使うと、いっぱい乗らなきゃ損だ!と思ってしまう貧乏性が出たんだね。
涼しくなったらまた行くかな。
1月14日までならまだ、清盛パス使えるし。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

須磨寺 1
山陽電車須磨寺駅で降りて、智慧の道を山に向かって進む。
微妙な上り坂を登りつつ思う。
パンフレットには、須磨寺駅下車5分とあったが、どこの段階で5分なのかと。
須磨寺に限ったことではないが、神社仏閣を訪ねるときに、アクセスを調べるんだが、
最寄り交通機関から○分とか書いてあっても、
大規模な寺社でその時間でお詣りできることはまず無い。
山門仁王門楼門鳥居、などの「入り口」までの時間なんだろう。

そして、本殿や本堂までまた坂や階段を上っていくんだ。
下手に駅近の神社なんかだと、駅から神社の入り口より、
入り口から本殿の方が遠かったりするよね。

P1100459.jpg

橋の向こうに仁王門。
須磨寺の場合は、ここまでで5分なんだろうか。
それとももう少し下にあった寺号標石の所までだろうか。
だからどうしたって話だけど。

P1100463.jpg

仁王門くぐって右手に千手観音。

P1100464.jpg

その手前の、弘法岩五鈷水。

P1100465.jpg

大きな岩に、五鈷。

P1100466.jpg

ここからも水が湧き出ているが、

P1100467.jpg

天井の傘の内側から、霧状の水が岩にかけられている。
お大師様の姿を現す岩肌を、水が流れるようにしているようだ。
ミストシャワーは外にも向けて欲しいが、岩にかける水が霧状なのは、
水滴を滴らせると、いずれ穴が穿たれてしまうからだろうか。

P1100468.jpg

中央の参道より、左側の道を行けばいろいろ見ながら本堂に向かえるようだ。

源平の庭。
平敦盛と、熊谷直実の像。

格好いいけど、要は、命のやりとりをする敵味方の図、な訳で。
このあと直実は、世の無常を感じて出家するので、お寺的にはOKなのか。

P1100472.jpg

わらべじぞう。
そういえば、関西ウォーカーの載ってたような。

P1100475.jpg

ぶじかえる。
目玉と首がまわるんだそうですよ。
ビックリしたい人は目玉を、借金で困っている人は首を回してくださいだって。
両方、用はないので回さず。
色づき具合から見て、鉄の心棒が入ってるんだろうな。

P1100476.jpg

宝物館横の牛。
カエル像から、宝物館(休憩所?)に入り、牛の像のところから、
元の参道へ戻って階段を上がると、
本堂の前に出る。

続きは「須磨寺 2」で。
では、休憩(´∀`)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村