鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
若宮神社
交野市私市6丁目618

河内森駅から私市(きさいち)駅へ。
例によって旅ナビだよりで神社へ向かう。

P1330095.jpg

小学校の運動会くらいなら出来そうな広い境内。
ここの左奥に到着。

P1330094.jpg

社号標。

P1330090.jpg

境内社。
社号標の隣の小さい方の石標に、「磐船神社拝所 秋葉神社」
と、書いてあるから、秋葉神社か。

大阪中心に近畿の神社を廻っているのだが、
秋葉神社はあまり馴染みがない。
調べてみたら、火除けの神様なの?
近畿では愛宕神社の方が強いのかな?
単に私がまだ行ってないところに多くあるのか。
はたまた見落としているのか。

P1330079.jpg

手水舎。

P1330081.jpg

拝殿。

P1330087.jpg

本殿。
先に紹介した天田神社と、スタイルが似ている。
両社とも、連絡先は磐船神社

御祭神も、同様にニギハヤヒノミコトから住吉神にチェンジ。
似たような感じの神社で、天田神社の方が先にあったので、
こちらは若宮社になったとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
川東神社
交野市森南2丁目470

天田神社の、本殿と末社の間を奥に行く。
小さな川を渡る。
住居表示も全く違うんだが、どう見ても同じ境内にある境内社、
摂末社のような位置関係。
小さな川で、きっぱり別れているとはいえ、
鳥居も玉垣もない。
でも、大阪府神社庁のサイトでも、ちゃんと別の神社と紹介されている。

P1330068.jpg

そんなところにある祠。

P1330074.jpg

ちょっと見えにくいが、祠の横には社号標。

P1330071.jpg

祠を通り過ぎて、鳥居。

天田神社の由緒書きに、交野は物部氏の所領で、と書いてあったが、
ここは石清水八幡宮の所領だったそうだ。
まあ、時代が違うんでしょうけど。
その関係で、御祭神は、品陀別命だそうだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
天田神社
交野市私市1丁目30-11

京阪交野線河内森駅から東方向へ。

P1330054.jpg

社号標。

P1330062.jpg

境内社。
御祭神は、表の由緒書きには、八幡大神、厳島明神、
戎神、玉津島姫明神。
祠前の石板には、加えて、八坂大神。

P1330057.jpg

拝殿。

P1330059.jpg P1330058.jpg

拝殿前の狛犬。

P1330064.jpg

本殿前にも狛犬。
御祭神は、表筒男命、中筒男命、底筒男命、息長帯姫命。

交野地方は、肩野物部氏の所領でその祖であるニギハヤヒノミコトが、
長く交野の祭神だったが、平安時代に、磐船の神も海に関係あると考えられ、
さらに物部氏の衰退もあって、交野の神社の祭神は、ニギハヤヒノミコトから、
住吉神に変わったのだとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
磐船神社 2
いわふねじんじゃ。

P1190835.jpg

拝殿。
本殿はなく、御神体の巨石「天の磐船」を直接拝めるようになっている。

P1190841.jpg

この拝殿と山の間には天野川が流れ、
そこに巨石郡が積み重なって、岩窟をなしている。
そこを拝観することが出来るのだが、
磐座行場であること、狭くて危険であることなどから、
拝観料以外にも諸条件があり、誰でも行けるわけではないようだ。

P1190843.jpg

岩窟の入り口。

P1190844.jpg

中には入れないので、柵の隙間から。
なんで中に入れないのかって?
注意書きに足の弱い人はダメって書いてあるし、デブだし、挟まりそうだし。
そもそも狭いトコダメなんだよね。

っていうか、前日雨降ったので、この日は拝観中止でしたが。

P1200041.jpg

御朱印。
天孫降臨之地とある。
天孫降臨と言えば、まあだいたいは、高千穂に降りた
ニニギノミコトを思い浮かべるのではないだろうか。
ここの御祭神は、ニギハヤヒノミコト。
ニニギノミコトとは別ルートで、ここの御神体である、天の磐船に乗って、
降臨してきた天津神であることは知っていたけど、
ニギハヤヒノミコトも天孫であったとは知らなかった。

諸説ある中、ニニギノミコトの兄と同一という説もあるので、
その説を採っているのかな。

天の磐船は水に浮かぶ船ではなく、
飛行船とか宇宙船の“船”の方で、空飛ぶ船。
なので、航空神社や飛行神社の御祭神でもある。

ニギハヤヒノミコトの子が物部氏の祖で、
物部氏と言えば、崇仏派の蘇我馬子と、
神道側に立って戦って破れたんだよね。
確か「日出処の天子」で読んだわ。

P1190851.jpg

御朱印待ちの間にウロウロしていたら、社務所の裏の山に鳥居発見。
この向こうが、岩窟拝観の出口で、天の岩戸とかあるんだけど、
要拝観料で、今回はパス。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
磐船神社 1
いわふねじんじゃ。

以前泉佐野の泉州磐船神社(通称航空神社)に行ったとき
交野の磐船神社より御分霊を戴き、とあったので、
一度行ってみたいと思いつつ、車でないと、大層行きにくいところにあるので、
半ばあきらめていたところ、親が連れて行ってくれるというので、
またほいほいと親がかりで行ってきた。

P1190815.jpg

駐車場に車を置き、神社へ。

P1190862.jpg

社号標は磐船明神社。

P1190817_20130629203012.jpg

鳥居の額は磐船宮。
この辺神社のテキトー感。

P1190820.jpg

社号標の所の、巨石には蛇の像。
産霊之神(むすびのかみ)だそうだ。

P1190828.jpg

最初の鳥居をくぐって、左側。
磐船稲荷大明神。
その右側の、

P1190823.jpg

二本の柱の向こうに、御神体の「天の磐船」

P1190837.jpg

手水舎。

P1190838.jpg

手水舎の屋根の端にぶら下がる、手水の作法。

ええ、こんな所で切るの?
と言うところで切って、2に続く


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ