鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大津神社
泉大津市若宮町4-12

南海泉大津駅から西へ。

P1330597.jpg

社号標。

P1330598.jpg

手水舎。

P1330605.jpg

拝殿前の厄除けモモ。
泉大津のパワースポットらしい。

P1330603.jpg

拝殿。
元は若宮八幡宮といったが、明治時代に周辺の神社を合祀し、
大津神社になった。
御祭神は、
もと若宮八幡神社の息長帯姫命(神功皇后)、品陀別命(応神天皇)
もと宇多神社の素戔嗚尊(お天王)、もと神明神社の天照大神、船玉神、
もと菅原神社の菅原道真公。

P1330611.jpg

元八幡宮だったから、本殿の千木に鳩がいるんですね!ポー。

P1330615.jpg

本殿と境内社の間。
玉垣で区切られた向こう側に、馬に乗った武者像。
見事なプリケツをごらんあれ。
…じゃなくて。

何故か後ろ姿。
見渡したところ、玉垣の向こうに行ける道が見つけられず。
何故出し惜しみをするー。
顔を見せてください。

出し惜しみといえば、ご朱印を頂こうと授与所の窓を見れば、
「ご用の方はこちらに電話を」の貼り紙。
ここまではよくあること。
だが、書かれた電話番号は2桁ー4桁。
いやさ、普通ここで電話するならケータイやん?
ケータイは同一市内でも、市外局番いるやん?
アタシ、近所の人ちゃうやん?
市外局番知らんやん?
数字4桁の手間惜しまんでもええやん?

そんなことをブツブツ言いながら、帰る途中。
駐車場に狛犬。

P1330620.jpg P1330618.jpg

よく見る形の狛犬さんだけど、えらくギョロ目(笑)

P1330619.jpg

しかも、血走っててコワイΣ(゚∀゚ノ)ノキャー。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。