鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春日神社
大阪市福島区玉川2-2-7
以前、野田恵美須神社に行ったとき、
春日神社はちょっと解りにくいところにある。
でも、藤の咲く頃はみんな見に行く。
と聞いていたので、じゃあ藤の頃に、見に行く人に付いていったらいいのね!
と思い、藤ならGWの頃だろうと、4月29日に行ってみた。

野田恵美須には地下鉄の玉川から行ったけど、今回はJR野田から。
電車賃の関係で。

P1400381.jpg

阪神高速を越えたところの小さい公園を突っ切る。

P1400382_2016050512173231f.jpg

マンションの横。
藤の頃に、と思って行ったら、年に一度の大祭だそうで、
おじゃましないようにそそくさとお参り。

P1400384.jpg P1400385.jpg

大祭のための台の後ろの狛犬も、とりあえず撮っとく。

P1400383.jpg

祠。

P1400391.jpg

横から。
写ってる奥様が向かう方向が、公園。

P1400389.jpg

大祭は10時半から。
今9時過ぎ。
早めに来てよかった。

P1400386.jpg

野田藤の石碑。
野田藤というのは、江戸時代には、
吉野の桜高尾の紅葉と並び称されていた品種で、
市街化が進んで絶滅しかけたのだとか。

ここの藤は、江戸時代参勤交代の途中、宇和島藩主が苗木を持って帰っていて、
その苗木が育った樹齢200年以上の藤の実生から育った苗木が、
福島に里帰りした物の1本だそうだ。

P1400388.jpg

時期をねらっていったはずが、残念ながら花の時期は逃したようだ(;^ω^)

P1400392.jpg

帰ろうとして、神社の裏の、マンション入り口に、貼り紙発見。
ご朱印がいただけるようですよ。
うっかり朱印帳を忘れたので、私はいただきませんでしたが。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
黒髪大明神
大阪市福島区福島7丁目21

JR福島駅から、教えて貰った公衆電話似の祠を目指す。

P1400110.jpg

これじゃない。

P1400111.jpg

これはボックス。

P1400112.jpg

これでもない。
福島駅からなにわ筋を300mほど行っただけで、公衆電話が3台。
意外とあるな。
公衆電話。

P1400114.jpg

うん、あの中華屋の前だ。

P1400115.jpg

ここから見ると、お寺で見るロウソク台みたい。

P1400120.jpg

裏から見ると、うん、公衆電話っぽい。

P1400117.jpg

諸願成就 黒髪大明神。
これ以上髪が薄くなりませんよ~に。・゚・(ノД`)・゚・。

P1400118.jpg

ガラス戸がはまっていて、中にはごはんとか供えてありました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
長光龍王
大阪市福島区鷺洲3丁目5

P1390972.jpg

福島での目的地。
ここの裏。

P1390976.jpg

完全に、茶色い塀のお宅の庭のような気もするが、
オープンになってるのでお参りさせて貰う。

P1390975.jpg

長光龍王、長江大明神、長松大明神。

お参りしてもう一軒。
下調べで鳥居のあるお寺があったので、そこへ向かう。

P1390977.jpg

交差点の向こうに、赤い幟発見。

P1390980.jpg

妙壽禅寺。
残念ながら門が閉まってて入れず。

P1390981.jpg

お稲荷さん、見えてるのになー(´・ω・`)

でも、お寺の名前に違和感。
あれ?私の調べたお寺ってこんな名前だっけ?
帰って、もう一度調べなおしたら。
本当の目的地は、もうひとつ向こう側だったー。
orz

まあ、福島でもう一社教えて貰ったからまたそのうち行こう。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
権太夫大神
大阪市福島区福島5丁目10

宝塚から梅田を経由して阪神福島駅へ。
2番出口から浄正橋交差点を渡って、次の目的地に行くべく
スマホの地図を見る。
地図の指示だと交差点を北に行って
何本目かの筋を西へ行くんだけれど、
最初の細道をヒョイと覗いてみたら、なんとなく鳥居っぽい物が。

P1390970.jpg

これは行きすぎてから撮ったので、写真奥が駅の方になる。

P1390962_201604031458066bf.jpg

飲み屋さんとか飲食店が並ぶ通りに、鳥居がありました。
鳥居の向こうにチョロッと見える、赤いところに祠がある。
見ての通り、さらに細い路地にあるので、ちょっと全景が撮れませんでした。

P1390967.jpg

赤いところの網戸の奥に、鳥居と祠。
網戸も目が細かくて、中がよく見えない。

P1390963.jpg

うつむき加減の鳥居の額。
宝塚の権太夫と同じく、特に狐も神紋も見あたらなかったけど、
飲食街だし、ここもお稲荷さん系なのかな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
八坂神社
福島区海老江6-4-2
海老江八坂神社、海老の宮。

P1300930.jpg

鳥居。

P1300943.jpg

手水舎。

P1300937.jpg

豊里稲荷神社。
…の、左に目を移すと。

P1300941.jpg

おキツネ様大集合。
稲荷社に、複数組のキツネ、というのはこれまでにもいくつか見た。
珍しいことではない。
が、しかし、これほど一堂に会して、みたいな状況は早々見ない。
ご朱印を頂くときにお尋ねしてみると、
近隣の会社などでお祀りしていたお稲荷さんを、お返しして祠を閉じられたときに、
そこに置かれていたおキツネ様達を、この神社に預けられたんだそうで、
それがこれだけ集まったんだそうです。

これも不況の影響といえるんだろうか。

P1300944.jpg

拝殿。
御祭神は、素戔嗚尊。

j-o-e-yasaka.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
互譲稲荷大明神
大阪市福島区海老江8丁目7

天保山でやっている機動戦士ガンダム展の、
開催記念スタンプラリーに行ったついでに神社巡り。

P1300926.jpg

鳥居。

P1300927.jpg

額。
なんて読むんでしょう?
「ごじょういなり」でいいんでしょうか?

P1300929.jpg

祠は残念ながら、ブルーシートで覆われていて、中をうかがうことは出来ない。

P1300929-11.jpg

祠の前に、お掃除セットっぽい籠があったから、
大掃除の最中なんでしょうか?


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
豊光神社
大阪市福島区野田6丁目5
JRまたは阪神の西九条駅東に500mくらい。
ビルとかマンションとかに囲まれた一角にある神社。

P1300375_2014071023323074d.jpg

鳥居。

P1300376.jpg

鳥居の額。

P1300385.jpg

額の上辺にキツネ。

P1300378.jpg

祠の前にもキツネがいるので、お稲荷さんであることは、
間違いないようだけど、詳細は不明。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
福島天満宮
大阪市福島区福島2丁目8-1
JRの福島駅、新福島駅、阪神の福島駅が最寄り駅。
一番近いのは、阪神の福島駅。

私は出先から行ったこともあり、JR新福島から。

SN3R0125.jpg

手水舎。

SN3R0126.jpg

末社。

SN3R0129.jpg

摂社。
吉高稲荷神社。
宇賀御魂大神を祀る。

SN3R0131.jpg

拝殿。
御祭神は菅原道真公。
相殿神に、大国主命、事代主命、少彦名命。

福島には元々三天神あり、上の天神、中の天神、下の天神があった。
上の天神に、中の天神を合祀して、福島天満宮になり、今日に至る。
相殿の少彦名命は、元々中の天神の主祭神。

天神=天神様=菅原道真、と言うイメージだけど、
天神=天満宮ではなく、○○天神には、天津神を祀る神社もあり、
私が見た中では少彦名命が、主祭神のところが多いように思う。
まあ、圧倒的に菅原道真公が多いんですが。

ちなみに下の天神はここ→天神社

P1220561.jpg P1220562.jpg

御朱印を頂いたときに、略記もいただきました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
天神社
てんじんしゃ。

P1190488.jpg

高速道路の方から入っていくと、鳥居と社号標が。
豊光神社。
あれ?天神社を目指してきたはず。
そして、戸が閉まってては入れない。

P1190491.jpg

ふと目線をずらすと、すぐ隣に天神社。
こちらは鳥居なし。
豊光神社は、天神社の境内社のよう。

P1190492.jpg

手水舎。

P1190494.jpg

手水舎の作法。
これも、結構神社の特色とかがあって、集めてみると面白い。
ここは、柄杓の水汲み直しあり。

柄杓の水について、言及のあるもので、よく見るのは
最初に汲んだ一杯の水ですべてまかなうというもの。
ここは、左手右手を清めたら「水を汲んで」口をすすぐ。

うん、まあ、細かいことは(゚ε゚)キニシナイ!!

P1190508.jpg

参道と、拝殿。
御祭神は、少彦名命、菅原道真。
少彦名が祀られていると言うことは、元々少彦名で天神だった神社が、
天神様=菅原道真というのが広まったので、
菅原道真も勧請ってコースかしら、と妄想。

参道の右の、三色の塀の向こうが幼稚園かなんかで、
参道左には、子供イス付きのママチャリがずらり。
そういえば寺社教会なんかの副業系に、幼稚園ってよく見る気がする。
なんでかね?


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
影藤大神と白藤大神
恵美須神社で、駅前の地図で見た春日神社の行き方を聞く。
ちょっと入ったところにあるので、解りにくいかも、
と言うことだったが、とりあえず行ってみる。

で、高速の高架下を渡ると、鳥居が。

P1190478_20130617202954.jpg

影籐大神。

P1190480.jpg

祠。
ここを通過して、横の道を入っていくと、

P1190481_20130617202957.jpg

白藤大神。
ここかしら?え?でも、春日の文字がないなあ。
春日神社のそばには「野田の藤跡」というものがあるらしいけど。

P1190486.jpg

これ?

横に立てられた、立て札によると、これも野田藤のよう。

P1190485.jpg

石碑もあって、古蹟であるのは間違いないようだが、
どうも春日神社ではなさそう。

家に帰って調べたら、やっぱり春日神社は別の所だった。
いずれは再び訪れることになるだろうが、
藤の頃に来た方がよさそう。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。