鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
式内楯原神社 2
大阪市平野区喜連6-1-38

P1390942.jpg

正面の鳥居。
そう、実は最初にたどり着いたのは、いつもの如く、脇参道。
つたい石伝いなのに。
そう、これも実は、つたい石って、どこへ向かってるのかさっぱり解らない。
複数史跡があれば、目的地違いの場所へ行くこともあるし、
途中で見つけた場合、反対方向へ行く危険もある。
地図を見つつ、道があってるかどうかの確認に使うのがいいみたい。

P1390911.jpg

境内に謎の玄関。
お隣のお寺につづくよう。
えー、入っていいの?
中途半端にビビリなので入らず(;^ω^)

P1390903.jpg

拝殿。

P1390912.jpg

本殿。
御祭神は武甕槌大神と大国主大神。

P1390934.jpg

息長眞若中媛の石碑。
昨日載せた神宝十種之宮の右側に、こそっと建っていた。
で、誰なん?見たことあるっぽい名前、
そうそう、息長帯比売命(神功皇后)の息長だ。
同じ名字?ってこと?関係者?

どうやら応神天皇の妃の一人らしい。
息長氏という同族の、嫁姑関係のようだ。
この息長という名前を持つ人物は、
古事記なんかにもちょくちょく出てくるが、なかなかの謎氏族らしい。

ご朱印。

j-o-tatehara.jpg


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
式内楯原神社 1
大阪市平野区喜連6-1-38
しきないたてはらじんじゃ。

中高野街道からつたい石をたどって、楯原神社に到着。

P1390897.jpg

社号標。

P1390899.jpg

手水舎。
お花見の提灯。
この頃はまだちらほら咲きだった桜も、今頃は満開から散り初めくらいか。
ていうか、今日の雨でだいぶ散ったかなぁ。

P1390913.jpg

境内社。
遙拝所か?

P1390917.jpg

楠社と楠。

P1390925.jpg

稲荷大明神。

P1390927.jpg

猫が通ったので追いかけたが、後ろ姿しか撮れなかった。
残念。

P1390918.jpg

日本國最初神寶十種之宮。

P1390919.jpg

鳥居の左に見える白い看板に、十種の神宝の由来が書かれている。
とても長いので、ぜひとも現地で読んでいただきたい。
とてもザックリ言うと、信長の焼き討ちで散失した十種の神宝は、
町の古道具屋に売られているのを発見され、
いろいろあってここに祀られてます。
ということらしい。

後は「2」につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
産土神社
大阪市平野区長吉出戸6-10-14

P1390876.jpg

手水。

P1390873.jpg

境内社。

P1390870.jpg P1390869.jpg

狛犬。

P1390866.jpg

拝殿。

P1390868.jpg

拝殿の額。

P1390871.jpg

拝殿内の額は素戔嗚神社。

P1390879.jpg

本殿。
ここも志紀長吉神社の兼務社で、開運厄除けの宮。
兼務社だからというわけでもないだろうが、
天照皇大神社と印象がかぶる。
御祭神は、拝殿内部の額でも解るように、素戔嗚尊。
そして元々は牛頭天王。
牛頭天王社から産土神社へ改称と書いてあったが、
素戔嗚神社はどこから出てきた(笑)
まあ略歴だから略されてるだけと言うこともあるだろうし、
通称とか、大筋で間違ってなければOK!
みたいな額は今まででも見てきたし、
たぶんたいした問題じゃないんだろうな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
天照皇大神社
大阪市平野区長吉出戸4-4

P1390854_20160402175641534.jpg

鳥居。

P1390856.jpg

拝殿の額。

P1390861.jpg P1390860.jpg

狛犬。

P1390863.jpg

本殿。
志紀長吉神社の兼務社で、開運厄除けの宮だそうだ。
志紀長吉神社のサイトによると、

>創建は明らかではなく、天照皇大神・春日大神・八幡大神の
>三座をお祀りしていたが明治5年産土神社に合祀された。
>明治13年7月分離し村社となった。


と書いてあることから、御祭神は、天照皇大神・春日大神・八幡大神
の三座と思われる。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
八坂神社
平野区喜連東2-1-21

お地蔵さんの建っているところはT字になっていて、
つまり、私の進んできた方向だと、突き当たりになっている。
左右を見渡しても、八坂神社の入り口は「見えなかった」ので、
きっとこっちは裏なんだ、もうひとつ向こうの筋から入るんだなと、
その向こうの筋へ出るために、地図を確認すると、
左に行く方が近かったので、そっちへ行く。

P1370765.jpg

ひとつ向こうの道を行くと、公園。
「喜連八坂公園」
神社の名前が入ってるし、この公園の中から行くのね。
公園経由の神社って、そこそこあるし。

P1370767.jpg

うん、間違いではなかったが、正解でもないな。

P1370769.jpg

結局ぐるっと回って、見つけた鳥居は、お地蔵さんから「右」に行ったところ。
「見えなかった」だけなのね。
無駄にぐるっと回ったわ。
デブは一歩でも余分に歩くのを厭うからデブなんだよぉぉっと。

P1370772.jpg

なんか、読めない石碑と、犬猫禁止の看板と、遙拝所の石柱。
なんの遙拝所か。
神宮か、京都の八坂神社か、どこでもいいのか。

P1370773.jpg

参道を行くと、

P1370774.jpg

公園からの門。
お祭りとかの時には開くんだろうか。

P1370775.jpg

拝殿。

P1370779.jpg P1370778.jpg

拝殿前の狛犬は、出っ歯タイプ。

P1370782.jpg

拝殿の右側に、社務所っぽい建物と、由緒書きの石碑。

P1370782-1.jpg

(クリックで拡大)
御祭神や由緒は、拡大して見て貰っての通りだが、
御祭神の読み方がよく解らん。
七柱の御祭神ということでいいのか。
八坂大神=素戔嗚尊、忍坂大神=忍坂大中姫命、と読んだら、
熊野大神=山皇権現?あれ、そうだっけ?
山皇権現はさんのうごんげんだろうから、熊野と言うより日吉?
御祭神のダブりはよくあるから、やっぱり七柱ととらえればいいのかな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
志紀長吉神社 2
大阪市平野区長吉長原2-8-23

P1350783.jpg P1350782.jpg

拝殿前の狛犬。
ずんぐりむっくりの、余り見かけないタイプだな。

P1350784.jpg

琴平社。

P1350787.jpg

稲荷社。

j-o-siki-n.jpg

ご朱印。

P1350775.jpg

ここは、真田幸村ゆかりの神社だそうで、

P1350780.jpg

絵馬かけも六文銭。

大阪の陣400年とか、来年の大河で真田幸村が注目されてるみたい。

P1350802.jpg

だからなのか?
上新庄駅前の、カーネルサンダースが、真田の赤備え風。
鯉のぼり持ってるし、こどもの日バージョンなのか?(5月6日撮影)
上新庄って、何か大阪の陣とか、真田幸村に関係あるのかな?
大阪なので、無関係ではないだろうけれど。



ムリヤリ引き延ばした感がありますが、これでストックがつきました(;^ω^)
先日もお伝えしたとおり、私ただいま、忌中真っ最中ですので、
当分、新ネタが補充できません。

たぶん旧ブログネタをちょいちょいアップすると思いますが、
更新頻度が下がります。
忌が明けたら即、お詣りしたいと思ってますが、
開けたら梅雨入りしそうだorz


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
志紀長吉神社 1
大阪市平野区長吉長原2-8-23

地下鉄長原駅から、西へ。
瓜破で全く、旅ナビのGPSが動かなかったので、
とりあえず駅前の地図でおおざっぱに位置確認。
地上に出て、ナビを確認すると、反応したので、
指示に従って歩く。

地図上で目印にした、古墳のある公園には行き当たらなかったが、
まあ、通った道が違うんだろう。
そのうち、目的地近くにつきました、と言われるも、
全くそれらしいものが見あたらない。

あれ?っと思いながらウロウロしてると、住居表示が「4丁目」
目的地は「2丁目」
すっごいずれてますorz

一応周辺地図は確認できるから、2丁目方向に歩く。

P1350771.jpg

なみはや公園。

P1350770.jpg

駅前の地図で見た、古墳のある公園発見。

P1350773.jpg

公園自体は普通の公園にしか見えなかった。

しかしとりあえず、神社に行ける目途はついた。

P1350774.jpg

公園からもちょっとウロウロしたが、どうにか到着。
鳥居と社号標。

P1350778.jpg

手水舎。

P1350779.jpg

おお、これは初めて見るタイプだー。

P1350781.jpg

拝殿。

P1350790.jpg

本殿。
御祭神は、長江襲津彦命、事代主命。

2に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
西瓜破天神社
大阪市平野区瓜破6丁目2-6

瓜破天神社から、西へ移動。
阪神高速を越えて、もう少し西。

nisiuriwari (1)

お寺と集会所の間に鳥居。

nisiuriwari (2)

社号標。

nisiuriwari (3)

拝殿。

nisiuriwari (4)

拝殿の龍。

nisiuriwari (5)

本殿。
ここは、瓜破天神社の、境外社に当たるみたい。
瓜破神社似合った、由緒書きの看板に、
「寛永年間に、耕作の都合で集団移住し、西川村(旧西瓜破)を形成し、
そこに氏神として祀った天満宮(祭神菅原道真、創立鎮座年月不詳)」
という一文があるので、ここのことじゃないかな、と思います。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
瓜破天神社
大阪市平野区瓜破5-4-19

地下鉄喜連瓜破駅から南へ。
喜連瓜破。
喜連と瓜破の間にあるから喜連瓜破。
大阪の難読地名、駅名に出たりする駅。
「きれうりわり」と、読むのだけれど、
よく考える前にセットで覚えたので、
ヨソの地方の人がなんと読み間違えるのか、想像がつかない。

P1350742_20150520210209e56.jpg

さて、調子の悪い旅ナビの、方位磁石機能を頼りに南下。
市バスに、瓜破神社前というバス停があるのを
調べていかなかったせいで、無駄に歩く。

なんやー、バス停真ん前やんー。
この日も当然、市バス地下鉄乗り放題の、エンジョイエコカード利用なので、
バスに乗っても乗らなくても、交通費は同じ。
でもまあ、本数少なそうなので、どのみち乗れなかったかも。

P1350746.jpg

手水舎。

右奥に見える建物は、瓜破交番。
これを目印にしても良いかも。

P1350749.jpg

拝殿右に、金光稲荷大明神。

P1350751.jpg

ここの玉垣が、プラ板だった。
耐久性云々より、今時は木の板より、プラ板の方がお手軽なのかも。

P1350745.jpg

拝殿。

P1350750.jpg

本殿。
御祭神は、素戔嗚尊、菅原道真、平 維盛。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
赤坂神社
大阪市平野区長吉六反1-14-24

P1300714.jpg

鳥居。

P1300712.jpg

社号標。

P1300726.jpg

手水舎。

P1300719.jpg

拝殿。

P1300724.jpg

本殿。

御祭神は、素戔嗚命尊、菅原道真公。
元々は、素戔嗚命尊のみお祀りしていたが、
明治五年、字飯田の素戔嗚命神社、天満神社、御神社の三社を合祀して、
現在の二柱の御祭神となり、赤坂神社と改称した。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ