鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
伏見稲荷
大阪市住吉区東粉浜3丁目14

南海粉浜駅を下りて、南東方向へ。

P1400567.jpg

閻魔地蔵尊。
ここまできて、さて困った。
お堂の前の交差点が、6叉路だった。
お堂の前の交差点で、スマホにGoogleマップ表示したままくるくる。
ヤバイ、どこから来たのかも解らなくなった(;^ω^)

P1400569.jpg

どうにか道を特定。
このお百度石のある道を行けばいいみたい。

お百度石。
境内の外にあるんだ。

P1400566.jpg

阪堺電車の上町線の線路脇。
赤丸の所。
こっちは裏側。

P1400557.jpg

表に回って、やっと到着。
ああ、これは笠木のなくなった石鳥居でしょう。
壊れる前に見たかった。

P1400560.jpg

鳥居808、809の時に貼った、祠の中の鳥居。
ここに伏見稲荷って書いてあるから、ここは「伏見稲荷」
天下茶屋の何某さんが厄年に建立した物のようです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
住吉行宮正印殿址
大阪市住吉区墨江2丁目7

P1390090.jpg

住吉行宮正印殿址二、到着。
門が閉まってるので、外からお詣り&撮影。

P1390085.jpg

中央に石碑。

P1390087.jpg

左にひとつ。

P1390088.jpg

右に二つの祠。
右側は、額がついてるけど、遠くてうちのカメラでは読めません。

で、お参り済ませて帰ろうと振り返ると。

P1390089.jpg

長居公園通りやん。
(突き当たりのマンションの前の道)
無駄に大回り(;^ω^)
末廣大神に行けたから、無駄ではないか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
末廣大神
大阪市住吉区墨江3丁目1

次の目的地へ行くため、長居公園通りを渡る。
実は修理した旅ナビが、早速壊れたので、
最近はもっぱらスマホのGoogle地図だよりになっている。

そして、旅ナビでもよくやられたけど、Googleでもやられましたよ、
「ついたら目的地の裏」\(^o^)/

地図的に、戻らなくてもぐるっと回れば
行き着けそうだったのでそのまま進むと。

P1390073.jpg

地図にない神社。
これも旅ナビだよりの時によくあったけど、
Googleさんにも、引き合わせてもらえました。
予定外の神社(^ω^)

P1390074.jpg

祠。
名前的にも、紋的にもお稲荷さんだな。
ふっと、見上げると。

P1390076-1.jpg

おお。
現役の棟木札だ。
いいもん見れた(゚∀゚)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
浅澤神社と大歳社
浅澤神社
大阪市住吉区上住吉2丁目11

以前、住吉大社にお参りしたときに、工事中だったので、
今回お参りさせていただいた。
住吉大社はスルーしたけど(;^ω^)

P1390064.jpg

鳥居。
ちょっと小ぶり。

P1390057.jpg

鳥居をくぐると橋。
池に小島の弁天スタイル。
市杵嶋姫だし。
池の部分は、時期が来るとカキツバタが咲く。

P1390063.jpg

手水舎。

P1390060.jpg

水盤の縁の竜は、なんなんだろうか。
ここから水が出るのか。

P1390059.jpg

祠。

大歳社
大阪市墨江一丁目5

P1390067.jpg

大歳社は前回もお参りしたけど、今回も行く。

P1390068.jpg

本殿。

P1390070.jpg P1390069.jpg

狛犬。
吽形は太鼓の陰に隠れてる。

P1390071.jpg

帰りがけに気づいたけど、手水舎の屋根に、

P1390072.jpg

なんか愉快な子がいた。
こんなキャラクターいたような気がするが、思い出せない。
( ^o^) これか?
いや、ちょっとちがうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
丸山龍王
大阪市住吉区墨江1丁目6

丸山龍王、お選大明神、お満大明神。

丸山大明神から南に進むと、細井川の堤防にでる。
そこから東に。
住吉大社の境外社、浅澤社や大歳社のある方へ進む。

ここは下調べの時に場所が良くつかめず、
細井川沿いということだったので、川向こうを見ながら移動。
途中で、公園の向こうに鳥居が見えたので、
そこへ向かう。

P1390055.jpg

浅澤社と、大歳社の間の橋を渡る。

P1390066.jpg

渡ってすぐ、川沿いの道を西に戻る形で曲がる。
しばらく行くと、小さな公園の向こうに鳥居。

P1390048_20160114223112eb5.jpg

右側が公園。

P1390051.jpg

祠。
ここは特に何か書いたものは見あたらず。
丸山大明神とは丸山つながりだけど、地名かな?
川沿いで龍王だし、川の神様、水の神様なんだろう。
両脇に、女性名っぽい大明神だと、
生贄とか人柱とか、妄想しちゃうなー。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
丸山大明神
大阪市住吉区住吉2丁目14-4

行きは南海高野線の帝塚山駅から来たが、
万代池の最寄り駅は阪堺電車の帝塚山三丁目。

P1390036.jpg

帝塚山三丁目から阪堺電車に乗って、住吉鳥居前で降りる。
乗ってきたのとは違うけど、
アドベンチャーワールドのパンダが可愛かったので(笑)

P1390035.jpg

お正月準備中の住吉さんを眺めつつ素通り(笑)
住吉大社の南側へ。

P1390041.jpg

住宅街の角っこ。

P1390042.jpg

このあたりは、歴史的景観とかを整備した
「丸山の庭」というゾーンになっているらしい。

この看板によると、丸山大明神は、
仁徳天皇の子、墨江中王の祀られた丸山塚で、
後の履中天皇である兄と対立して破れ、
天皇に背いたということで公式の墓がなく、
縁の深い住吉大社(ひいばあちゃんが神功皇后)の
近くの丸山塚に葬られたんだそうだ。

P1390044.jpg

祠。

P1390045.jpg

幕の紋が稲荷紋だから、お稲荷さんも祀られてるのかな。



鳥居とかご朱印とかまとめてます。
電車乗っていくねん」昨日更新。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
古池龍王
大阪市住吉区万代3丁目7万代池公園内

南海高野線に乗って、帝塚山へ行くために電車待ち。

P1390018.jpg

高野山へ行く、特急こうやが来た。
高野山開創1200年のラッピング電車。
なぜにこの年末(この日は12月30日)に桜?と思ったら。

P1390019.jpg

四両編成の一両づつで四季のラッピングになってた。
動き出してから気づいたので、夏は撮りそびれ。

こうやをお見送りして、各駅停車に乗り、帝塚山へ。
そこから東、万代池へ。

P1390020.jpg

池の中の小島。

P1390022_201601142136163c0.jpg

そこに古池龍王が。
「ふるいけりゅうおう」か、「こいけりゅうおう」か。
たぶんふるいけりゅうおう。

P1390028.jpg

写真では解りづらいだろうけど、鳥居の色が青灰色。
ネットでは見たことあるけど、青系の鳥居は初めて。
( ゚Д゚)ウヒョーテンション上がるぅ~

P1390025.jpg

石碑。

P1390031.jpg

古池龍王を中心に、八柱の龍神様が祀られてるよう。

P1390032.jpg

その上に書かれているのは、
「南無妙法蓮華経」か?
神社に分類したけど、寺に入れた方が良かったかな(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
止止呂支比賣命神社 2
大阪市住吉区沢之町1-10-4

止止呂支比賣命神社の境内社。

P1380662.jpg

遙拝所。

P1380665.jpg

お稲荷さん。
御祭神が書いてあるだろう石碑は、石の祠がびっちりくっついてて、写真に撮れず。

P1380668.jpg

霰松原荒神社。

P1380674.jpg

社殿に対して微妙に斜めな鳥居。
なんでや。
反抗期か。

P1380676.jpg

もしや社殿より、こっちの社号標に対しての鳥居なのか。
天水分豊浦命社社号標石。
大阪市指定文化財。

j-o-todoroki2.jpg

こちらのご朱印も授与所で頂きました。

P1380680.jpg

荒神さんのお隣も、鳥居をくぐってみると、横向いてるよ。
まあ、ここは祠の後ろのご神木が祀られてるから、この向きなんだろう。

黒長社。
このご神木と、蛇を祀ってるんだそうだ。

P1380682.jpg

蛇像。
これもどっちが正面か、迷うな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
止止呂支比賣命神社 1
大阪市住吉区沢之町1-10-4

とどろきひめみことじんじゃ。
別名、若松神社、若松宮、若松さん。

todoroki (1)

社号標。

todoroki (2)

手水舎。

todoroki (4)

絵馬殿ぽいが、見た限り絵馬っぽい物は見えず。
といっても、ずぼらして側まで寄らなかったので、ないとは言い切れない。

todoroki (3)

拝殿。

todoroki (5)

本殿。
素戔嗚尊、稲田姫尊。
ん?トドロキヒメは?
拝殿前の看板によると、
境内にあった轟池にトドロキという橋が架かっていたとか。
止止呂支神社なら、へー、橋の又は池の名前からとったんだー
ってなるとこですが。
比売は?比売命は?
稲田姫尊はクシナダヒメよね?

日本の神様って別名がいっぱいあるから、そのパターン?
もしくは、元々トドロキヒメを祀っていたが、
メジャー神にチェンジしたパターン?
謎。

そしてそれ以上調べず放置 ・⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッ(笑)

todoroki (6)

本殿裏の石碑。
後鳥羽天皇行宮址。
神社めぐりをしていると、「○○神社行宮」というのを見かけることがある。
てっきり、御旅所とか、仮宮とか、神社の出張所的なものかと思っていたので、
天皇の行宮とは?と疑問だったが、行宮って天皇行幸のさいの
仮宮のことだったんですね。

で。
すぐ真後ろを通過したのは、南海電車。

todoroki (7)

todoroki (8)

南海電車は今、こんな柄の電車を走らせてる見たいですよ。

j-o-todoroki.jpg

ご朱印。

「2」につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
住吉大社・境内社 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市住吉区住吉 2丁目 9-89

沢山ある、住吉大社の境内社、摂末社のうち、一部。

摂末社 (16)

境内社、とか言いながら、これは句碑だった(;^ω^)

摂末社 (17)

立聞社。

摂末社 (19)

貴船社。

摂末社 (22)

王子社等。

摂末社 (23)

これは招魂社かな。

摂末社 (15)

海龍社。

摂末社 (24)

五社。

摂末社 (27)

后土社。

摂末社 (7)

侍者社。

ここと、昨日の若宮八幡宮、それと、写真すら撮れていない船玉神社にも、
ご朱印があるのだけれど、まだいただいてない。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ