鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
白壇龍王
前回「香具波志神社 1」で「2」に続くと書いたけれど、
「2」のページだけ作って、記事書いてなかった!
なので、先に記事書いてたこの神社を先にアップ。



大阪市東淀川区東淡路1丁目5

市バスに乗って移動中、可能な限りポケストップまわそうと、
スマホを見ていたら、淀川の堤防沿いの道に
さしかかったあたりにあるポケストップ開いて、
思わず「はぁ?」と声が出そうになった。

ワタクシ、東淀川区の行ったことのある神社の数だけは、
ヨソ様に負けぬほど行っていると思っておりました。
まあ、「ここもカウントするんかい」というのもありますが(;^ω^)

しかしまだ知らぬ神社が、ポケストップになってました。
確かに、江口や相川の方はあんまり行かないんで、
そこなら解るけれど、ポケモンGOをやる前とは言え、
ちょいちょい通ってたエバーレ附近で?マジで?

一体どこに?と、バスを降りて、ポケモンGOの画面を確認しつつ
探してみると。

マンションの裏口っぽいところから入り、
下る階段を発見。

P1410592.jpg

こう来て、

P1410576.jpg

こう来て、

P1410578.jpg

こうだ!
外から見えねー(;^ω^)

右に見えるガラス戸の向こうが、たぶんショッピングタウンエバーレ。
ああ、ずいぶん昔にナフコでベッド買ったわ。
エバーレの方から来ても、お店自体少ないから、こんなとこまで
コネ━━(゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(Д゚ )━(゚Д゚)━━!!!!。

あ、別段地下ショッピングタウンとかそういうわけではないです。
堤防脇に立っているので、こちら側が高くなってるだけで、
表の入り口側は、普通に道路に面してます。

P1410579 (2)

で、まあ、お参りするには、それほど狭くはない感じ?

P1410581.jpg

額。

P1410584.jpg P1410583.jpg

狛犬さんもちゃんといらっしゃる。

P1410586.jpg

祠。
幕のトライフォース鱗紋と、額の神名から見て、
龍神さん、巳ぃさんが祀られてるんだろう。
ショッピングタウンの端っこで、淀川の堤防沿いという立地的にも、
商売繁盛と、水で、そんな感じかな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大宮の桜 2016
大阪市東淀川区大道南3丁目2-2

今年も近所の大宮に、桜を見に行ってきた。

P1400039.jpg

満開だー。

P1400027.jpg

ここは低い位置まで枝が伸びているので、
小さい子供さんと並んで桜が撮れるからか、
この日も、何組かの親子連れが来てました。

P1400006.jpg

この日は昼から雨予報だったので、日差しがなかったんだけれども。

P1350218.jpg

天気のいい日は、地面に花の影がくっきりと。

で、神社はこんな感じ、とリンクを張ろうとしたら、
去年も桜の話しかしてなかった(;^ω^)

なので、ここから「旧ブログから」

GEDC3525.jpg

手水舎。

GEDC3531.jpg

本殿左側の、鳥居の向こうは境内社達。

GEDC3540_20160409101017e8e.jpg

右側には、聖徳太子社。

P1270035_201604091010174a0.jpg

以前は石柱だけだった聖徳太子社も、今は立派な社殿が建っている。

GEDC1664.jpg

拝殿。
御祭神は、安閑天皇。
聖徳太子が四天王寺建立の際、候補地になっていた。
淀川が近くて物資とか運ぶのに便利、とかだったらしいが、
その淀川がよく溢れて洪水が多いので、やめにしたとか。

j-o-h-oomiya.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
城之山大神
大阪市東淀川区豊里1丁目1

さて、城北大橋も越え、本格的に家に帰るだけのあたりで、
モスバーガーでも寄っていこうかと自転車漕いでたら。

P1390848.jpg

今度は駐車場の角に!

P1390849_20160325132055cb9.jpg

さあどうする。
完全にお参りできないようになってるし。

でも、コーナンのとこの神社も入れたしなあ。
この状況じゃ、グズグズしてるうちに取り壊されるかも…
うん。
とりあえず、記録は残しておいた方がいいよね。

P1390850.jpg

額には、城之山大神、地主大神、成田不動。

P1390852.jpg

狐がいるのでお稲荷さんか。
まだそんな古そうには見えないし、そこそこ綺麗なので、
誰かお手入れされているのかな。
囲われたのがここ最近とかなのかな。


それにしても、東淀川はもうコンプリートしたつもりだったのに、
まだあるのか(;^ω^)
この際だから、なんにも解らないし、駐車場の中だし、フェンスに囲まれてるし、
で保留にしていたところも載せておこう。

大阪市東淀川区下新庄6丁目10

P1040977-2.jpg

ジョーシン吹田上新庄店近くの駐車場角の神社。
狐がいるとか、神紋があるとか、
そういうのが全然見つけられないので、全く不明。
確かこの辺は新庄城とか言うお城があったと聞くし、
元はお屋敷内にあったのだろうと思われるのだけれど。
神崎川に近いから、水神様かしらねえ?


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
東淀川の小さい神社 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


愛宕神社
大阪市東淀川区淡路1丁目11

P1050837.jpg

大正8年に、落雷被害を防ぐために、京都の愛宕神社から勧請され、
同時に天満宮も祀られたとか。

P1050839.jpg

境内に、「天満宮旧跡」の碑。
ということは、今は天満宮は祀られていないのか。

P1050842.jpg

祠。



清荒神社。
大阪市東淀川区下新庄4丁目8

GEDC4333_20151114154532e23.jpg

阪急下新庄駅前の、薬屋さんのお隣。

GEDC4334.jpg

祠。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
東淀川の小さい神社 1 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


東淀川区のお稲荷さん2社。

稲生神社(紅梅稲荷宮)
大阪市東淀川区大桐3丁目14-55

P1040653.jpg

住宅街の細い路地を、入っていったところにある。

P1040656.jpg

社殿はなかなか立派。

東淀川区の「私が選んだ東淀川100選」によると、
>屋島の合戦で敗れた平家の落武者が、
>この地に多く潜入し農民となり、森林を伐採し開墾した。
>そこで老松や古杉を切った崇りが農家に不審火として発生し、
>疫病が蔓延した。これを鎮めるため創建したのが
>稲生神社であるという。




稲荷大明神
大阪市東淀川区小松1丁目3

P1040973_201511141522021b9.jpg

阪急上新庄駅北口に近い、その名もズバリ稲荷商店街の中程にある。

P1040976.jpg

祠とお狐さん。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
春日神社 2
大阪市東淀川区上新庄2丁目20-15

庄の春日神社の次ぎに「春日神社2」とか書いたら、
そっちのつづきにしか見えないが、上新庄の春日神社。
前記事はこちら

上新庄の春日神社は、以前は大阪場所の時の相撲部屋の
宿舎になっていたんだけれど、
部屋の閉鎖でそれもなくなってしまったので、
境内の土俵が撤去された。
と、いうところまで書いた。

この間行ったら、その土俵跡がこうなっていた。

KIMG0163.jpg

木が植えられ、藤棚みたいなのができてた。
土俵がなくなったときにも思ったけど、
もう、新しく相撲部屋の宿舎にはならないんだなあ。

と。
これだけだと寂しいので、同じ境内の元からある木の写真。

KIMG0168.jpg

ずいぶん立派なキノコが生えてた。
あれ、この神社は何度も来たけど、全然気づかなかったよ。
前から生えてたっけ?
なんかもっとこう、日の当たらないところに生えるようなイメージがあったけど、
日当たりのいい住宅街の神社にも生えるんだなぁ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
現龍大神
大阪市東淀川区柴島1丁目3

鶯塚に行くのに、長柄橋を通ったので、現龍大神にも行ってきた。

KIMG0128.jpg

柴島浄水場と、長柄橋の近くにある。

P1060415.jpg

柴島浄水場は、桜の名所なんだけど、こちら側は、裏側っぽいのと、
駅からちょっと離れてるので、ある意味穴場。

GEDC3062.jpg

龍神様だというのに、手水舎はちょっと残念な様子。

KIMG0138.jpg

鳥居の後ろに、石碑。

GEDC3068.jpg

現龍大神。
台座には、柴島浄水場一同の文字。

GEDC3069.jpg

左奥に、太郎助大神。

KIMG0135.jpg

この石碑のある境内の右側、一段低い場所に、
小さい石碑が二つ。
こちらは現龍大明神と、太郎助大明神。

そっくりそのままもう一組ってことは、先代というか、元宮的なものなのかしら?

GEDC3071.jpg

太郎助大明神は、今回写真撮り漏らしてるので、以前撮った分。
今回行ったら、この手作り感溢れる鳥居がなくなってたのよ。
4年経ってるからねぇ。
壊れたかどうかしたのかな。

KIMG0136.jpg

この古い(と思われる)方の石碑には、「現龍大明神」の脇に、
右に「楠本大明神」、左に「水源地有志」と、細く彫ってある。

「水源地有志」の方は、少し細く小さめなので、奉納者の名前みたいなものなのか。
ここに浄水場ができるときに、反対運動もあったというし、
その関係者を奉ったものなのか。

なぜ大きい方の石碑には「楠本大明神」共々、名前がないのか。
元々その地にいた神様を、摂社に遷し、主祭神チェンジというのも、
何社か見たので、そういう感じで、表の方は現龍大神のみ祀って、
あとは、元宮って言うか奥宮って言うか摂社って言うかーみたいな?
だから、奥の方に、ひとそろい祀ってますよ、って感じ?


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
愛宕神社(須賀神社跡)
大阪市東淀川区西淡路四丁目17

もう何度も「東淀川コンプリート」と言ってきましたが、
まだあったよ東淀川。

須賀神社跡自体は知ってました。
まあ、ゆーても神社「跡」やしー、
行っても、楠と石碑あるだけやしー。
とか思って、後回しにしてたんですけどね。

この日はトゥルットゥルになってた自転車のタイヤを交換したんで、
気持ちよく、中島大水道の祈念碑見に行ったら、
須賀神社跡のある公園も、近くだったんで行ってきたわけですよ。

KIMG0103.jpg

まずは楠。
楠木正成の子、正行の兵の一部がこの地に落ち延び、
主君を偲んで植えた楠なんだそうですよ。

KIMG0108.jpg

須賀神社跡の石碑。
須賀神社は現在、中島惣社に合祀されている。

KIMG0121.jpg

奥になんかある。
しかし、柵があって入れない。

KIMG0115.jpg

祠があった。

KIMG0111.jpg

玉垣の隙間から見える社号標は「愛宕神社」

KIMG0113.jpg

反対側からとったのは、玉垣が邪魔をしてない代わりに、遠いのでぼけた。
うん。
この日もスマホしか持って行ってないんだよね。

さあ、今度こそ東淀川区コンプリートしたか。
大阪市の「歴史の散歩道」とか、東淀川区の「東淀川100撰」とかが、
ネットで調べる上では、一番細かかったけど、
そこに載ってたのは、もう行ったしなあ。

あと、あるとしたら、

KIMG0122.jpg

淡路のイズミヤの、駐輪場の入り口にあるこれとか。
ここはお地蔵さんかなー?
いつも扉が閉じてるから、解らないのよね。

P1040977.jpg

下新庄の、吹田のジョーシン近くのT字のようなややこしい交差点近くの、
駐車場角のこれとか。
ここは完全にフェンスで囲われてて、入れないのだけど、
コーナンの駐車場のも入れちゃったしな。

P1040977-1.jpg

でもここ、どなたが祀られてるのか不明。
拡大してみても、中にいるのは石仏?

神崎川が近いので、川から引き上げられた何かなのかも知れないし、
昔この辺りに、お城があったとか言うから、お城とかお屋敷があった
跡かも知れないので、いわゆる屋敷神だったのかも。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
菅原天満宮 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市東淀川区菅原2-3-2

ホームセンターのコーナンとか、回転寿司のくら寿司とかが近くにあるので、
付近まではちょいちょい行くのだけれど、なかなかお詣りに行かない神社。

P1020713.jpg

なぜなら、ここだけ小高くなってて、階段を上らないと行けないからだ。

GEDC3594.jpg

脇参道も、階段。

GEDC3595.jpg GEDC3596.jpg

脇参道の狛犬。

GEDC3627.jpg

表の階段の登り口に、牛まわし碑。
新しく牛を飼ったときに、よくなつくようにと、3回回るんだそうだ。
今はやってないんだと思う。
この碑のまわりを、牛連れて回るのムリ。
碑の前の道路も道幅狭いから、牛連れて回るのムリ。
子牛か。
子牛なら、碑の前を三回回れるか。
あれ、もしかして飼い主だけで回るのか。

GEDC3618.jpg

手水舎。

P1020716.jpg

八ツ原稲荷大明神(赤)と、天照宮(白)

GEDC3605.jpg GEDC3607.jpg

拝殿前の狛犬。

P1020715.jpg

拝殿。
御祭神は、菅原道真公。

j-o-s-tenmanguu.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
松山神社 3 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市東淀川区小松4丁目15-38

松山神社の梅。

松山神社は、ここいらじゃちょっと有名な梅の名所。
阪急の梅だより的なポスターにも書かれてたりしたくらい。

P1150490.jpg

いつも適当に、自転車に乗っていくので、早かったり遅かったり(;^ω^)
公園の鳥居のところの白梅は、早めに咲くタイプ。

GEDC1955.jpg

早めに行くと、これしか咲いてないこともよくある。
これは「一重野梅」かな?

P1160195.jpg

梅とメジロ。
境内の、塀の外側の梅。
梅だけど桜色。
種類は解らないけど、この梅が好き。

P1160157.jpg

これはどこだったかな?
本殿横、奥宮に行く途中の梅園だったか。

P1160153.jpg

神門横、外側だったか?
これは、ひとつの木に、白、紅、淡紅、絞り、の四種の花が咲く、
「思いのまま」かな?

P1150500.jpg

これは境内だったかな?
このモサモサ具合は「寒紅」か。

P1280656.jpg

鳥居と神門の間の公園には、藤も咲く。

P1040933.jpg

拝殿前右側にある「飛梅」
太宰府天満宮御下賜の「飛梅」
梅の頃に、何年かかけて数回行ったが、いつも良い時期に行けないんだ(;^ω^)

GEDC1932.jpg

2月にある梅まつりの献供行列に、一回だけ行ったことがある。

GEDC1935.jpg

周囲は、孫の、娘の晴れ姿を撮る人たちでいっぱい。
その中で、顔の写らないアングルを探す私。
浮いてただろうな(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ