鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
三角の目の狛犬
この間図書館に行ったら「大阪(なにわ)狛犬の謎」
という本を見つけたので借りてきた。

ほかに借りた本を読んでたら期日が来てしまい、
パラパラ眺めるだけになってしまったけれど、
中に「三角の目の狛犬」という項目があった。

東淀川区の柴島神社にある狛犬だそうで、
ああ、確かにあそこには変わった狛犬あったよね、
三角の目は気づかなかったけれど、と読んでみた。

GEDC3084_20170505185104039.jpg

柴島神社の、公園側の鳥居から入ると正面に見える、紅白の鳥居。

GEDC3089.jpg

GEDC3087_20170505185106fbe.jpg

白い鳥居の仲哀天皇社の狛犬。
変わった狛犬だけど、目は三角じゃない。
いつ見ても落ち武者ヘアーというか、はげ頭に見えるんだけど(笑)

GEDC3091.jpg

赤い鳥居の住吉神社。

GEDC3093-2.jpg

GEDC3094_201705051857385ac.jpg

こっちの狛犬のことらしい。

GEDC3093-1.jpg

横にビロ~ンと引き延ばしたようなお顔。

GEDC3093_2017050518573425a.jpg

なるほど三角。
アップにすると、指のようにも見えるが。

この本によると、大阪でこのタイプの狛犬はあと、桑津天神と津堂八幡神社、
都留彌神社、の計4社にしかないそうで。
桑津天神と都留彌神社は行ったことあるぞと、写真ファイルを見直してみたら、
桑津天神の方は、もう無いのか見逃したのか、写真撮ってなかった。
本の発行から十数年たってるし、もう無いのかな?

P1180490.jpg

都留彌神社の方は、この鳥居の脇にいました。

P1180489_20170505190030e9f.jpg

P1180488_20170505190029bd1.jpg

奉納年は見てないけど、こっちの方が若干新しそう。

P1180489-1.jpg

細々したところに違いはあるけれど、
同じ顔だわ。
こっちの狛犬の方は、若干ビロ~ン感が少ないのは、
柴島の方と比べると面長な顔の形のせいか、鼻の形のせいだろうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 9
会社の敷地内にお稲荷さんを祀っているところもよくある。
もちろん閉じられた会社の庭にあるのもよく見るが、
門扉はフルオープンで、すぐそこに神社が見えてるときもある。
会社内というわけではないが、近くの敷地内にあって、
でもがっちりしまってるのもある。

P1330141_2017022719310958c.jpg

京阪稲荷神社。
表からだと鳥居の額くらいしか見えないという。

P1330140_20170227193108cc7.jpg

でもまあ、裏は丸見えなんですけどね。
入れませんけど。

まあ、会社の安全と繁盛の神社なんで、広く開放することもないんでしょう。
根が卑しい私なんぞは、「見せてくれてもいいのにぃぃぃ~」と、
恨みがましいことも言いますが(笑)
だからといって、守衛さんに「神社見せて」とも言えないんですが(;^ω^)

でもたまには、開放されてる神社もあるもので。

P1400091.jpg

マンダムの前にある、

P1400101_20170227193112039.jpg

五社稲荷大神とか。

P1400499_2017022719311300b.jpg

イオンの隅にある、

P1400520.jpg

護幸大明神とか。
イオンの敷地内だと、「企業内神社」でなくて、
「商店街のお稲荷さん」カテゴリーのような気もするけど、
元はダイセルの工場内の神社だし、企業内神社でいいよね。

あとは、ホームセンターの駐車場から出入りする感じで鳥居も建ってるけど、
本社でもない一店舗にあるにはでかすぎるやろうって、神社とか、
スポーツクラブの横にあるんだけど、建ってる鳥居が
タクシー屋さんのばかりだから、そこの企業神社?みたいなのとか、
隣の会社と同じ名前だから、たぶんそこの神社だろうけれど、
とか言う神社もある。
みんなクローズドの神社なので、企業内神社なんだろうけれど、
ちょっと確信が持てないので割愛。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
コンビニで見つけました
相変わらず、コタツのおもり継続中なんですが。
先月くらいに、コンビニでこんな本を見つけました。

P1420827.jpg

祥伝社黄金文庫
嫁いでみてわかった! 神社のひみつ
(「神社若奥日記」増補改訂版)

インド生まれで帰国子女。
帰国後は主に埼玉で育ち、キリスト教系の大学を出てライターをしていた筆者は、
イラストレーターの男性と出会いごく普通の恋をし、ごく普通に結婚しました。
ただ一つ違っていたのは、旦那様は神社の跡取りだったのです。
と言うような感じで、関東から大阪の片埜神社に嫁いできた女性の、
結婚式から、日々のお祀りなど、
全くの門外漢から権禰宜になっていく姿が書かれている。

結婚式の十二単がどれだけ大変か。
けれども、今までそういうことに無縁で来た人間より、
旦那さんの装束姿の方が、堂に入っていてかっこよかったとか、
大変すぎて三三九度くらいしか記憶にないとか。

お供え物を買いに行く様子とか、お祭りのカラオケ大会で、
神社でBOSEが大活躍とか。

毎月一日と十五日にはお稲荷さんの祠の扉を開くのだけれど、
その日、犬の散歩でその前を通ると、犬がうなるとか。

そんな感じで、いろいろ、中の人だけれども、
神社のことも大阪のこともよくわからない中、
お姑さんやら氏子さんやらから、いろいろ教わって過ごしていく様が
綴られていて、なかなか面白い本でした。

ただちょっと気になるのは、たびたび「うちは大きな神社じゃないから」
みたいな表現が出てくること。
いやいや、片埜神社が小さい神社って。
でもなー。
前に宇治上神社を「小さい神社」って言ってた人も居てたし、
基準が違うんだろうな。

私的には、お祀りで野点のお茶が600杯もでるような、
人の来る神社は、十分大きい神社だと思うんですけど。

巻末の用語集も、時々会話形式のこぼれ話的なものが入ってて楽しい。
結構おすすめ本。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 8
よくある「玉」ナントカ稲荷。

P1390838_20170217193852928.jpg

玉姫稲荷大明神
大阪市城東区蒲生3丁目11

P1390837_201702171938510ec.jpg

由緒書きとか見当たらなかったんで、ご祭神とかはわからないけれど、

P1390836_201702171938505bc.jpg

段のところに伏見稲荷のお札があったから、宇迦御魂命かねぇ?

P1400397_20170217193854c19.jpg

玉水稲荷大明神
大阪市西区土佐堀3丁目3

P1400403.jpg

土佐堀3丁目バス停近くだけれど、
ビルとビルの間の細道を入って、表のビル遠くのビルに挟まれたところにある。
私は教えてもらって行ったから見つけられたけど、
自力で見つける人ってすごいよね。
私は大体、先人の上前はねて行ってます(;^ω^)

P1420146.jpg

玉勝大明神・榎木大明神
大阪市中央区谷町7丁目6

ブラタモリ見てて見つけた。

P1420132.jpg

空堀のドン突きの上。

P1420814_20170217193920ba8.jpg

玉吉稲荷大明神
大阪市天王寺区上本町3丁目2

この間行ったばかりのところ。
ひかりのくにの裏っかわ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 7
前回までにご紹介させていただいたのは、法人登録のされてある稲荷神社。
今回からは、そうでない、いわゆる商店街のお稲荷さん的な、
会社とか奉賛会とか、そんな感じのお稲荷さん。

P1370597_20170215180723116.jpg

葵稲荷大神
大阪市浪速区難波中2丁目

P1370613_201702151807251ed.jpg

南海電車の難波駅ホーム下にあって、祠の部分は日が当たるようにか、
軒先から外に出ている。

P1400199.jpg

滝見稲荷社
大阪市北区大淀中1丁目1−88
スカイビルの地下1階。

P1410489_20170215180729598.jpg

稲荷神社
大阪市北区角田町8番7号
宇迦御魂大神

P1410486_20170215180728dd5.jpg

梅田の阪急百貨店の屋上。

P1420089_201702151807494ab.jpg

福永稲荷大明神
大阪市北区梅田一丁目3番1号

P1420088_20170215180748fb7.jpg

大阪駅前第1ビル屋上。
ここには狐塚もあって、キツネが住んでいたんだそうな。

お稲荷さんじゃないけれど、第二ビルにも、徳兵衛大明神というのがある。
第三、第四ビルにも何かあるんだろうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 6
大阪府神社庁のサイトに載ってる、
法人登録されている大阪市のお稲荷さん。

P1110438_20170210124354119.jpg

玉造稲荷神社
大阪市中央区玉造2-3-8
宇迦之御魂大神

P1110442_201702101243555e5.jpg

恋キツネという、キツネの絵馬?
絵馬なんやろうか。
絵馬だったらどこに書き込みするんだろうか?
幅があるから底の部分とか?

P1110457.jpg

豊臣秀頼公奉納の鳥居。
震災の時に基礎部分が壊れて、ここに保存されることになったとか。
普段見られない柱の上の方とか、見放題(゚∀゚)

P1110480_201702101243585f3.jpg

秀頼公と玉造稲荷とは縁が深いようで、銅像もあるし、胞衣塚も祀られている。
紅白の幕の後ろにある、埴輪っぽい建物は、難波・玉造資料館。
見学は1週間以上前に要予約。

P1410340.jpg

土佐稲荷神社。
大阪市西区北堀江4丁目9−7
宇賀御魂大神。

P1410339.jpg P1410338.jpg

拝殿前のキツネ。

P1410346_20170210124428c72.jpg

ここはなんて言っても、三菱マーク。
長らく土佐藩蔵屋敷に祀られてて、後に蔵屋敷ごと岩崎弥太郎に売り渡され、
三菱発祥の地になったとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 5
大阪府神社庁のサイトに載ってる、
法人登録されている大阪市のお稲荷さん。

P1130180_20170207151724d39.jpg

河堀稲生神社
大阪市天王寺区大道3-7-3
宇賀魂大神
こぼれいなりじんじゃ、と聞くと、
おあげが爆発して中のご飯がこぼれてるお稲荷さんが浮かびます(笑)

P1130204.jpg

拝殿にキツネも居ないし、赤い鳥居もない。

P1130187-1.jpg

稲荷成分を探すと、本殿の左側の境内社にあった。

P1130187.jpg

櫻樹大神
キツネの提灯と、稲荷紋の幕。
合祀の結果なのか、ダブル稲荷トリプル稲荷はよくあること。

P1220638_20170207151747e76.jpg

深江稲荷神社
東成区深江南3-16-17
稲倉魂大神

P1220647.jpg

拝殿前は狛犬。
キツネも、赤い鳥居も連続の鳥居も、稲荷紋の幕も無い。
探せば宝珠くらいはあるかもしてないし、
拝殿を覗けば中に、キツネが居るかもしれないけれど、
ぱっと見の稲荷成分はない。

前々回に載せた、瓢箪山稲荷とか葛葉稲荷みたいに、
100%稲荷です。
みたいなところは、稲荷神社嫌い、怖いの人はだめだろうな、と思うんだけど、
こういう稲荷成分薄めのところだと、どうかな?だめかな(´・ω・`)
がっつり表札に「いなり神社」って掲げてて、
稲荷成分薄めも何もあったもんじゃないか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 4
大阪府神社庁のサイトに載ってる、
法人登録されている大阪市のお稲荷さん。

P1240332_20170206194005e46.jpg

赤手拭稲荷神社
大阪市浪速区稲荷2丁目6−26
豊受大神、倉稲魂命
ここも入り口は、明神鳥居の石鳥居。
拝殿前に赤い連続の鳥居。

P1240335_20170206194007eb3.jpg

赤手拭いの名の通り、赤い手拭いを奉納するようです。

P1240341.jpg

ここにも複数の石碑。

P1390409.jpg

(東本)稲荷神社
大阪市城東区中浜3-18-11とうほんいなりじんじゃ
宇迦之御魂大神

P1390402_20170206194010d97.jpg

祠のところにキツネ像。
稲荷神社と言えば、「赤」いイメージだけど、
建物がまっ赤っかに塗られているのは、案外少ないような。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 3
大阪府の大阪市以外のお稲荷さん。
大阪府神社庁のサイトに載ってる、法人登録されてる神社。


P1350315_2017020422550755f.jpg

(柏村)稲荷神社
八尾市柏村町4-107
倉稲魂神
拝殿前にキツネ像。

P1350317.jpg

微妙な赤い鳥居。
サーモンピンク?

P1370074.jpg

(歩人山)稲荷神社
高槻市津之江北町1
倉稲魂神
正面の鳥居は石性の明神鳥居。
拝殿前、参道の途中から連続の鳥居。

P1370081.jpg

本殿の裏には、神名の書かれた石碑がいっぱい。

P1370562.jpg

(豊中)稲荷神社
豊中市本町7-3-7
宇迦御魂神
拝殿前は、キツネではなく狛犬。
ここは台輪鳥居はあれど、連続の鳥居がないなーと思ったら。

P1370574.jpg

連続と言うには微妙。
2基だし、離れてるし。
そして、先にあるのは松尾神社だし。

P1150701.jpg

信田森神社(葛葉稲荷)
和泉市葛の葉町1丁目11−47
宇迦御魂神
JRの駅から、断続的に鳥居が続く。
神門をくぐって、拝殿まで連続の鳥居。

P1150710.jpg

ここは、末社がいっぱいあって、石碑タイプも祠タイプもたくさんある。
キツネもたくさん居る。
タヌキも居る。

GEDC4124.jpg

瓢箪山稲荷神社。
東大阪市瓢箪山町8-1
保食大神
裏参道の方は、連続の鳥居。

GEDC4105.jpg

瓢箪山古墳。
大塚さんと鬼塚さんが。
じゃなくて。
大塚と鬼塚からなる双円墳。
大塚は狐塚と呼ばれ、神狐が住み着いていたという伝説があるとか。

そして、瓢箪山稲荷と言えば「辻占」
辻占にもいろいろあるようで、帝都物語でも、
町に出てはじめに聞こえてきた言葉で占うとか出てきた記憶が。
ここの辻占は、見かけた人の特徴で占う。
いっぺんやってみたいが、結構いいお値段だった記憶。

三大稲荷の一つという話だけれど、
三大稲荷は伏見稲荷と、あとは諸説ありだとか。

つづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪のお稲荷さん 2
本当は前回ここまで書きたかったけど、
無駄に長話になったので、分割。

お稲荷さんと言えば、キツネと赤い鳥居、連なった鳥居。
そのほかにも、稲荷神社で結構見るけど、
ほかであんまり見ないかもと言うもの。

あ。
今「みない」で変換したら「薬袋」ってでた。
これ、「みない」って読むんだ。
へー。
でも何で「見ない」より先に出る?

で、稲荷神社で頻繁に見るもの。
特に大きめの稲荷神社。
それは、多数の境内社。
ていうか、お塚。

総本社クラスの神社だと、確かに多数の境内社が
祀られているところはたくさんある。
お稲荷さんで見たのはちょっと雰囲気が違う。
お稲荷さんの総本社、伏見稲荷の稲荷山を
小さくしたらこうなるか、と、納得もするけれど。

P1370080_20170203174133f89.jpg

高槻の歩人山稲荷神社

祠のあるものもあるけれど、こんな感じで石碑に神名の彫ったものがずらり。
京都の、吉田神社の竹中稲荷とか、建勲神社の入り口付近とか。
…って、書いて今思った。
稲荷神社って言うより、稲荷コーナーというか稲荷エリアでよく見る、って感じだわ。
でもまあ、ここまで書いたから、このまま続けちゃおう(;^ω^)

でね。
大阪の、和泉市信田森神社、いわゆる葛葉稲荷ですけど。
そこに、確か65くらいの境内社があって、何でこんなにあるんですか?
と、おたずねしたら、この神社には滝行場があって、
そこに集まった人たちがそれぞれの「講」の神様を祀ったからなんだと。

P1150742_20170203174128378.jpg

滝行場。

滝行って、山の中でするイメージがあるけれど、
こんな高低差のないところにもあるんですね。
現役かどうかは知らないけれど。

で。
話が本題からそれるのはいつものこと(笑)
大阪の都市部の滝行場っぽいところ。
本当に滝行場か、現役かどうかはさておき。
ここ滝行してたんじゃないの?ってところ。

P1270263_201702031741308c8.jpg

天王寺区 産湯稲荷神社
壁に蛇口のひねるところがついてたから、そこをひねって水を出すのかな?
すぐそばに井戸あり。

P1280330_20170203174131673.jpg

吹田市 垂水神社
千里丘陵の高低差。
小瀧と本瀧があるようで、これはどっちだったかな?

P1380143_20170203174158b24.jpg

阿倍野区 股ヶ池明神
階段下っていくとお不動さん。

P1050232.jpg

神社じゃないけど、天王寺区の清水寺。
玉出の滝は大阪市唯一の天然の滝。
上町台地の高低差ってやつ。

つづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ