鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
新薬師寺
奈良市高畑町1352

春日大社を出て、新薬師寺に向かう。

P1340728.jpg

向かう途中。
おうちの横の畑に、何か居る。

P1340731.jpg

モアイ?

P1340733.jpg

先に進むと、去年行った不空院
あれ?去年と違う。

P1290260_201504031552193c5.jpg

去年の不空院。
おわかりいただけるだろうか?

P1290265_20150403155220c21.jpg

去年の5月2日、本堂に対してほぼ直角に立っていた鳥居が、
10ヶ月後の3月2日に、平行になっている。
鳥居も新調されたように見える。
何故なんだろう?

P1340737.jpg

何故なんだろうね、お母さん。
不空院を出て、お母さんのところを右に曲がる。

P1340751.jpg

新薬師寺入り口。

P1340761.jpg

本堂。

P1340762.jpg

本堂近くにあった、観光シーズンにはおみやげ屋になるんじゃないか
といった雰囲気の小屋に貼ってあった、十二神将。

t-n-sinyakusiji.jpg

ご朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
薬師寺 2
奈良市西ノ京457

そこーにゆーけばーどんなゆーめもーかーなーうとゆーよー♪

P1330940.jpg

天竺からありがたいお経を持ち帰った、
玄奘三蔵法師がお祀りされている、

P1330945.jpg

玄奘三蔵院。

P1330942.jpg P1330941.jpg

その門の前の亀。

P1330943.jpg

亀っていうか、贔屓。
思い物背負ってるし、耳あるし。
ここの贔屓は、耳小さめだね。

薬師寺に入るとき、訳もわからず、こことの共通入場券を買ったのでとりあえず入る。
吉祥天のことしか頭になかったが、ここもちょうど、年4回の公開期間中だった。

ぐるりと見て回ってると、回廊で授与品を売っていた。
そこでご朱印もあったのでいただく。

t-n-yakusiji-3.jpg

いんがんだーるぁがんだーるぁぜーせーいとわずいんいんであ♪
ああ、帰ったら最遊記見よう(そっちかよ)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
薬師寺 1
奈良市西ノ京457

P1340007.jpg

西ノ京駅ホームに立つ、薬師寺の寺号標石。

P1330926.jpg

駅を出てちょっと進むと、すぐ薬師寺。

P1330929.jpg

梵鐘。

P1330932.jpg

えーと。
西塔だったかな?

P1330934.jpg

確か大講堂。
薬師寺にいったのは、期間限定で公開されている、
吉祥天女画像が見たかったのと、その期間だけいただける
吉祥天女のご朱印が欲しかったから。

その上、ニュースで8日から、平成版の復元画像になると聞いて、
急いでいってきた。

んが。
どこにあるのかさっぱり解らない。
よく、特別展、寺宝展なんかだと、ここでやってるよ!みたいな看板があるけど、
薬師寺では全然見かけなかった。
どのお堂?とさまよったが見つけられず。
入り口に戻って、場所を聞くが、そのお堂はいったんだけどなー、
もう一回いってみるが、やっぱり解らない。

一旦外へ出て、三蔵院であった女性に、ご本尊の足下と教えて貰い、
三度目の金堂へ。

P1330973.jpg

金堂。

P1330974.jpg

中には熊手が飾られていた。
もちろん中は、撮影禁止だ。
そして、ご本尊に近づいてよく見る。
ああ!ここにいらしたのか。
思ったより小さい。
なるほど、勝手に掛け軸状と思いこんでいたので、
壁ばかりをみていたので見つけられなかったのだ。
あれは厨子っていうのかな?そういうのに納められていて、
仏様の前に置かれているとは全然思ってなくて、
すっかりスルーしてしまっていた。

t-n-yakusiji.jpg t-n-yakusiji-k.jpg

ご朱印は、ご本尊と、吉祥天をいただきました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
不空院
奈良市高畑町1365

比売神社から、次の神社へ行こうと、新薬師寺の横の道を歩いていたら、

P1290270.jpg

お寺の門から鳥居が見えた。
お、鳥居だ!と足を止めたら、お寺の人と目があった(;^ω^)

しょうがない。
新薬師寺スルーしたが、入るか(;^ω^)

P1290265.jpg

この日、本堂は特別公開中で、拝観料はかかるが、
不空羂索観音坐像が特別開帳されていた。

で、私の本命の鳥居。
本堂左に見える赤い棒。

P1290250.jpg

えんきりさんえんむすびさんと言うようで、
鳥居の右の柱に、縁きりさん。
左の柱に、縁結びさんと書いた札がつけられていた。

P1290253.jpg

右の祠は、法龍ナントカ。
左は市岐姫大神と、全く読めなかった札がついていた。

P1290259.jpg

そして真ん中にタヌキ。

P1290252.jpg P1290251.jpg

タヌキと言えば、鳥居の左右にもタヌキ。

P1290255.jpg P1290254.jpg

でもシッポがこれだから、太ったキツネ、と言われればそうなのかも知れない。
阿形は見事な鍵シッポだ。
鍵シッポは、幸せを引っかけてくるとか聞くが、
阿形の居る方の柱に、「縁結びさん」と、書いた札があるので、
この鍵シッポで、良縁を引っかけてきてくれるんだろうか。

このタヌキについて、お寺の人にいくつか質問したような気がするけれど、
2ヶ月弱経って、すっかり忘れてしまった(;^ω^)
ひとつ覚えているのは、本堂は特別公開中しか入れないけれど、
境内はいつでも入れるので、えんきりさんえんむすびさんは
いつでも詣れると言うことだけ。

だからタヌキはいつでも見られる。
開門時間はあるかも知れないが。

t-n-hukuuin-1.jpg t-n-hukuuin-2.jpg t-n-hukuuin-3.jpg

ご朱印は、本堂の中で書いてもらいました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
飛鳥寺
高市郡明日香村飛鳥682
岡えびす神社から、道なりに北上すると、左側に見えてくる。

GEDC2612.jpg

入り口の門と石標。

GEDC2614.jpg

門を入ると、左に万葉池。

GEDC2615.jpg

右に本堂。

GEDC2613.jpg

正面に、思惟殿。
ここの左を通って、裏にでると、

GEDC2621.jpg

飛鳥寺西門跡。
ここで振り返ると、

GEDC2622.jpg

入鹿の首塚。
…と、ここまでは3年前の写真。
修学旅行生がうじゃうじゃ居て、写真が撮りにくかったから、
今回あんまり撮ってない。

ここから今回撮った写真。
門を入って右側に、本堂への入り口があるので、
そこで拝観料を払って上げて貰う。
その時ご朱印もお願いして、朱印帳を預ける。

P1230142.jpg

ご本尊の飛鳥大仏。
日本最古の大仏で、平成20年に、開眼1400年を迎えたんだとか。
釈迦如来って、丸顔の印象があるンだけど、こちらの大仏はちょっと面長。

P1230146.jpg

本堂裏手のお庭。

t-n-asuka.jpg

見学を終えて、入り口に戻って、御朱印を頂きました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
橘寺
高市郡明日香村橘532
聖徳太子生誕の地だそうだ。

P1230097.jpg

入り口の門。
ここで拝観料を払う。

P1230099.jpg

手水舎。

P1230104.jpg

ご本堂の太子殿。

P1230105.jpg

本殿に上がる階段。
変わった手すりだと思ったら、傘立てだった。

P1230111.jpg

往生院。

P1230112.jpg

ここの天井絵を、ぜひ見てくるようにと、
御朱印を頂いたときに教えて貰った。

P1230118.jpg

鐘楼。

t-n-tatibana.jpg

ご朱印。
これをいただいた本堂の左側に、二面石があって、
天井絵を見た後に行こうと思ってたのに、
すっかり忘れて、次へ向かってしまった。

帰る前に思い出したけど、拝観料居るエリアだし、
再入場できるか不明だったので、戻らなかった。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
安倍文殊院~旧ブログから
安倍晴明がらみでもうひとつ。
こちらはお寺。

安倍山崇敬寺文殊院。

奈良の桜井駅から南へ。
バスもあるようだが時刻表を見ると日に数本。
ここも3年ほど前に行ったところなので、
現在はどうなっているか解らない。
私は駅前で自転車借りていきました。

monjuin (1)

下馬って書いてあるし、ここで自転車止めて中へ。

安倍倉悌麻呂が建立した、安倍氏の氏寺で、
ご本尊は文殊菩薩。

ご本尊を拝観させていただいたとき、ちょうど団体さんとかち合い、
その方々への説明を、こっそり便乗で聞いてたのに、覚えているのは、
菩薩様の照明はLEDになったということだけだったり(;^ω^)

monjuin (2)

文殊院西古墳。
安倍倉悌麻呂の墓と言われている。
中に、願掛け不動が祀られている。

monjuin (3)

稲荷大明神(葛の葉稲荷)
「安倍晴明公が当山で出生されたことにちなみ
 晴明公の母と伝承される白狐信太森葛葉稲荷大明神を祀る」
伝説の有名人にはよくあることですが、晴明公の出生地もいろいろあるようです。
阿倍野から桜井まで、井戸水汲んでもってったってことは、
さすがにないでしょうし。
今ならJRで行けるけど、近鉄でも何回か乗り換えたら行けるけれども。

monjuin (4)

ここを上って上へ。

monjuin (7)

天文観測所。

monjuin (8)

安倍晴明が、天文観測を行い、吉凶を占った地、だとか。

monjuin (9)

ここにあるのが、説明書きにあるように、

monjuin (5)

晴明堂。

monjuin (6)

お堂の前に、如意宝珠。
お堂なので、柏手は打たない。
合掌してお詣り。

文殊院の近くには、元々安倍寺のあった跡地が、史跡公園としてあるとか。
今度行くことがあったら、そちらも訪れて道と思う。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
東大寺~旧ブログから
toudaiji (1)

華厳宗大本山東大寺。
南大門。

toudaiji (4)

東大寺と言えば、大仏殿。

toudaiji (7)

奈良の大仏さんこと、ご本尊の廬舎那仏。

自由に写真撮っていいよ、こんなんここだけやで、みたいなことを言われたが、
撮れるところは結構あるような?

toudaiji2-4 (4)

二月堂。

toudaiji2-4 (1)

四月堂。

三月堂は、訪れた当時、工事中だったが、
今年五月から、拝観が再開された。

御朱印。

Scan120411 (6)

二月堂。

Scan120411 (14)

三月堂。
当時は拝観休止中だったので、四月堂でいただいた。

Scan120411 (15) Scan120411 (7)

四月堂。

東大寺はこのほかに、もちろんご本尊の御朱印もあり、
そのほかにも、いただけるところがあるようなので、
いずれ、また訪れたいと思っています。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伊弉諾神社(長弓寺)
実は長弓寺への案内板を見つけたとき、
特に行く気はなく、通過する予定だった。
でも、結局寄ることに。

なぜなら。

P1190900.jpg

道沿いにこれを見つけたから。
いや~ん。
こんなりっぱな鳥居と社号標見つけたら、
行かないわけには行かないじゃないですかぁ(笑)

P1190873.jpg

薬師院と本堂の間に、伊弉諾神社。
手水。

P1190874.jpg

舞殿。

P1190875.jpg

階段上って、拝殿?神門?楼門?

P1190877.jpg

鳥居と、本殿。

寺の鎮守社によく見られるように、長弓寺の公式サイトには
何も書かれていない(;^ω^)

ウィキペディアによると、御祭神は。伊弉諾尊、素戔嗚尊、大国主命。
古くは牛頭天王社とも称していたらしい。

P1190883.jpg P1190882.jpg

狛犬は見た!

本殿の手すりから、そっと見守ってくれている狛犬さん。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
真弓山長弓寺
磐船神社から、当初の目的地、水間寺への移動中、
見つけたお寺。

P1190892.jpg

参道にはたくさんのアジサイ。

P1190866.jpg

名前も知らなかったが、結構大きなお寺。
不勉強丸出し(;^ω^)

P1190867.jpg

P1190869.jpg

薬師院。

P1190868.jpg

こちらで御朱印を頂く。
壁に魚板。
魚板。
この間勉強したよ!
禅宗のお寺で使われる、木魚の原型となったものだね!
長弓寺は、真言律宗。
えー(・´з`・)

お寺は「うち○○宗ですから、そんなん使いませんねん」
とか言いそうなイメージだったけど、そうでもないのか。

そもそも、魚板=禅宗が、私の勝手なイメージなんだがな(゚∀゚)

P1200042.jpg

ご本尊は十一面観音。

P1190886.jpg

鐘楼。

P1190890.jpg

本堂。

P1190887.jpg

本堂。

他にも法華院とか地蔵堂とかあったけど、廻ってない。
御朱印も、いただいた以外のもあるようなので、
バス停も近いことだし、一人でも来られるかも。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ