鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
鳥居 862 八兵衛明神
久しぶりに京都に行ってきた。

P1420928.jpg

八兵衛明神。

今日はここしか行かなかったので、このままご紹介。

P1420924.jpg

錦天満宮の南側の道を東へ。
ちょうど錦天満宮の裏側辺りにある新京極公園辺り。

この先は裏寺町通りに突き当たるんだけど、その少し手前。

P1420925.jpg

柳小路。
この路地を入っていくと。

P1420926.jpg

突き抜けるちょっと手前辺り。
左手の板塀とお店の間。

P1420927.jpg

隠れ家的神社(笑)
京都市中京区中之町577-17
八兵衛明神。

P1420935.jpg

真ん中じゃなくて、鳥居の柱のところに鈴。

P1420929.jpg

額。

P1420931.jpg

祠。
飲食店の並ぶ路地にあるのでお稲荷さんかと思いきや。

P1420932.jpg

タヌキでしたー。
ネットでちょこっと調べたら、元々お寺の敷地だったかなんだかで、
そこで亡くなっていたタヌキの六兵衛、七兵衛、八兵衛の三匹を
それそれ祀ったうちの一つだそうで、となりのお店の方が管理してるとか。

P1420939.jpg

そのまま南に抜けるとこんな感じ。

P1420939-1.jpg

こっち側のお店の前には、看板も出てました。
こっちの方が来やすそうに見えるけど、そもそもここへたどり着くには、
四条通から裏寺町通りに入って、ファミマのとこ曲がってこないと行けないので、
一旦錦天満宮を目指して新京極公園の方から来た方が分かり易いかも。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
三角の目の狛犬
この間図書館に行ったら「大阪(なにわ)狛犬の謎」
という本を見つけたので借りてきた。

ほかに借りた本を読んでたら期日が来てしまい、
パラパラ眺めるだけになってしまったけれど、
中に「三角の目の狛犬」という項目があった。

東淀川区の柴島神社にある狛犬だそうで、
ああ、確かにあそこには変わった狛犬あったよね、
三角の目は気づかなかったけれど、と読んでみた。

GEDC3084_20170505185104039.jpg

柴島神社の、公園側の鳥居から入ると正面に見える、紅白の鳥居。

GEDC3089.jpg

GEDC3087_20170505185106fbe.jpg

白い鳥居の仲哀天皇社の狛犬。
変わった狛犬だけど、目は三角じゃない。
いつ見ても落ち武者ヘアーというか、はげ頭に見えるんだけど(笑)

GEDC3091.jpg

赤い鳥居の住吉神社。

GEDC3093-2.jpg

GEDC3094_201705051857385ac.jpg

こっちの狛犬のことらしい。

GEDC3093-1.jpg

横にビロ~ンと引き延ばしたようなお顔。

GEDC3093_2017050518573425a.jpg

なるほど三角。
アップにすると、指のようにも見えるが。

この本によると、大阪でこのタイプの狛犬はあと、桑津天神と津堂八幡神社、
都留彌神社、の計4社にしかないそうで。
桑津天神と都留彌神社は行ったことあるぞと、写真ファイルを見直してみたら、
桑津天神の方は、もう無いのか見逃したのか、写真撮ってなかった。
本の発行から十数年たってるし、もう無いのかな?

P1180490.jpg

都留彌神社の方は、この鳥居の脇にいました。

P1180489_20170505190030e9f.jpg

P1180488_20170505190029bd1.jpg

奉納年は見てないけど、こっちの方が若干新しそう。

P1180489-1.jpg

細々したところに違いはあるけれど、
同じ顔だわ。
こっちの狛犬の方は、若干ビロ~ン感が少ないのは、
柴島の方と比べると面長な顔の形のせいか、鼻の形のせいだろうか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
酉島宮
大阪市此花区酉島2丁目1

P1420876.jpg

とりしまのみや。
鴉宮の御旅所。

P1420877_20170503171803b17.jpg

鳥居&鳥居&石碑の裏に鳥居の残骸。
残骸の写真を撮り忘れ。
ああ、なんたることだ。

P1420878.jpg

石の鳥居が一番後ろにあるってことは、昔はもっと後ろにも広がっていたのか。

P1420881.jpg

鳥居の右側に祠。
位置関係的に見て、石碑が本体で、祠は摂末社的なものだろうか。

P1420884.jpg

掲示板に地図があったから載せておく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
傳法山 西念寺
近畿でお寺というと、まず奈良や京都。
でも結構大阪も寺が多い。
神社より多い。
観光寺院って言うか、入りやすく門の開いてるところは少ないけれど。

今回は伝法駅から淀川近くを西の方へ来たのだけれど、
お寺が3軒並んでいた。

で。
一軒のお寺の前に「此花おもしろトレイルルート」の看板発見。
此花区は区内の名所旧跡をつないでマップにし、
その名所旧跡に看板を立ててくれているのです。

P1420853.jpg

大阪市此花区伝法5-7

山門の前には、観音霊場の石碑と、伝法小学校開校之地の石碑。
門は開いてる。
だがお寺はなんとなく入りにくい。
どうしようかなー。
とか思いながらちょっと中を覗いてみると。

P1420863.jpg

お。
お参りしなければ(使命感)

P1420855.jpg

ご本堂。
ご本尊は阿弥陀如来らしい。
お坊さんがお掃除中なので、こそこそ写真を撮る。

お邪魔しないように、鳥居の右側のお堂へ。

P1420862.jpg

お堂の中は石仏がたくさん。

P1420860.jpg

真ん中にお祀りされているのは、「身づくり観音」という、十一面観音。
江戸時代に橋を架ける工事中に、川底から掘り起こされた観音様だそうだ。
なんか、お堂の裏に回ってお参りしなさいと書いてあったので、
裏に回ってみる。

P1420858.jpg

後ろ側には、石仏がいっぱい。

P1420861.jpg

ここから観音様をなでてお願いするとかなうのだとか。

P1420863.jpg

そして、さあいよいよ私的メイン(笑)
白龍大明神。
鳥居の左の石標には白龍大明神。
鳥居の額は、八大龍王尊、天神社、地主社。
お社の額は、天照皇大神、住吉大明神、濡髪大明神、傳法荒神、法道稲荷。

お参りしようとしたとき、ちょうどお坊様がお社の裏側を掃除されていたので、
長年の疑問を思い切って聞いてみた。

「お寺にあるお社にお参りするとき、柏手打っていいんですか?」

お坊様は、嫌な顔一つせず、
「同じ神様ですから、同じようにお参りください」
と教えてくださいました。

そうか!
ではココで一発景気よくパンパン!っと。

長年の疑問が一つ解けたー(゚∀゚)
ああ、でもココは天照皇大神とか天神さんとか住吉さんがお祀りされてるからな。
お稲荷さんだけとか弁天さんだけとかだとどうなんだろう?
天部の神様…神様だからいいのか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 860、861
前回からまた日にちがあいてしまいましたが、
今日久々に廻ってきました。

P1420864.jpg

西念寺

P1420877.jpg

酉島宮

あといくつか史跡とか。
最近めっきり歩かなくなって、リハビリ的に行ってはみたものの、
やっぱり腰に来て、阪神で洋食焼きを買おうと思ってたのに、断念。
残念無念。

ええ、残念がるのそこ?(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ