鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寂光寺
大阪市東淀川区南江口3丁目13-23

府道16号線沿いの、ライフ江口店の前の歩道橋のところに、
こんな石碑がある。

江口の君というと、西行法師に、一晩の宿を請われ、渋ったら、
「一晩の宿を貸すのを惜しむとか、これだから物事に執着する女は」
と、煽られたので、
「一晩の宿に拘ってんの、ジブンちゃうん?(笑)」
と、煽り返して、一晩中レスバトルになったとか。
…あれ?そうだっけ?(笑)

eguti (2)

この石碑の指さす方に進むと、寂光寺、江口の君堂があるんだけれど、
進んだ先、お寺の近くまで来ると、ゆるい上り坂。
上り坂の入り口付近にも、入り口があるけれど、
自転車が止めにくかったので、いやいやながら坂を登る。

eguti (1)

この辺に自転車止めて、と思ったら。
工事中?
よく見れば本堂にシート掛かってんじゃん。
えー。

…ま、そういうことなので、以下4年半前に来た時の写真。

eguti (3)

手水舎。

eguti (8)

これは…なんだっけ?

eguti (7)

本堂。

eguti (4)

鐘楼。

eguti (9)

ポケストップの石仏。

eguti (5)

鐘楼の登り口側に、君塚、西行塚の石碑があって、
当時、この石柱だけ撮って、塚を見に行くの忘れてたので、
今回見に行ったんだけど、まあ、工事中だったので入らずに、
ポケストップだけまわして帰ってきたんですが。

eguti (6)

たぶんこの、五輪塔?かな?が、どっちかの塚だと思うんですが。
また日を改めていこうとは思うんだけど、
本堂の改修だったら、時間掛かるよねー。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
了徳院 1
大阪市福島区鷺洲2丁目14−1
浦江聖天
ん?浦江?確か前に、浦江の付いたところにいったようなー。
過去記事見直して、ありました。
浦江八坂神社
北区の素戔嗚尊神社。
梅田から新梅田シティ越えていったけど、福島からの方が近かったのか。
了徳院からだと、阪神高速挟んで、5分ほどの距離だった。

syoten1 (3)

鳥居。

syoten1 (1) syoten1 (2)

そして狛犬。
と、来れば神社でしょ(゚∀゚)
と、いうわけにはいかない。
了徳院は、摂津国八十八箇所 第4番で、大阪四不動北方霊場。

syoten1 (4)

狛犬の後ろに、歓喜天の石柱。
そういえば、京都の山崎聖天(観音寺)も(鳥居はこちら)、
箕面の聖天さん(西江寺)も、入り口鳥居だったっけ。
もしや歓喜天をお祭りしている、いわゆる「聖天さん」は、
皆、鳥居なの?と、たった三例で物を言ってみる(笑)

syoten1 (10)

門をくぐると。

syoten1 (5)

右側に鐘楼。

syoten1 (7)

その向こうに手水舎。

syoten1 (8)

よく見ると額が。

syoten1 (9)

水盤の向こうに、延命地蔵尊。

syoten1 (6)

門をくぐって、道なりに行くと鳥居。
鳥居の所から、「2」につづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
慈眼院
泉佐野市日根野626

じげんいん。

P1350569.jpg

日根神社に行こうと、宙海さんとバスに乗った。
バス停で降りて、来る途中で鳥居を見たからあっちだろう
という宙海さんに、いやいや旅ナビはこっちを指してるから
こっちだろうという私。

結局旅ナビ通りに進むと、このお寺に着いた。

P1350570.jpg

この鐘楼の裏側を行くと日根神社。

P1350662.jpg

鐘。

P1350571.jpg

茶色い屋根が本堂のよう。
門の中に入ったが、中の写真はほとんど撮ってない(;^ω^)
何をしてたかというと。

P1350644.jpg

シャガ。
花の写真を撮ってました(笑)
シャガはこの一輪だけだったんだけど。

P1350645.jpg

こっちの花に夢中。
ぱっと見、ムスカリかと思ったんだけど、
いや違う、これはアレだ、ペンギン草!

P1350648.jpg

ペンギン草、ロゼッタ咲かと思ったら、立ち性もあるのか。

P1350647.jpg

ううむ、角度が悪くて、ペンギンに見えないな。
ここはとっときのペンギン草を。

P1060839.jpg

以前橿原神宮で撮ったもの。
正しくはキランソウ。
上のキランソウは、セイヨウキランソウみたい。

P1060840.jpg

そしてアップ。
より目のペンギン(笑)

キランソウを撮ったら、大満足してしまって、他の寺の施設を撮り忘れ(;^ω^)

P1350651.jpg

そして、日根神社と慈眼院の境に咲いてた、
アヤメか、カキツバタか、ショウブ。
これも、区別がつきがたい。
アヤメも、ショウブも、漢字は「菖蒲」
咲いてる場所が、水辺か乾いた土地か、大きさは?
とか、区別する方法はあるんだけど、覚えられないのよねー。

これは、水のあるところに咲いていて、花菖蒲のような派手な花ではないので、
たぶんカキツバタではないかと推理。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
薬師寺 1
奈良市西ノ京457

P1340007.jpg

西ノ京駅ホームに立つ、薬師寺の寺号標石。

P1330926.jpg

駅を出てちょっと進むと、すぐ薬師寺。

P1330929.jpg

梵鐘。

P1330932.jpg

えーと。
西塔だったかな?

P1330934.jpg

確か大講堂。
薬師寺にいったのは、期間限定で公開されている、
吉祥天女画像が見たかったのと、その期間だけいただける
吉祥天女のご朱印が欲しかったから。

その上、ニュースで8日から、平成版の復元画像になると聞いて、
急いでいってきた。

んが。
どこにあるのかさっぱり解らない。
よく、特別展、寺宝展なんかだと、ここでやってるよ!みたいな看板があるけど、
薬師寺では全然見かけなかった。
どのお堂?とさまよったが見つけられず。
入り口に戻って、場所を聞くが、そのお堂はいったんだけどなー、
もう一回いってみるが、やっぱり解らない。

一旦外へ出て、三蔵院であった女性に、ご本尊の足下と教えて貰い、
三度目の金堂へ。

P1330973.jpg

金堂。

P1330974.jpg

中には熊手が飾られていた。
もちろん中は、撮影禁止だ。
そして、ご本尊に近づいてよく見る。
ああ!ここにいらしたのか。
思ったより小さい。
なるほど、勝手に掛け軸状と思いこんでいたので、
壁ばかりをみていたので見つけられなかったのだ。
あれは厨子っていうのかな?そういうのに納められていて、
仏様の前に置かれているとは全然思ってなくて、
すっかりスルーしてしまっていた。

t-n-yakusiji.jpg t-n-yakusiji-k.jpg

ご朱印は、ご本尊と、吉祥天をいただきました。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
奥山稲荷神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


和歌山市吹上1丁目4

P1010360.jpg

和歌山城から、道を渡って、ここまで上る。

P1010344_20141222210407505.jpg

さらに階段。

P1010346.jpg

手水舎。

P1140342.jpg

禁殺生の碑。
上の看板に、初代和歌山藩主、徳川頼宣が書かせた碑、
であるようなことが書かれているようだが、字が薄くなってて
読み取れないところもある。

P1010348.jpg

岡山の時鐘堂。
徳川吉宗が、紀州藩主だった当時に設置されたもので、
時刻を知らせるための鐘。
時刻を知らせる鐘は、大阪にも残っている。

大坂町中時報鐘

P1140348.jpg P1140347.jpg

拝殿前のキツネ。
牙がすごいような気もするが、なんか可愛い。

P1140346.jpg

ちょっと変わったシッポ。

P1010352.jpg

拝殿。

P1010356.jpg

拝殿に掲げられた御祭神の額。
稲蒼御魂命、照川大明神、葛葉大明神、
幾田大明神、吉田大明神。

初代和歌山藩主、徳川頼宣が、駿河の国よりお国入りしたときに、
和歌山城の守護として当地に御遷座申し上げたのが、
この神社の始まりなんだとか。

j-w-okuyama.jpg

ご朱印と、

P1140349_201412222142032b9.jpg

例の石。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。