鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酉島宮
大阪市此花区酉島2丁目1

P1420876.jpg

とりしまのみや。
鴉宮の御旅所。

P1420877_20170503171803b17.jpg

鳥居&鳥居&石碑の裏に鳥居の残骸。
残骸の写真を撮り忘れ。
ああ、なんたることだ。

P1420878.jpg

石の鳥居が一番後ろにあるってことは、昔はもっと後ろにも広がっていたのか。

P1420881.jpg

鳥居の右側に祠。
位置関係的に見て、石碑が本体で、祠は摂末社的なものだろうか。

P1420884.jpg

掲示板に地図があったから載せておく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
伝法川跡
大阪市此花区伝法5丁目3

庚申堂から次の目的地に行く途中。
ふと横道を覗いたら、抜けたところに公園が見えた。
公園ならベンチもあろうと、一休みするために行ってみた。
ベンチに腰掛け眺めていたら、コンクリート壁に壁画が描かれている。
階段もついてて上れるよう。

P1420890.jpg

壁の向こう側はこうなっていて、伝法港という、淀川の漁港らしい。

伝法5丁目と書いたが、Googleマップだとこの辺は酉島2丁目っぽい。
伝法と酉島にまたがる地域にあるようだ。

P1420891.jpg

角っこに建って振り返ると、なにやら石碑が建っている。
横には此花おもしろトレイルルートの看板も有る。

P1420886.jpg

伝法川跡の石碑。

P1420889.jpg

裏側になにやら書いた石版があったけど、読めまへん(;^ω^)

おもしろトレイルの看板によると、昔は鴉宮の敷地は島になっていて、
伝法川の終着地点だったそうで、伝法地区にたくさんあった造り酒屋の酒を
江戸に運ぶ玄関口だったのだとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
傳法山 西念寺
近畿でお寺というと、まず奈良や京都。
でも結構大阪も寺が多い。
神社より多い。
観光寺院って言うか、入りやすく門の開いてるところは少ないけれど。

今回は伝法駅から淀川近くを西の方へ来たのだけれど、
お寺が3軒並んでいた。

で。
一軒のお寺の前に「此花おもしろトレイルルート」の看板発見。
此花区は区内の名所旧跡をつないでマップにし、
その名所旧跡に看板を立ててくれているのです。

P1420853.jpg

大阪市此花区伝法5-7

山門の前には、観音霊場の石碑と、伝法小学校開校之地の石碑。
門は開いてる。
だがお寺はなんとなく入りにくい。
どうしようかなー。
とか思いながらちょっと中を覗いてみると。

P1420863.jpg

お。
お参りしなければ(使命感)

P1420855.jpg

ご本堂。
ご本尊は阿弥陀如来らしい。
お坊さんがお掃除中なので、こそこそ写真を撮る。

お邪魔しないように、鳥居の右側のお堂へ。

P1420862.jpg

お堂の中は石仏がたくさん。

P1420860.jpg

真ん中にお祀りされているのは、「身づくり観音」という、十一面観音。
江戸時代に橋を架ける工事中に、川底から掘り起こされた観音様だそうだ。
なんか、お堂の裏に回ってお参りしなさいと書いてあったので、
裏に回ってみる。

P1420858.jpg

後ろ側には、石仏がいっぱい。

P1420861.jpg

ここから観音様をなでてお願いするとかなうのだとか。

P1420863.jpg

そして、さあいよいよ私的メイン(笑)
白龍大明神。
鳥居の左の石標には白龍大明神。
鳥居の額は、八大龍王尊、天神社、地主社。
お社の額は、天照皇大神、住吉大明神、濡髪大明神、傳法荒神、法道稲荷。

お参りしようとしたとき、ちょうどお坊様がお社の裏側を掃除されていたので、
長年の疑問を思い切って聞いてみた。

「お寺にあるお社にお参りするとき、柏手打っていいんですか?」

お坊様は、嫌な顔一つせず、
「同じ神様ですから、同じようにお参りください」
と教えてくださいました。

そうか!
ではココで一発景気よくパンパン!っと。

長年の疑問が一つ解けたー(゚∀゚)
ああ、でもココは天照皇大神とか天神さんとか住吉さんがお祀りされてるからな。
お稲荷さんだけとか弁天さんだけとかだとどうなんだろう?
天部の神様…神様だからいいのか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
深江の史跡とか
大阪市バスに乗って深江のバス停で降りた。
そして早々に一休み(笑)

P1420831.jpg

公園で、ポケモンGOを開いて、周辺の史跡を探る。
特に心惹かれるところはなかったので、目的地に向かおうとしたら。

P1420828.jpg

なんか、看板が立ってる。
「深江の菅田」
そういえば以前、深江稲荷に行ったとき、菅笠の石碑が建ってたっけ。

P1220650_20170221193437af1.jpg

深江稲荷前の石碑。
その昔、上町台地の東側の湿地帯だったこの辺りは、良質の菅がとれたので、
笠作りの一族が移住してきて、お伊勢さんなどに笠を納めていたんだとか。

現在都市化が進み、菅田は姿を消したけれど、
地元の有志の方々が、菅田を復興させたんだそうだ。

P1220654.jpg

そして、深江稲荷のお向かいにあった家。
「菅笠の里 人間国宝 角谷一圭生家 深江歴史文化委員会」
と、書いてあったから菅笠の職人さんかと思ったら、
茶の湯釜の職人さんだそうです。

P1420846.jpg

道の向こうにお墓発見。
なんか石碑建ってるし、何かあるかも?

P1420847.jpg

石碑に書いてあったのは「免許 墓地」の文字。
墓地って免許要るんや。
まあ、勝手にその辺にたてられんへやろからな。
あれ、深江から来たから大阪市の墓地かと思ったら、
足代墓地って書いてあるから、東大阪市だね。
大阪市で検索してもでないはずだわ。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
生國魂神社 4 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市天王寺区生玉町13-9

P1020252.jpg

鳥居をくぐって左側。

P1020254.jpg

精鎮社。
ご祭神は、事代主神、比咩大神。
この比咩大神は、弁天さんで、元は参道にあった蓮池にあったそうで、
そのためか、両部鳥居の下は池。
アクリル板越しに覗けるようになっている。

P1420801.jpg

鯉が泳いでるんだけど、見えるかなー?

P1420802.jpg

こっちの網越しの方が見えるか。

精鎮社の奥に行くと、近い方から、

P1020270.jpg

稲荷神社。

P1020268.jpg

源九郎稲荷神社。

P1020259.jpg

鴫野神社。

P1420799.jpg

鴫野神社の裏側には、枯れたご神木があって、これはこれで祀られている。

P1140735.jpg

ご神木の傍らに、置かれた石。

P1140736.jpg

金龍大神と書いてある。
ご神木だし、巳さんかな。
ふと、和歌山のあの石を思い出したが、あれとくらべるとだいぶ大きいので、
社号標か、塚の石碑みたいなものか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。