鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪のお稲荷さん 6
大阪府神社庁のサイトに載ってる、
法人登録されている大阪市のお稲荷さん。

P1110438_20170210124354119.jpg

玉造稲荷神社
大阪市中央区玉造2-3-8
宇迦之御魂大神

P1110442_201702101243555e5.jpg

恋キツネという、キツネの絵馬?
絵馬なんやろうか。
絵馬だったらどこに書き込みするんだろうか?
幅があるから底の部分とか?

P1110457.jpg

豊臣秀頼公奉納の鳥居。
震災の時に基礎部分が壊れて、ここに保存されることになったとか。
普段見られない柱の上の方とか、見放題(゚∀゚)

P1110480_201702101243585f3.jpg

秀頼公と玉造稲荷とは縁が深いようで、銅像もあるし、胞衣塚も祀られている。
紅白の幕の後ろにある、埴輪っぽい建物は、難波・玉造資料館。
見学は1週間以上前に要予約。

P1410340.jpg

土佐稲荷神社。
大阪市西区北堀江4丁目9−7
宇賀御魂大神。

P1410339.jpg P1410338.jpg

拝殿前のキツネ。

P1410346_20170210124428c72.jpg

ここはなんて言っても、三菱マーク。
長らく土佐藩蔵屋敷に祀られてて、後に蔵屋敷ごと岩崎弥太郎に売り渡され、
三菱発祥の地になったとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
生國魂神社 1 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


今日もこたつ沼にずぶずぶです。
いっそHNを「猫舌炬燵守叉兼」にでも変えようか、
と思ったり思わなかったり。


大阪市天王寺区生玉町13-9

地下鉄の谷町九丁目駅を降りて、谷町筋に出ると、

P1140755_201701201419123b0.jpg

歩道橋にも案内が出てるし、確か歩道にも看板が出てたはず。

P1020234.jpg

案内通り進む。

P1250568_20170120141913402.jpg

ちなみに千日前通と松屋町筋の角にも鳥居。

P1020236_20170120141847858.jpg

参道を進んだ先の鳥居。

P1020237.jpg

社号標。

P1020239.jpg P1020240.jpg

狛犬。

P1140721.jpg

手水舎。

P1020292.jpg

拝殿。

P1140725_20170120141910f73.jpg

お正月の拝殿。
ご祭神は、生島大神、足島大神。

「2」に続く。

中央区の行宮
大阪城の御旅所跡


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
春日神社~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


長岡京市勝竜寺19

勝龍寺に隣接して建っているのがこの春日神社。

GEDC3208.jpg

鳥居と社号標。

GEDC3212.jpg

背の低い神門。

GEDC3215.jpg GEDC3216.jpg

狛犬。

GEDC3214.jpg

拝殿。

GEDC3213.jpg

本殿。
ご祭神は、天津児屋根尊、姫大神、武甕槌命、斎主命。
平安末期の創建とされ、一旦焼失するが再建。
石鳥居、石灯籠、狛犬の銘から、
江戸時代に境内が整備されたものとうかがえる。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
西宮神社 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


西宮市社家町1番17号

nisinomiya3 (4)

拝殿。
ご祭神は、えびす大神、第一殿。
天照大御神、大国主大神、 第二殿
須佐之男大神、第三殿

nisinomiya3 (2) nisinomiya3 (3)

拝殿前の狛犬。

nisinomiya3 (1)

本殿の向かい側に、反り橋とかがあって、その横の橋を渡ると。

nisinomiya3 (5)

伊勢神宮遙拝所。

nisinomiya3 (6)

宇迦魂神社。

nisinomiya3 (8)

市杵島神社。

nisinomiya3 (7)

さらに橋を渡ったところにある茶店。
この間行ったときはさすがに満員。

この時は空いていたのでお茶とお団子を買って、
赤い外席でいただきました。
もちろん中にも席はある。
買ったお団子は、「満足団子」と書いて、「みたらしだんご」と読む。

nisinomiya3 (9)

松尾神社。

nisinomiya3 (10)

神明神社。
え。
お稲荷さんかと思ったら、神明神社なの?
神明神社って言ったら、どこそこのお伊勢さんとか言われて、
天照大神を祀ってるんじゃないの?
まあ赤い鳥居が連なってたからと言って、
絶対お稲荷さんというわけではないけれども。
鳥居をくぐった奥には、狐も居るけれども。

と、思いつつ説明の木札を読むと。
ご祭神は、豊受比売神。
お伊勢さんはお伊勢さんでも、内宮じゃなくて外宮の方かー。
「ご社殿は明治六年元大坂奉行所西宮勤番所敷地内から移転され
稲荷神をも合祀されていまでは「お稲荷さん」として
多くの信仰を集めています」

宇迦御魂命は別に祀られてるのに?とか、
まあ豊受比売も「豊穣」担当だしな、とか。
いまいちすっきりはしないけど、
こういうところが「神社あるある」なんだわ、ということにする。

j-h-nisinomiya.jpg

御朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
西宮神社 1 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


西宮市社家町1番17号

えべっさんでお参りすると、いろいろ写真とか撮れないので、
5年ほど前に行ったときの写真で、ご紹介。

nisinomiya2 (1)

鳥居。

nisinomiya2 (2)

社号標。

nisinomiya2 (3)

表大門。
開門神事の門ですね。
ここから福男目指して、みんなが走るのです。

nisinomiya2 (10)

梅宮神社。
鳥居をくぐってすぐ、表門の外側にあります。

nisinomiya2 (4)

表門を入ると。
児社。

nisinomiya2 (5)

南宮神社。
西宮神社の境内にあるけど、廣田神社の摂社。

nisinomiya2 (6) nisinomiya2 (7)

南宮神社の狛犬。

nisinomiya2 (8)

神馬。

nisinomiya2 (9)

手水舎。
えべっさんの時、数分の待ち時間があるほどごった返してた手水舎。

こんなブログをやってる私が言うのもなんですが。
みんな真面目やなーあははー。
だって多くの人は、あちこちの神社に貼られてる「手水の作法」なんて、
気にかけてないよ。
ただただ「神さんとこ行く前に、手ぇ洗ろてかなな」
それだけやん。
それでええやん。

でも、並んで待ってまで、手を洗っていくのですよ。
おっさんもおばはんも、カップルも、ちょけた坊主たちも、
「並んでるんやったら、もうええやん、行こや」
にならずに、並んで清めてからお参りする。

みんな真面目やなー、あははー。
手水使ってから、抜け出るのが大変でした(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。