鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
いくたまさんの御朱印
大阪市天王寺区生玉町13-9

1月限定でいただける、生國魂神社の干支朱印。
ぐずぐずしてたらこんな時期になってしまったが、どうにかいただきに行けた。

P1420824.jpg

2017年、平成29年、丁酉の御朱印。

P1420805.jpg

この日のいくたまさんは、蝋梅が咲いてましたよ。
ていうか、もう1月下旬じゃん。
そろそろ早咲きの梅が咲く頃だな。

干支朱印をもらい始めてようやく6年。
やっと十二支の半分まで来ましたよ。

j-o-ikutama-t.jpg j-o-ikutama-m.jpg j-o-ikutama-u_20170126015344f10.jpg

j-o-ikutama-h_20170126015338bef.jpg j-o-ikutama-s28_201701260153417e7.jpg

60年コンプリートはさすがに無理でも、十二支くらいは集めたいな。
あーでも、こうして並べると、
なんやかんやでほぼ松が明けてからしか行ってないな(笑)

b-ikutama_201701260152368ed.jpg

b-ikutama2_20170126015237410.jpg

生國魂神社の御朱印帳。
去年ピンクのが出来てたと思ったら、今年は紫も増えてました。
最近街角小祠ばっかり行ってて、全然御朱印帳持って歩かないから、
購入は見送り。

j-o-ikutama_20170126021623354.jpg

ちなみにこちらが、以前いただいた通常の御朱印で、

j-o-ikutama-s_201701260216247ed.jpg

こちらが神仏霊場会の御朱印。
生國魂神社は神仏霊場会48番になってるんだけど、
御朱印のサンプルには、この御朱印が貼られてなかったんだけど、
おおっぴらにやってないだけで、お願いすれば書いてくれるのか、
通常の御朱印に統一したのか?
神仏霊場の張り紙はあったので、御朱印のサンプルがないだけなのかな?
専用集印帳のみだったりするのかな?
私がいただいた26年当時は、
「神仏霊場の御朱印ていうのがあるんですか?」
と聞いたら書いてくださいましたけど。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
崇禅寺 1 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市東淀川区東中島5丁目-27-44

初めて行ったときは、中島総社に行ったついでに寄ろうとして、
入り口がわからず、あきらめた崇禅寺。
反対側にあったのね、入り口。

そしてくどいようだが、総持寺と崇禅寺が未だにごっちゃ。
これが「三つ子の魂百まで」というやつか。
「もう総持寺も崇禅寺も、両方行ったから大丈夫さ!」
とか思ってたけど、まだだめでした(笑)
今までは電車で通り過ぎる駅だったから、印象薄くて覚えられなかったのよ!
それぞれの名前の元のお寺にお参りして、印象づけしたからもう大丈夫!
とか思ってたけど、これを書くに当たって、情報の補填のために、
検索しようとして「総持寺」って入力してたのさー。

P1050846.jpg

本堂。
ご本尊は釈迦如来。
行基の開基で、当初は法相宗であったが、後に曹洞宗に転宗。
伽藍はたびたび兵火にかかり、大坂大空襲で焼け落ちた後、
平成元年に、現在のものが再建された。

P1050865.jpg

納骨堂。

P1050869.jpg

の、前に布袋さんと、

P1050866.jpg

手水?

P1050867.jpg

その後ろに「聖徳太子十六才のお姿」
何で聖徳太子?と思ったら、納骨堂のご本尊の十一面観音が、
聖徳太子作と伝えられてるらしい。

P1050852.jpg

崇禅観音尊と、足立地蔵尊。
あー、今気づいたけど「尊」と書いて、お寺だと「そん」
神社だと「みこと」読みなんだなー。

今ふと思いついて、「大連」(だいれんorおおむらじ)を検索してみた。
漢字で検索すると、基本中国の大連が出るのね。
おおむらじは、ひらがなでないと調べにくい、と。
いや、同じ漢字で音読み訓読み、で、ふと思いついたもので(∀`*ゞ)テヘッ

t-o-souzenji.jpg

御朱印。

崇禅寺の見所は、「2」に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
西宮神社 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


西宮市社家町1番17号

nisinomiya3 (4)

拝殿。
ご祭神は、えびす大神、第一殿。
天照大御神、大国主大神、 第二殿
須佐之男大神、第三殿

nisinomiya3 (2) nisinomiya3 (3)

拝殿前の狛犬。

nisinomiya3 (1)

本殿の向かい側に、反り橋とかがあって、その横の橋を渡ると。

nisinomiya3 (5)

伊勢神宮遙拝所。

nisinomiya3 (6)

宇迦魂神社。

nisinomiya3 (8)

市杵島神社。

nisinomiya3 (7)

さらに橋を渡ったところにある茶店。
この間行ったときはさすがに満員。

この時は空いていたのでお茶とお団子を買って、
赤い外席でいただきました。
もちろん中にも席はある。
買ったお団子は、「満足団子」と書いて、「みたらしだんご」と読む。

nisinomiya3 (9)

松尾神社。

nisinomiya3 (10)

神明神社。
え。
お稲荷さんかと思ったら、神明神社なの?
神明神社って言ったら、どこそこのお伊勢さんとか言われて、
天照大神を祀ってるんじゃないの?
まあ赤い鳥居が連なってたからと言って、
絶対お稲荷さんというわけではないけれども。
鳥居をくぐった奥には、狐も居るけれども。

と、思いつつ説明の木札を読むと。
ご祭神は、豊受比売神。
お伊勢さんはお伊勢さんでも、内宮じゃなくて外宮の方かー。
「ご社殿は明治六年元大坂奉行所西宮勤番所敷地内から移転され
稲荷神をも合祀されていまでは「お稲荷さん」として
多くの信仰を集めています」

宇迦御魂命は別に祀られてるのに?とか、
まあ豊受比売も「豊穣」担当だしな、とか。
いまいちすっきりはしないけど、
こういうところが「神社あるある」なんだわ、ということにする。

j-h-nisinomiya.jpg

御朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
祇園のえべっさん
今年はどうにもこうにもエンジンの掛かりが悪いというか、
神社仏閣ブログをやってる割に、初詣は7日になってようやく出かけるわ、
毎年2枚使う、阪神阪急乗り放題のニューイヤーチケットが、
1枚しか買ってないのに、期限ぎりぎりの今日まで使えてないわで、
スタートダッシュで出遅れ感ありありですが、ここから巻き返すから!(笑)

とりあえず、毎年正月に御朱印をいただいてる、八坂神社に出かけてみた。
ついでに円山公園で、ポケモンGOをしてこよう。
と、思ったら、モバイルバッテリー忘れた(´・ω・`)

P1420761.jpg

八坂神社のえべっさん。
ここは残り福はやらないのかな?
行きしなのこの時点ではのぼりがたくさん立っているけれど、
帰りに通ったら、片付け始めてた。

P1420762.jpg

境内はまだお正月仕様だけど、参拝客はまばら。

P1420763.jpg

あれ?大神宮社の前に、見たことのない小屋がある。

P1420764.jpg

おけら火の授与所かー、って。
おけら火って、大晦日から元旦にかけてもろて帰るもんちゃいますの?
今までもっと早い時期に来てたけど、初めて見たわ。
何で今年だけ片付けてないんやろ?

今まで別の場所で授与してて、たまたま今年は
大神宮社の前だったので、気づいたって事でしょうか?

P1420786.jpg

今年の御朱印。

P1420788.jpg

恵方朱印ていうのが増えていた。
奇稲田姫の御朱印だそうだ。
これだけかと思ったら、摂末社の御朱印がリニューアル含めて10種類。
書き置き300円。
恵方朱印は、節分までの限定朱印で500円。
ついでに本社の御朱印は書き置き300円、墨書き500円。
去年までは御朱印帳に書いてもらって300円だったけど、
値上がりしたんですね。

今日はうっかり2000円と小銭しか持ってなかったので、
今度摂末社の御朱印をまとめていただきに行こうと思います。

去年までにいただいた八坂神社の御朱印


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大物主神社 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


尼崎市大物町2丁目7−6

阪神大物駅から南に降りて150mほど。
神社は「おおものぬし」だけど、駅は「だいもつ」
だいもつだいもつとーしょーだいもつ~♪

P1020793_2016121014300186f.jpg

駅に背を向ける形で建っているので、鳥居に来るには
一旦回り込む感じで。

P1020794.jpg

社号標。

P1020795.jpg

手水舎。

P1020799.jpg

謡曲「船弁慶」ゆかりの地の石碑。
義経が弁慶らとともに西国に向かって、大物浦から船出したものの、
激しい風雨に足止めされ、この付近で一時身を潜めていたとか。

P1020796.jpg

拝殿。
ご祭神は、大物主大神。

j-h-oomono.jpg

御朱印。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ