鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
崇禅寺 2 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


大阪市東淀川区東中島5丁目-27-44

崇禅寺に何をしに来たかというと、あれがあると聞いてきたわけですが、
特に観光寺院というわけでもないので、分かり易い道しるべがあるわけでなく。
道しるべが全然無いわけでもなく。

とりあえず、御朱印をいただいたときに場所を聞いて、
墓地の奥の方へ。

P1050884.jpg

途中見かけた、なにやらそれっぽいもの。
「崇禅寺馬場遠城兄弟の墓」
だれ?
剣術の試合で、末弟に負けた相手が逆恨みをして、
闇討ちを仕掛けて殺す。
兄二人が仇討ちのため崇禅寺に呼び出す。
相手は多数の助っ人を呼んでいたので、返り討ちに遭う。
私は全く知らなかったけれど、
映画や落語の題材にされている有名な仇討ち話らしい。
Wikipediaで調べたら、敵を探して大阪に出た兄弟は、
生國魂神社近くで敵と出会うが、相手が「神域を汚すのは、ちょっと」
と言うので、じゃあ崇禅寺馬場で、と言うことになったらしいが、
神社はだめでも寺ならいいんかーいアァ?( ´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ

P1050881.jpg

兄弟のお墓。

P1050879.jpg

「崇禅寺馬場遠城兄弟終演之地」の石碑と、
「遠城兄弟之塚」

そして、遠城兄弟の墓を通り越して。

P1050878.jpg

ここが目的地。

P1050874.jpg

中央に足利義教の墓(首塚)。
京都で足利義教を殺害した赤松満祐は、本領に戻る途中崇禅寺に
義教の首を置いていったと言うことで、当時の摂津守の細川家に
寄付を受け、義教の菩提寺の一つとなり、曹洞宗に転宗。
細川氏の菩提寺の一つにもなった。

P1050876.jpg

その右側に、徳叟亨隣大和尚の墓。

P1050875.jpg

そして、首塚の左がこれ。
秀林院細川玉子之墓。
オルガンティノが屋敷の燃え跡から遺骨を探し出し、
堺のキリシタン墓地に埋葬されたものを、崇禅寺に改葬したのだそうで。

まあ、葬式は教会葬をやったって言うし。
本人はお墓には居ませんってな歌もあるし。
寺に葬られてても、本人は、風になって近くの教会にでも行ってるだろうから、
いいんじゃないかな。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
鳴神貝塚
先日久しぶりに、「ぐるぐる」の宙海さんと和歌山へ行ってきた。

KIMG1142.jpg

目指すは「たま電」もとい、和歌山電鐵貴志川線。
ほぼ5年ぶり。

P1420516.jpg

新しく「うめ星電車」が出来ていた。
近鉄みたいな色だな。
♪うめぼしでんしゃがや~ってきた~
とんがりあたまに どんぐりめだま~♪
いや、そりゃ「電車」じゃなくて「殿下」(笑)

残念ながら貴志駅でのお土産屋には、梅干し、なかったんですけどね。
ええ。
ハチミツ梅とか、カツオ梅とかの梅漬けはありましたが。
甘い梅漬けは断固として梅干しとは認めませんよ?
まあ、梅干し電車じゃなくて、うめ星電車なんで、
梅干しが売りとは言ってないんですけどね。

P1420519.jpg

P1420521.jpg

内装はシックな和風。

P1420531.jpg

ドアの指詰め注意のステッカー。
ああ、肉球挟んだら大変だー。

うめ星電車に乗って、日前宮駅へ。
日前宮を通り越して、和歌山バイパスを目指す。
貝塚に行く前に腹ごしらえだー。
と意気込んだはいいが、500mも行かないうちに腰が痛くなる。
「後半でしんどい言い出すとは思ってたけど、
のっけから腰痛いとは想定外でワロタ」(意訳)
と、宙海さんに言われる(;^ω^)
申し訳ない orz<コシイテー

KIMG1143.jpg

とりあえずくら寿司でお昼。
ネタになると思いつつも、一人回転寿司ではなかなか注文できなかった、
シャリコーラを頼む。
「コーラ」の定義ってなんだろうね?
期間限定ペプシのお仲間と考えればいいのか。
ちょっと粉っぽいカルピスソーダ的な感じ。

昼ご飯を終えて、腰を押さえつつ貝塚を目指す。

P1420532.jpg

くら寿司から、道を渡って東へ。
看板の裏の方から来た。
裏にも「鳴神貝塚」の文字がほしいところ。

P1420535.jpg

坂を上るとこの看板。
看板の有る側、写真の右方向にも道があって、
そっちに行くと温泉宿なので、そっち側が進入禁止なのだと判断。

P1420537.jpg

道を抜けたところ。
まあ天皇陵とかでもなけりゃ、こんなもんだわなあ、と来た道を戻る。

P1420540.jpg

行きがけは見逃していたが、進入禁止の看板から
入ってすぐくらいのところに、石標があった。

鳴神貝塚は、明治時代に近畿地方で初めて発見された貝塚で、
和歌山県内最大の規模を誇り、昭和初期に国の史跡に指定されている。
貝塚なので貝殻はもちろん、縄文土器、石製品、骨製品、
人骨も発掘されているらしい。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
聖天山奥の院 1
大阪市阿倍野区松虫通3丁目2

P1420075.jpg

さて、正圓寺にも参ったことだし、聖天山でも登ろうかな。
聖天山は天保山と同じく、大阪五低山のひとつだそうだ。
天保山は築山だったけど、残りの御勝山、荼臼山、帝塚山は古墳だそうだ。
つまり山と言っても皆、人工物なんだな。
ここも古墳だそうだ。

P1410987.jpg

とりあえず見渡したところ、石碑とかは見えない。

P1410989.jpg

こっちがお寺の裏側かー。
なんか、ずいぶん雰囲気違うな。
ん?あれは…

P1410990.jpg

鳥居?
え、見てない。
あそこ正圓寺じゃないの?

P1410992.jpg

ぐるっと回って、さっき正圓寺に上った階段の反対側にでた。

P1410993.jpg

ありゃ。
ここも正圓寺だわ。
正圓寺の奥の院らしい。

P1420060.jpg

階段上ったあたりから色々あるが、それは次ぎ以降の記事にするとして、
そのまま進むと石仏やら祠やら色々ある。
これは癌封じ地蔵。

P1420067.jpg

裏門かしら?閉じた門があった。

P1420068.jpg

正圓寺には大根ないんだ、と思ってたら、ここにあった。

P1420074.jpg

で、表の山門の右側に出てきた。
なぜか、最初来た時に、車の後ろは行き止まりだと思いこんでたわ。
やばい。
こんなおもろいとこ、うっかり見過ごしてまうとこやったわ。

と言うことで、2に続く。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
伊太祁曾神社 1 ~旧ブログから
この記事は、このブログを始める前に、
「猫舌日記」「猫舌日記つづき」に取り上げた物を、
写真を増やしたり、書き直したりした物です。


和歌山市伊太祈曽558

itagiso (8)

和歌山電鐵伊太祈曽駅。
ちなみに、神社は「いたきそ(ITAKISO)」で、
駅は「いだきそ(IDAKISO)」と読むらしい。

itagiso (1)

12年に、お参りに行ったのだけれど、当時は、
現たまⅡ世駅長が、まだニタマ伊太祁曽駅長だった。
そして、お休みの日だった(笑)

itagiso (2)

レンタサイクルを借りて、伊太祁曾神社へ。

itagiso (10)

余談ですが、当時スタンプラリーをやっていて、

itagiso (10-1)

こんな風に西国三社めぐりで、スタンプを集めました。

itagiso (9)

賞品。
吉宗くんボールペン。
使った記憶がない。
どこへしまったっけ?

itagiso (3)

で。
自転車で進むと、一の鳥居。

itagiso (4)

傍らの社号標は木製。
木製の社号標は、珍しくはないけれど、
この規模の神社では余り見ない。
「木の国」「木の神様」だからか。
文字も緑色。

itagiso (5)

鳥居をくぐると、門神社(櫛磐間戸神社)

itagiso (6)

砂利敷きの緩い坂を上ると、鳥居。
ここが正面の鳥居なんだが、自転車を止めるために、
駐車場の方まで進むので、通過ー。

itagiso (7)

ここを上ると、ときわ山という古墳らしい。
でも、登らない。
しんどいやん(笑)

と、いうところでつづく。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
天皇をお祀りした神社 2
天皇をお祀りした神社大阪市編その2

仁徳天皇は、大阪市内に都があったせいか、
応神天皇に次いで複数の神社に祀られている。
とは言っても、私も大阪市内すべて廻ったわけでもないので、
行った範囲で、だけれども。

koudu.jpg

中央区高津宮。

nanba.jpg

中央区難波神社。

yae.jpg

生野区彌栄神社。

miyuki.jpg

生野区御幸森天神宮。

wakamiya.jpg

城東区若宮八幡大神宮。

仁徳天皇の御陵は、堺市にあって、日本最大の前方後円墳ということで、
古墳といえば仁徳天皇陵という感じで、学校でも習ったもんだが、
それは私が大阪の子だからだろうか。

nintoku.jpg

写真データが見つけられずに、私の別ブログから引っ張ってきた
仁徳天皇陵の写真(;^ω^)

この鳥居がある四角い方から、丸い方の端っこまで、
JR百舌鳥駅から三国ヶ丘駅一駅分あるって、大きいよね。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。