鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
川崎孫四郎自刃の碑
いくたまさんで、このまま帰るのもなんだし、近場で何かないかいなーっと、
スマホで地図見てたらありました。
いくたまさん出てすぐのところに。

KIMG1206.jpg

正面の鳥居を出たところから見ると、
右手の生玉公園の角のところに、二基の石碑。
左の石碑に、
「水戸藩士 贈正五位 川崎孫四郎自刃の所」
と、書いてある。
右の石碑には、
「勤皇烈士 贈正五位島男也之旧居」
と、書いてある。

川崎孫四郎は、桜田門外の変後、
大阪挙兵をはかり幕吏に追われてこの地で自刃。
笠間藩士の島男也は、大阪謀議のため幕吏にとらわれ、
江戸伝馬町獄にて死没。
と、立て札に書いてあった。

ところで関係ないが、島男也は「しまおなり」と読むようだが、
調べる前は「おとや」と読んでおりました。
おかげで私の脳内ではW本ボイスで「オトヤサ~ン」と(笑)
いや、わかる人でもわからないネタでごめん。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
いくたまさんの干支朱印
今年もいただいて参りました、生国魂神社の干支の御朱印。
ことしは、戊戌(つちのえいぬ)

KIMG1220.jpg

と言うことで、真ん中の犬が可愛い。

KIMG1202.jpg

だがしかし、猫派の私は、猫の尻を追いかけるのであった。
いくたまさんの階段下ったところ(西鶴の像がある辺りに行く階段)
にいた猫。

カメラ構えて近寄ったら非常にうさんくさげに見られて、
ついにお顔は撮れず。
時々立ち止まってはくれたんだけどねー。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
ぬね鳥居
ぬね鳥居って、なかなか見ない鳥居で、
錦天満宮でしか見たことないんだけれど、

nisiki3.jpg

前に行ったときは、まあこんな状態で、結構塗装がはがれてた。
出来るなら、立て替えで普通の明神鳥居になっちゃうとかでなく、
塗り直しの方向でお願い。
私の知ってるぬね鳥居、ここしかないから~。
とか思ってたら。

KIMG1199.jpg

いつの間にやらピカピカになってました~。
やったー。

そして、今調べたら、京都に他に2カ所もあったわ。
いつか行かねば。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
辨慶石
京都市中京区弁慶石町 三条麩屋町東入北側

よーじやカフェの入ってるビルの階段下。

KIMG1198.jpg

左下の石板に謂われが書かれているのだけれど、所々読めなくて、
よくわからないが、弁慶が熱愛した石で、奥州にあったんだけれども、
三条京極に行きたいと発声鳴動し、付近に熱病をまき散らかしたもんで、
京都のお寺に預けられ、最終的にこの地に祀られたとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
京都バスケットボール発祥の地
京都市中京区中之町

楢崎家跡から北上し三条通と交差する角。

KIMG1195.jpg

碑文には、1915年京都YMCA 佐藤金一氏とF・H・ブラウン氏によってバスケットボールの歴史がこの地で始まる
と、書かれてある。

京都YMCAは、ちょうど工事中でついたてしか写ってませんが。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
楢崎家跡
ご無沙汰しております。
「冬までさよーならー」とか言っておきながら、
気がつけば立春はすぐそこに!

いやね、ブログは書いてなかったけど、全然動いてなかったかというと、
そうでもなく~
かといって動いてたのかと言われるとそれほどでもなく。
まあちょっと史跡は見てたので、まあその辺からぼちぼちと。


京都市中京区柳馬場通り三条下る槌屋町84-1

KIMG1192.jpg

居酒屋さんの玄関の一角にある石碑。
写真にありように、宴会は要予約…
そこじゃない(笑)

坂本龍馬の妻お龍の実家付近だそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
近況報告
すっかりご無沙汰してるうちに、涼しくなりましたねー。
近況報告と言っても、特に変わりなく。
特にやせもせず…orz

変事と言えば、うちの猫のko-monsenが破裂したくらいでしょうか。

KIMG1173.jpg

お医者で毛刈りされて、なめないようにカラーをつけてみました。
セリアの座布団とバイアステープで都合216円(笑)
セリアの座布団はうちの子のお気に入り。
あのペラくて堅いところがいいらしい。

そんなぬるい日々を送ってます。
それでは、またしばらくごきげんよう。
神明神社 2
京都市下京区神明町

前にも一回来たけど、4年ぶり二回目と言うことで。

P1420970.jpg

拝殿。

P1420972.jpg

拝殿と本殿の間に境内社。
左から「日本武尊」「春日大社」「伏見稲荷大社」「石清水八幡宮」「北野天満宮」
(たぶん(;^ω^))

P1420971.jpg

拝殿の中には、鵺退治関係の額が飾られている。

P1180710.jpg

源頼政の奉納した、鵺退治の矢じりの写真。

源頼政ってどこかで聞いたな。
「遙かなる時空の中で」だっけ?
あれは源頼久だったわ。
じゃあ、「陰陽師」かとおもったら、あれは「源博雅」だわ。
どっちも違うやん(笑)

j-k-sinmei.jpg

前回行ったときの御朱印。
前の記事ではカメラ撮りのを載せたんで、
今回はスキャンしたやつで。



さんざん間空けといて、今更ですけど。
また当分休みます。
だって暑いし。
腰痛で長々引きこもってたら、成長期かっ!ってくらい増量したのよおおほほ~い。
腰痛い!暑い!デブ(しかも絶賛増量セール中)!
悪条件重なって歩けません!動きたくない!動きたくないでござる!
動いたら負け!

…とか言ってられないんで、鋭意ダイエットちう…
プロティンダイエット、うめぇ( ´)Д(`)

と、言うことで、冬までさよーならーノシ


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
悪王子社と不明な神社
今年も、祇園祭期間に開催される和雑貨の「くろちく」のバーゲンに行ってきた。

P1420976.jpg

P1420978.jpg

端切れと大判風呂敷2枚と、ガーゼマフラー。
布物ばっかり(笑)
それと和ろうそく。

喫茶コーナーでいただいた、黒蜜きなこのかき氷が、美味しゅうございました。


また「ぐるぐる」の宙海さんと出かけたわけだが、
せっかく京都まで来て買い物だけというのもなんなので、神社巡りも。

待ち合わせ場所を長刀鉾の道向かいの喫煙所にしたので、
その周辺の神社を地図で見ると、「悪王子社」があったのでそこへ向かう。

東洞院通を南に進む。

京都市下京区元悪王子町

P1420959.jpg

タイムズの奥に祠発見。
ポケGOの表示だとこの辺りに悪王子社のポケストが。
ここか。
思ったより小さい。
Googleマップだと説明板があったような気がしたが、
まあ、壊れたとかそんな感じで撤去されたのか、
それとも私の記憶違いか。

P1420960.jpg

こぢんまりした祠。
八坂さんの悪王子社と同じなら、素戔嗚尊かな?
とか思いつつお参り。
そして、次の神社に向かうべく、さらに南へ向かうと。

P1420963.jpg

あるやん。
立て札付きの祠(笑)

P1420965.jpg

こっちが悪王子社やったわ。
八坂神社の摂社の悪王子社は、元々この辺りにあって、
秀吉の命で烏丸五条に移され、
明治10年から八坂神社の境内に鎮座されていて、
平成10年に、分霊をいただいてこの町内に
お祀りされるようになったとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
鳥居 862 八兵衛明神
久しぶりに京都に行ってきた。

P1420928.jpg

八兵衛明神。

今日はここしか行かなかったので、このままご紹介。

P1420924.jpg

錦天満宮の南側の道を東へ。
ちょうど錦天満宮の裏側辺りにある新京極公園辺り。

この先は裏寺町通りに突き当たるんだけど、その少し手前。

P1420925.jpg

柳小路。
この路地を入っていくと。

P1420926.jpg

突き抜けるちょっと手前辺り。
左手の板塀とお店の間。

P1420927.jpg

隠れ家的神社(笑)
京都市中京区中之町577-17
八兵衛明神。

P1420935.jpg

真ん中じゃなくて、鳥居の柱のところに鈴。

P1420929.jpg

額。

P1420931.jpg

祠。
飲食店の並ぶ路地にあるのでお稲荷さんかと思いきや。

P1420932.jpg

タヌキでしたー。
ネットでちょこっと調べたら、元々お寺の敷地だったかなんだかで、
そこで亡くなっていたタヌキの六兵衛、七兵衛、八兵衛の三匹を
それそれ祀ったうちの一つだそうで、となりのお店の方が管理してるとか。

P1420939.jpg

そのまま南に抜けるとこんな感じ。

P1420939-1.jpg

こっち側のお店の前には、看板も出てました。
こっちの方が来やすそうに見えるけど、そもそもここへたどり着くには、
四条通から裏寺町通りに入って、ファミマのとこ曲がってこないと行けないので、
一旦錦天満宮を目指して新京極公園の方から来た方が分かり易いかも。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ