FC2ブログ
鳥居をくぐって
寺とか神社とか鳥居とか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四条通と堺町通の交差点付近
SMBC日興證券の角っこ。

KIMG1243.jpg

佐賀鍋島藩屋敷跡。

KIMG1245.jpg

ここから隣のみずほ証券に行くと。

KIMG1246.jpg

歩道沿いのチラシ立ての向こう側に。

KIMG1249.jpg

円山応挙宅址。

化け猫騒動で有名な佐賀鍋島藩と、
幽霊画で有名な円山応挙がお隣さんと言うことに、
なかなかの趣を感じるのだった。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
スポンサーサイト
高瀬川沿い
阪急河原町駅と、先斗町の間、マツモトキヨシのすぐそばを流れる高瀬川。
東側の道沿いを北へ向かうと、「本間精一郎遭難之地」の石碑。

KIMG1221.jpg

勤皇の志士本間精一郎が、同士に討たれた地だそうだ。
そこからさらに北へ進むと、

KIMG1224.jpg

旧立誠小学校跡地。
日本映画発祥の地の立て札があったり、
高瀬川を作った角倉了以のレリーフがあったりする。

KIMG1227.jpg

小学校から北側の高瀬川。

KIMG1229.jpg

その北側に写っている橋のたもとに、土佐藩邸跡の石碑。

KIMG1233.jpg

橋を渡ったところに、七之舟入址。
今は駐輪場になっているみたい。
高瀬川に浮かんでいるのは高瀬舟。
底の浅い運河で運用される、船底が平らな小舟。

KIMG1235.jpg

橋を渡ってそのまま西に、河原町通りを目指すと、岬神社(土佐稲荷)

KIMG1241.jpg

横道突き抜けて、河原町通りに出て、南に下ると、中岡慎太郎寓居跡。
この辺りは史跡が多くて、まだまだ見落としがあったりする。
京都に行く機会は多いんだが、もう暑いからなー(;^ω^)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
大阪市文学碑 谷崎潤一郎
大阪市営地下鉄日本橋駅7号出入り口の所。

KIMG1217.jpg

「蓼喰ふ蟲」の一説が書かれた石碑。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
二ツ井戸旧跡
大阪市北区西天満1丁目6−8

国立文楽劇場の前に、こんな史跡があった。

KIMG1210.jpg

二ツ井戸𦾔蹟
井戸かー、井戸なんだー。

KIMG1212.jpg

でも埋められてる?

背後に書かれた説明によると、元々は道頓堀の東側にあって、
二つ並んで掘られた井戸は珍しいと、江戸時代には名所になっていたとか。
明治時代の都市計画で撤去されそうになったところ、
西側にあった粟おこし屋のご主人が、払い下げを受けて店頭に移設。
その井戸も大正時代に出なくなって、
第二次世界大戦の空襲で井戸枠も修理出来ないほどボロボロに。
戦後、江戸時代に店があった場所に移転した粟おこし屋の店先に復元され、
町の人にも愛された二ツ井戸だったが、平成12年に姿を消した。
後に標柱と銘板が見つかったので、後世に残すためここに復元された。

と言うことで、井戸枠の復元のようです。


ふははははー。
朝から強烈なバイブ機能付きの目覚ましで起こされたぜー。
いや、起きてたけど。
我が家は、揺れと同時に猫がダッシュで私の元から逃げたことに対する、私の心の傷以外には被害はなかったのですが。
ひどいよね、その寸前に「ごは~ん」ってすり寄っといて、ゴゴゴときたら、私を置いてすっ飛んで逃げたの。
家の中でだけど。
これが、東北、熊本並の前震か、それともこのまま収束するか、ちょっと予断を許さないので、ドッキドキですが。
ちなみに近所のコンビニは、午後に行ったら、弁当類は売り切れだったけど、お水とかは普通に売ってました。
ドラッグストアは混んでたけど、買い占めと言うほどでもなく。
赤ちゃんのいる人がとりあえず、おむつの確保に来てる感じでした。
とりあえず、生存報告。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
川崎孫四郎自刃の碑
いくたまさんで、このまま帰るのもなんだし、近場で何かないかいなーっと、
スマホで地図見てたらありました。
いくたまさん出てすぐのところに。

KIMG1206.jpg

正面の鳥居を出たところから見ると、
右手の生玉公園の角のところに、二基の石碑。
左の石碑に、
「水戸藩士 贈正五位 川崎孫四郎自刃の所」
と、書いてある。
右の石碑には、
「勤皇烈士 贈正五位島男也之旧居」
と、書いてある。

川崎孫四郎は、桜田門外の変後、
大阪挙兵をはかり幕吏に追われてこの地で自刃。
笠間藩士の島男也は、大阪謀議のため幕吏にとらわれ、
江戸伝馬町獄にて死没。
と、立て札に書いてあった。

ところで関係ないが、島男也は「しまおなり」と読むようだが、
調べる前は「おとや」と読んでおりました。
おかげで私の脳内ではW本ボイスで「オトヤサ~ン」と(笑)
いや、わかる人でもわからないネタでごめん。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
いくたまさんの干支朱印
今年もいただいて参りました、生国魂神社の干支の御朱印。
ことしは、戊戌(つちのえいぬ)

KIMG1220.jpg

と言うことで、真ん中の犬が可愛い。

KIMG1202.jpg

だがしかし、猫派の私は、猫の尻を追いかけるのであった。
いくたまさんの階段下ったところ(西鶴の像がある辺りに行く階段)
にいた猫。

カメラ構えて近寄ったら非常にうさんくさげに見られて、
ついにお顔は撮れず。
時々立ち止まってはくれたんだけどねー。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
ぬね鳥居
ぬね鳥居って、なかなか見ない鳥居で、
錦天満宮でしか見たことないんだけれど、

nisiki3.jpg

前に行ったときは、まあこんな状態で、結構塗装がはがれてた。
出来るなら、立て替えで普通の明神鳥居になっちゃうとかでなく、
塗り直しの方向でお願い。
私の知ってるぬね鳥居、ここしかないから~。
とか思ってたら。

KIMG1199.jpg

いつの間にやらピカピカになってました~。
やったー。

そして、今調べたら、京都に他に2カ所もあったわ。
いつか行かねば。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
辨慶石
京都市中京区弁慶石町 三条麩屋町東入北側

よーじやカフェの入ってるビルの階段下。

KIMG1198.jpg

左下の石板に謂われが書かれているのだけれど、所々読めなくて、
よくわからないが、弁慶が熱愛した石で、奥州にあったんだけれども、
三条京極に行きたいと発声鳴動し、付近に熱病をまき散らかしたもんで、
京都のお寺に預けられ、最終的にこの地に祀られたとか。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
京都バスケットボール発祥の地
京都市中京区中之町

楢崎家跡から北上し三条通と交差する角。

KIMG1195.jpg

碑文には、1915年京都YMCA 佐藤金一氏とF・H・ブラウン氏によってバスケットボールの歴史がこの地で始まる
と、書かれてある。

京都YMCAは、ちょうど工事中でついたてしか写ってませんが。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 
楢崎家跡
ご無沙汰しております。
「冬までさよーならー」とか言っておきながら、
気がつけば立春はすぐそこに!

いやね、ブログは書いてなかったけど、全然動いてなかったかというと、
そうでもなく~
かといって動いてたのかと言われるとそれほどでもなく。
まあちょっと史跡は見てたので、まあその辺からぼちぼちと。


京都市中京区柳馬場通り三条下る槌屋町84-1

KIMG1192.jpg

居酒屋さんの玄関の一角にある石碑。
写真にありように、宴会は要予約…
そこじゃない(笑)

坂本龍馬の妻お龍の実家付近だそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。